食中酒はもちろんカクテルにも最高のウイスキー

 
サントリーウイスキー知多

サントリーウイスキー知多

「サントリーウイスキー知多」(700ml・43%・¥3,800/税別希望小売価格/以下「知多」)が誕生したのは2015年9月1日(『サントリーウイスキー知多/グレーン9月1日新発売』記事参照)。この9月でちょうど4年が経つが、ハイボールで愛され、人気を得つづけている。
ブレンデッドやシングルモルトが多くのファンを魅了しているなかで、脇役的存在であったグレーンウイスキーが新風を吹き込んでいるといえるだろう。
知多ハイボールの特長はすっきりとした爽やかな甘みの止渇効果。つまりノドの渇きを癒やす清涼な感覚を抱いていることが最大の魅力といえよう。加えて料理に合うウイスキーだ。食中酒としてさまざまな料理と調和する。料理の味わいを見事に引き立て、また口中をリフレッシュさせて食の時間を潤す。
かつて『シングルグレーン知多/新たな食中酒として人気上昇中』の記事で、料理を選ばないが、とくに和食との相性は素晴らしいと述べた。
また『サントリーウイスキー知多はカクテルベースにも最高』の記事では、スタンダードカクテルのベースとしてミックスする材料の香味を崩すことなく寄り添い、煌めくような輝き、伸びやかでシルキーな舌触りもたらすと称賛した。
グレーンウイスキーでここまでオールマイティで飲み口のいい、何杯も飲ませてしまうブランドは他にないのではなかろうか。
 

キレイなウイスキー、そそる美味しさ

 
知多ハイボール

知多ハイボール

ブレンデッドウイスキーは飲み飽きない美味しさ。シングルモルトウイスキーはインパクトのある1杯の満足感。ではシングルグレーン「知多」はなんだろう。
「知多」は単純にいえばキレイ(奇麗)なウイスキー。涼風のような澄み切った爽やかな甘みのある味わいは、こころ動かすキレイさ、“そそる美味しさ”ではなかろうか。
グレーンウイスキーは長らく、ブレンデッド素材としてモルトウイスキーの個性を引き出し、また多彩なモルトウイスキーの主張を調和させる役割を担ってきた。もともとグレーンウイスキーは主張が穏やかで、モルトウイスキーの重層的な香味とはまったく性格の異なるものであり、シングルグレーンウイスキーとしての存在価値を求められたこともなかった。
しかしながらこの「知多」はその役割を超越したものであり、日常的に親しめるウイスキーとして特別に香味設計されたものだ。
サントリーのグレーンウイスキー製造拠点である知多蒸溜所は大まかにクリーン、ミディアム、ヘビーの3タイプの酒質を生みだしている。この酒質も長きにわたり探求しつづけ、磨き上げ、洗練を追求してきたものだ。さらにこの3タイプをまたバーボン樽、シェリー樽、ワイン樽といった異なる樽で熟成させ、山崎や白州のモルトウイスキーと同様に多彩な香味世界を創出している。
「知多」はその多彩な香味世界のなかから、より磨かれた原酒を厳選し、ブレンダーが高度な技術で日常的に愛飲される高品質なシングルグレーンを創造した傑作といえよう。
そしてこの磨き上げられた高品質な味わいこそが、“そそる美味しさ”なのだ。今回はここまで。次回その2では、知多の品質をふまえて“そそる美味しさ”とはどういうことなのか解説しよう。(『ウイスキー知多UMAMI評価/そそる美味その2』へ)
 

関連記事

サントリーウイスキー知多/グレーン9月1日発売
サントリーウイスキー知多はカクテルベースにも最高
グレーンウイスキーの進化/福與チーフの新たな挑戦1
シングルグレーン知多/新たな食中酒として人気上昇中
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。