SHE?TOKYO(シートーキョー)スカート

オリジナルのカットワーク総刺繍レースを惜しげもなくふんだんに使用した、1枚で「顔」になるスカート
 

帽子や靴など専門分野に特化したブランドには、「オンリーワン」ならではの信頼感がありますが、意外にもスカートだけにフォーカスはこれまであまり聞かれませんでした。そんななか、2017年に登場した東京発のブランド「SHE TOKYO(シートーキョー)」は、スカートに絞り込んで、大人女性が着たくなるスカートを提案してくれています。
   

ありそうでなかった「出過ぎず、存在感のある佇まい」

 
SHE?TOKYO(シートーキョー)スカート

大人女性のボディをより素敵に演出してくれる、美しいピンタックスカートはまとうたびに気持ちも上がる


「SHE TOKYO」は、2017年春夏シーズンにデビューした、立ち上げからまだ3年ほどの若いブランドです。でも、デザインはしっかり成熟していて、気品とモード感を兼ね備えています。
 
ブランドコンセプトに「出過ぎず、存在感のある佇(たたず)まい」とうたっている通り、悪目立ちしないのにほど良く主張のあるデザインが、スカートルックをありきたりに見せません。この着地点が絶妙です。

また、毎シーズンのコレクションを見るたびに、「スカート」という服の表現力に驚かされます。量感やシルエット、色、柄、ディテールなど、さまざまな工夫を施し、多彩な表情を引き出しています。

 

大人女性を素敵に見せてくれる心強いワードローブ

 
SHE?TOKYO(シートーキョー)スカート

たっぷりとしたシフォンプリーツスカートと、バッスルがアクセントになったスカート
 

とりわけ「SHE TOKYO」のスカートは、スカートならではと言えそうな、ボリューム感ある優雅なシルエットに見惚れてしまいます。実際に試着すると、きれいなシルエットをより実感できます。

私自身、愛用していますが、上の画像の2着はどちらもお気に入り。生地の使い方が贅沢で、たっぷりとしたボリューム感がスタイルまでよく見せてくれます。

大人女性は特に、チープに見えたりだらしなく見えたりしないよう、スカートの選び方には気を付けたいところ。その点、「SHE TOKYO」なら安心して身を任せられます。

 

これから来るエレガンストレンドにもってこい!

2019年夏から先のファッショントレンドでは、エレガンスやフェミニン志向が浮上してきます。レディーな雰囲気を演出できるスカートは、新トレンドにうってつけのアイテムと言えるでしょう。
 
SHE?TOKYO(シートーキョー)スカート

ドレス級に分量のあるティアードデザインでドラマティックなシルエットを生み出す
 

アシンメトリーやプリーツ、ドレープなど、格上の雰囲気を印象付けてくれるディテールを巧みに取り入れている「SHE TOKYO」。どの角度から見てもきれいに映るのも、このブランドの魅力です。試着室から出たくなくなるような、「やっと出会えた感」が味わえる点でも、付き合って損のない要注目のブランドです。
 

DATA
SHE TOKYO┃スカート

取り扱い店舗:伊勢丹新宿店/アーバンクローゼット、Ready for the Weekendほか
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。