井上誠耕園「オリーブ香草塩」

万能に使えることからわが家では定番アイテムに
 

どんな食材とも相性がよく、簡単に味がまとまる「オリーブ香草塩」。香川県・小豆島のオリーブ農家、井上誠耕園が作るハーブと岩塩を合わせた調味料です。

なんてことのない料理もぐっと洗練された印象になるので、一度使うと手放せません。ついつい頼ってしまうキッチンのスタメンです。
   

シンプルなパスタがおしゃれな味わいに変化

具なしパスタ

シンプルなパスタが驚くほどおいしくなる
 

「オリーブ香草塩」には、岩塩とペッパー、それにタイム・セロリ・オレガノ・オリーブの粉末などハーブがたっぷり。さらにガーリックやオニオンも入っていて香ばしく、やみつきになるおいしさです。

塩こしょう感覚で、肉・魚・野菜など食材を選ばず使えるのも良いところ。シンプルな鶏肉のグリルも香り高く仕上がります。サラダもこれとオリーブオイルがあればドレッシングいらずです。

イチオシはパスタにふりかけることです。茹でたパスタとエキストラバージンオリーブオイルをさっと絡め、仕上げに「オリーブ香草塩」をかければ、お店風のおしゃれな味わいのパスタが完成。

具なしで超シンプルなのに、ひと手間かけた感が出るから不思議です。個人的にはオリーブオイルとして同じく井上誠耕園の「にんにく唐辛子オリーブオイル」を使い、ペペロンチーノ風に仕上げるのがお気に入り。忙しい日の1人ランチの定番です。
 

オリーブ生産量日本一の小豆島から届く逸品

井上誠耕園のオリーブの木

井上誠耕園が栽培しているオリーブの実
 

こうしたいわゆる“ハーブソルト”は巷にいろいろありますが、「オリーブ香草塩」の特徴はオリーブの葉の粉末が入っていること。オリーブの葉はポリフェノールが多いといわれ、隠し味程度の苦みが味わいに奥深さをプラスしています。

同商品を作っている井上誠耕園は、日本のオリーブの発祥地である香川県小豆島にあるオリーブ農家で、昭和15年から親子3代にわたって農業を営んでいます。 実際に取材で訪ねたこともあるのですが、瀬戸内海を見下ろす気持ちのよい畑で、愛情たっぷりにオリーブの木々が育てられていました。また後継者不足で増える島の休耕地を開墾して、新たにオリーブの木を植える取り組みもしています。

そんな真摯なものづくりの姿勢に共感し、安心感を覚えたのも、あえてオンラインショップで取り寄せてまで使っている理由のひとつ。もちろん、一番の理由は味! 忙しくて時間がない日でも、満足度の高いごはんが作れますよ。
 
DATA
井上誠耕園┃オリーブ香草塩

内容量:45g
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。