「お金」にまつわる仕事柄、飲み会などの席では「私って、お金持ちになれるかな?」といった質問をよく受けます。今回は、この質問の答えにピッタリな「貧乏体質の見抜き方」を取り上げます。
 

貧乏体質の共通点とは?

近年、「お金持ちになる人」や「貧乏になる人」にまつわる研究が進んでいます。中でも有名なのが、「お金持ちになる人は自制心が強いぞ!」というスタンフォード大学の研究です。この研究では、「目先の誘惑に負けない人ほど、お金持ちになりやすい!」というデータも得られています。
 
他の研究では、「人生は同じことの繰り返し(サイクル)だ!」と考えると、貯金が捗るといったデータもあります。このデータはすごく強力です。何の訓練も受けていない人と比べると、「人生は同じことの繰り返し(サイクル)だ!」という教育を受けた人は、167%も貯金が捗ることが確認されました(1)。
 
以上の話を裏返すと、「自制心が弱い」人や「人生は一本道(リニア)だ!」と考えない人は、貧乏になりやすいといえます。
 

貧乏体質を見抜く、たった1つの質問

以上に基づき、僕が考案した心理テストがあります。この質問に答えるだけで、回答者が金持ち体質か貧乏体質かを見抜くことができます。質問は、「今月から貯金を頑張りますか? それとも来月から頑張りますか?」です。
 
貧乏体質を見抜く、たった1つの質問

あなたの答えは……?

 
前述した「サイクル思考」が強い人は、「今から頑張る」と考える傾向が強いことが分かっています(1)。
 
サイクル思考が強い人にとって、今と未来は同じもの。だから彼らは、「今日から貯金しないと、明日もきっとやらない。だから早く貯金を始めよう!」と考えます。
 
一方、サイクル思考が弱い人にとって、今と未来は別モノです。だから彼らは、「明日から頑張るから、今日はちょっと怠けよう」と、貯金をどんどん先延ばしにするのです。
 

「明日から頑張る」は貧乏のもと

確かに、お金持ちが「明日から頑張る」と答えることは、想像できませんよね。「明日から頑張る」という口癖は、貯金できない貧乏体質に特有のものでしょう。
 
僕も何名かの友人に、「いつから貯金するの?」と尋ねてみました。すると結果はキレイに分かれました。貯金上手な人は「今から頑張る」、貯金下手な人は「明日から頑張る」と答えました。あまりにキレイに分かれたので、ちょっとうれしくなりました(笑)。
 
デューク大学の研究(2)によれば、僕らの「人生の45%は習慣によってできている」のだとか。お金持ちになるための第一歩は、「貯金を先延ばしにせず、今から貯金の習慣を身につけること」なのでしょうね。

【関連記事をチェック!】  
●参考文献
  1. 論文:Leona Tam and Utpal Dholakia, 2014, "Saving in Cycles: How to Get People to Save More Money", Psychological Science, 25(2), pp. 531-537
  2. 論文:David T. Neal, Wendy Wood, and Deffrey M. Quinn, 2006, “Habits -- A repeat performance”, Current Directions in Psychological Science, 15(4), pp. 198-202
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。