日本の新世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」、手前が履中天皇陵(上石津ミサンザイ古墳)、奥が仁徳天皇陵(大仙陵古墳)。仁徳天皇陵はすでに世界遺産登録されているクフ王のピラミッド、秦始皇陵に並び世界三大陵墓に数えられている

ほかのギャラリーを見る