お味、お値段、パッケージの美しさ、非の打ちどころなし。

お味、お値段、パッケージの美しさ、非の打ちどころなし!


大切な人との交流は何よりも大事にしたいもの。帰省の手土産やお中元、お歳暮、お礼や贈り物にどんなものを差し上げようかと思ったときに、筆者がよく選んでいるのが、ザ・ペニンシュラホテルの「マンゴープリン 6個詰」です。

 

おいしくて高級感たっぷり。なのに、このお値段?

厚みがしっかりあり、高級感ただよう紙袋。

厚みがしっかりあり、高級感ただよう紙袋


まず、フレッシュなマンゴープリンで有名なザ・ペニンシュラホテルの贈答用ですから、おいしさはお墨付き! 厚みのある紙袋も高級感が漂い、贈り物として持参するときに気持ちが高まります。

マンゴーの香り高く上品なお味で、柔らかいプリンは子どもからご年配まで、マンゴーが苦手でなければ喜ばれます。

ちなみに、取り扱い時期は限られるのですが、マンゴープリン2個、チョコレートプリン2個、杏仁プリン2個の6個セットもあります。

高級感漂う感じがするのに、お値段は3000円台。思ったよりも、お手頃価格ではないでしょうか。

手土産やお礼などのプレゼントは、高すぎても安すぎても……と悩むものですが気軽に買える価格帯で、気軽に贈れると思います。

 

日持ち180日まで、非の打ちどころなし!

紙バッグから外箱まで…パッケージも美しい!

紙バッグから外箱まで…パッケージも美しい!


さらに、このマンゴープリンのうれしいといころが、日持ちが180日もあるところ。これは本当に助かります。

例えば、今週相手にお渡しするはずだったのか、予定が急きょ変わって、来週や再来週に延びてしまうというシチュエーション。日持ちが1週間程度のものだと「仕方ない、これは我が家で食べるか……」ということになりますし、再び何か買いに走らなくてはなりません。

ところが日持ちが180日もあれば、焦らずドーンとした気持ちでいられます。これだけ日持ちが長ければ、受け取る側にも「え? 賞味期限は明日まで? 急いで食べないと!」などと焦らせることもありません(笑)。

 

有楽町・日比谷の乗り換えで買いやすい

贈り物だけでなく、ちょっとがんばったときの自分へのご褒美にもおすすめです。今回の撮影したものは、自腹で買って、家族でおいしくいただきました。

通販での取り扱いがなく、筆者はいつも日比谷のザ・ペニンシュラホテルブティック&カフェで購入しています。東京メトロの乗り換えで、有楽町・日比谷を通るときに買えるのが便利です。

自分がもらっても、きっとうれしいマンゴープリン。大切なあの方への贈り物にいかがでしょうか。
 
詳しくはこちら


DATA
ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ┃マンゴープリン 6個詰

住所:東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京 地下1階
電話:03-6270-2717 FAX:03-6270-2719 
営業時間: ブティック 11:00~18:00 カフェ 11:00~17:00(L.O.)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。