鳥井信治郎は錬金術師であった

 
「ヘルメスウイスキー」ラベルにデザインされた“ヘルメスの杖”

「ヘルメスウイスキー」ラベルにデザインされた“ヘルメスの杖”

前ページで鳥井信治郎が1911年(明治44)に混成酒「ヘルメスウイスキー」を発売したと述べた。実は製品名だけでなく、このラベルには錬金術の象徴である杖、ギリシア神話に登場するヘルメス神が手にする杖が図案化されているのだ。
明治男の学究心、嗅覚には驚かされる。まさに慧眼(けいがん)。洋酒というものへの関心が一般市民には皆無といえる時代に、洋酒を日本に根付かせ、文化として花開かせようとすることは荒唐無稽(こうとうむけい)でしかない。信治郎自身が錬金術師たらんとしたのかもしれない。わたしには、信治郎の屈強な精神、火傷しそうなほどの熱い情熱が「ヘルメス」のネーミングから伝わってくるのだ。
 
「ヘルメスドライジン」1936年発売

「ヘルメスドライジン」1936年発売

1919(大正8)年、近代的な大阪工場を建設。それまでの家内工業から脱却し、「赤玉」生産の主力工場、加えてアルコール製造の拠点とする。つづいて1923(大正12)年には日本初のモルトウイスキー蒸溜所、山崎蒸溜所建設に着手。そして「角瓶」誕生の前年、1936(昭和11)年に「ヘルメスドライジン」「ヘルメスイタリアンベルモット」などを発売。1938(昭和13)年には「ヘルメスブランデー」を発売してヘルメスシリーズを生んでいる。
もうひとつは「トリスウイスキー」である。この「トリス」のネーミング、鳥井の名字とトリスメギストスの二つを掛けたのではなかろうか。わたしはそう推測する。
 

長い時が培ったスピリッツ

 
クラフトジンROKU 

クラフトジンROKU 

信治郎と会うことができたなら、と思うのは、彼の洋酒文化創造の情熱とともに、明治の時代に「ヘルメス・トリスメギストス」について何から、誰から学んだのか、聞かせてもらいたいからである。そして「あなた自身が、錬金術師を標榜(ひょうぼう)しようとしたのでは」とわたしは質問したい。
今年2019(令和元)年、鳥井信治郎の起業から120年、大阪工場創業から100年の時が刻まれた。 ウイスキーでは「角瓶」がナショナルドリンクとなり、「響」「山崎」「白州」という名品があり、そしてワールドウイスキー「碧Ao」が今年誕生した。
100周年を迎えた大阪工場からはクラフトジン「ROKU」、クラフトウオツカ「HAKU」、前回記事で紹介したクラフトリキュール「奏Kanade」が続々と誕生し、サントリーのジャパニーズクラフトシリーズが充実してきている。
和の素材を操った新たなスピリッツやリキュールの誕生は、錬金術師、鳥井信治郎が日本に洋酒文化を創造しようとした魂(スピリッツ)が、長い時を積み重ねて新たな滴り(したたり)、新たな世界を生みだしはじめたのだといえよう。時が培ったスピリッツをいま我々は味わっている。 日本の洋酒文化興隆はバーでの嗜みやカクテルの普及も含めて、日本の錬金術師、鳥井信治郎が礎(いしずえ)を創ったのだとわたしは思う。
さてこれから22世紀に向けて、大阪工場や山崎、白州、知多といった蒸溜所から、誰も手に入れたことがない“賢者の石”が生まれてくるかもしれない。
 

関連記事

サントリー洋酒文化創造の歴史
日本のウイスキーづくり80周年、情熱の時代 ひとりの男の情熱が宿った、傑作
六[ROKU]ジャパニーズクラフトジンの魅力
クラフトジンROKUを生む大阪工場クラフト蒸溜工房
クラフトウオツカHAKU(白)/国産米ウオツカ誕生
クラフトリキュール「奏Kanade」新たな和の世界
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。