季節の蒸し野菜アイオリソース添え

所要時間:30分

カテゴリー:メインのおかず蒸し料理

 

ニンニクをきかせすぎないアイオリソースの作り方

秋から冬にかけて食べることのできる野菜は、蒸し野菜にぴったりです。蒸すことで、野菜ってこんなに甘いんだ、と再発見できることです。
今回は、ジャガイモ、サツマイモ、ニンジン、カリフラワー、ブロッコリーを蒸して、アイオリソースをつけていただく、おもてなし料理を紹介します。 ニンニクがきいたアイオリソースは、野菜によく合うソースです。ニンニクは強い香りと風味があるので、料理のアクセントによく使われますが、においが気になる方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、においが抑えられた、マイルドな味わいのアイオリソースを紹介します。 実は、ニンニクは加熱することで、強いにおいを抑えることができます。そこで、生ニンニクを牛乳で煮ることで、においをやわらげ、マイルドな味わいに仕上げる方法を紹介しましょう。
それでは、季節の蒸し野菜アイオリソース添えを作りましょう。

季節の蒸し野菜アイオリソース添えの材料(4人分

季節の蒸し野菜アイオリソース添えの材料
じゃがいも 1/2個
さつまいも 1/2個
にんじん 1/2本
カリフラワー 1/2房
ブロッコリー 1/2房
ニンニク 1片
牛乳 大さじ2
卵黄 1個
オリーブオイル 75g
レモン汁 1/4個
小さじ1/2
ブラックペッパー 少々

季節の蒸し野菜アイオリソース添えの作り方・手順

季節の蒸し野菜アイオリソース添えの作り方

1:

ジャガイモは皮を剥き4つ割りにし、サツマイモは皮を剥き輪切りにし、水につけてアクを抜きます。また、ニンジンは皮を剥き短いスティック状に切ります。

カリフラワーとブロッコリーは小房に分けて、酢水につけます。

2:

ニンニクの薄皮を剥き、小さく切ります。
小鍋に、ニンニクと牛乳を入れ、弱火にかけます。5分して、ニンニクが柔らかくなったら、取り出します。
どんな切り方でもよいです

3:

すり鉢にニンニクを入れ、すりつぶします。ニンニクがなめらかな状態になったら、卵黄を加え、軽く混ぜます。

4:

3にオリーブオイルを少しずつ加え、分離しないようによく混ぜます。だいたい4から5回くらいに分けて加えると、混ぜ合わせやすいです。

完全に混ざったところにレモン汁、塩、こしょうを加え、水っぽさがなくなるまでよく混ぜればアイオリソースのできあがりです。

5:

せいろにジャガイモ、サツマイモ、ニンジン(火の通りにくい野菜)を並べ、5分蒸します。

先に蒸した野菜を端に置き、カリフラワーとブロッコリーを加え、さらに2分蒸して、できあがりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

牛乳は、ニンニクが浸るくらいでちょうどよい量です。ここでは、大さじ2の牛乳で煮ていますが、鍋の大きさによって量を調整した方がよいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。