老後の公的年金は2種類あります

老後の公的年金には、国民全員を対象とした老齢基礎年金(国民年金)と、サラリーマンには老齢基礎年金に上乗せした形の老齢厚生年金(厚生年金)の2種類が用意されています。なおそれぞれの年金をもらうためには一定の要件を満たす必要があります。

 
年金をもらうためには一定の要件を満たす必要があります

年金をもらうためには一定の要件を満たす必要があります

 

老齢基礎年金をもらうには10年の国民年金加入が必要

老齢基礎年金は20~60歳の間に10年以上国民年金に加入していた方が65歳からもらえる年金です。注意しておきたいのは『10年の加入』が必要であって『10年の年金保険料を払っている』ことではない点です。どういうことかというと、国民年金には収入が少ない方のための保険料免除制度や、学生には学生特例納付制度という社会人になるまで保険料支払いを先延ばしにしてくれる制度があり、両制度を利用している期間は国民年金に加入しているとみなされ10年に含めることができるのです。

またこれまでに年金制度が強制加入でない時期があり、国民年金に任意加入しなかった方や、そもそも国民年金の対象とならなかった方がおり、その期間(合算対象期間)も含め『10年間の加入』を満たすことが老齢基礎年金をもらうための要件となっています。
 

老齢厚生年金をもらうための要件とは?

老齢厚生年金は1カ月以上厚生年金に加入していた方が65歳からもらえる年金です。ただし前に述べた老齢基礎年金の支給要件を満たしていること、つまり国民年金への『10年の加入』がそもそもの条件となっています。とはいえサラリーマンの方は『厚生年金保険料』は給与天引きで払っているが『国民年金保険料』は払った記憶がないという人が多いのではないでしょうか。実は『厚生年金保険料』の中には『国民年金保険料』が含まれています。つまり『厚生年金保険料』を払っている期間は国民年金にも加入していることになっていますので、その期間を含め10年を満たしていれば老齢厚生年金を受けとれることになります。
 

特別支給の老齢厚生年金をもらうための要件とは?

老齢厚生年金がもらえる年齢は65歳からですが、昭和60年の法改正までは60歳からもらえていました。そのため現在、支給開始年齢の段階的な引き上げが行われており、生年月日と性別により65歳以前からもらえる『特別支給の老齢厚生年金』が設けられています。具体的には男性が昭和36年4月1日以前、女性は昭和41年4月1日以前に生まれた方を対象に、生年月日に応じて60~65歳の間で支給開始年齢が決まっています。なお『特別支給の老齢厚生年金』をもらうためには、国民年金への『10年間の加入』および厚生年金保険への『1年以上の加入』が要件になっています。
 

まずは10年要件を満たすことを考えましょう

前述したように老齢基礎年金、老齢厚生年金、特別支給の老齢厚生年金のいずれをもらう場合でも、国民年金への『10年の加入』が最低限必要な条件です。逆にいえば、これを満たさないかぎり将来の年金は1円ももらえないことになります。そのために学生は学生特例納付制度や社会人で収入が少ない方は保険料免除制度の活用を、またサラリーマンは厚生年金保険料を払っている期間は国民年金加入期間にカウントされますので、それを含め10年要件を満たせるかを考えてください。それでも10年要件を満たせない場合、60歳以降も国民年金に加入できる「任意加入制度」の利用を考えてみてはいかがでしょうか。
 
監修・文/井出やすひろ(CFP・1級FP技能士・MR)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。