どのような形で娘には資金的サポートすべきでしょうか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、昨年定年退職をした61歳の男性。20代のお子さんがアルバイトのままで、親の資金的援助が必要状態。このままではニートになってしまうのではと不安とのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)
 
20代の娘の将来が心配に

20代の娘の将来が心配に





■相談者
ペトロさん(仮名)
男性/無職/61歳
関東/持ち家・一戸建て
 
■家族構成
妻(無職/61歳)、長女(アルバイト/20代)
 
■相談内容
昨年、定年退職しました。私の世代ではやっていけると思いますが、20代の一人娘がニートで将来が心配です。将来については、このままニートである悲観シナリオベースで考えたいと思います。アドバイス宜しくお願いします。私どもの公的年金は63歳から140万円、65歳から二人で280万円です。終身個人年金は65歳から50万円です。投資からの配当は税引き後で年額170万円あります。健康不安がないことから保険類は退職をきっかけにほとんど解約しました。ローンはありません。車両費が高いので、いずれ減らす予定であります。
 
■家計収支データ
相談者「ペトロ」さんの家計収支データ

相談者「ペトロ」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)収入について
年金支給までは配当収入と預金で生活を賄う予定。それ以外、収入の予定はなし。
 
(2)現在のお住まいについて
・築30年(評価額は1000万円以下)
・水回りのリフォームが必要
 
(3)加入保険について
・夫/終身保険(65歳払い込み終了、死亡500万円)=毎月の保険料6000円 
・夫/個人年金(65歳払い込み終了、終身・年間50万円)=年払い保険料10万円
・妻/共済(入院5000円)=毎月の保険料2000円
・火災保険(自宅建物と家財1000万円付)=毎月の保険料1000円
 
(4)車両費4万円(年間48万円)の内訳
・車検/10万円
・自動車税/8万円
・自動車保険/6万円
・燃料代/24万円
 
(5)投資について
ポートフォリオ組み換えでREIT投信も検討中。子どもに相続させる計画ですが、次の世代の相続がない場合に元本が残ってしまうため、いずれは、元本を減らしてでも毎月の入金を増やしたいと考えている。
 
(6)今後、大きなお金を使う予定について
これまでは年1回ヨーロッパへ2週間の海外旅行をしていた。できれば今後も同様に楽しめればと考えている。
 
(7)お子さんについて
相談者コメント「娘に収入があれば、家賃を徴収する予定ですが、バイト(コンビニで月8万円)で食費と光熱費を払うのに精いっぱいで、社会保険や年金も払えない状態です。自分の時間が欲しいとのことで、これが最大値の模様です。自立を促すため生活費の援助はしておりません。ニートという言葉が紛らわしいかもしれませんが、今、娘は私の父が残した別家に住んでおり、生活費(含む光熱費)は自己負担です。今後の収入次第で家賃も取るということで、就労を促してはいます。したがって、今は準ニート状態かもしれません。娘がこのまま老境に入るとバイトも先細りとなり、年金もありませんので私からの遺産(特に配当)に頼らざるを得ない状況になると思います。相続税の問題も発生しますので、できるだけ利回りの良い遺産にしたいと思います」
 
(8)お子さんについて・続き
相談者コメント「正社員で仕事したい希望はありますが、可能性は少ないと思われます。面接も何回か受けましたが不合格で、本人は面接や会社に対して嫌気がさしていると思われます。私から見ても就労意欲に欠け、就職は難しそうと感じております(もちろん正社員での就職のメリットは日頃から伝えてはいたのですが)。結婚願望も今のところありません。これに関しては出会いの機会次第ではないかと思いますが、どうも異性に媚びるタイプではない模様です」
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 海外旅行をしても資産は十分に遺せる
アドバイス2 暦年贈与がもっとも手軽で効率的
アドバイス3 生前贈与が「プラス」かどうかは親子で判断
 

 アドバイス1 海外旅行をしても資産は十分に遺せる

ご相談はお子さんのマネープランについてですが、ペトロさんご夫婦の今後のキャッシュフローによってそれはほぼ決定されると言えますから、まずはそこから試算してみます。
 
収入については、公的年金が支給されるまで、投資商品の配当のみ。税引後の額で年間170万円あるとのことですから、年間生活費およそ310万円に対して、不足額は140万円。63歳になるまでの2年間では280万円。

63歳以降は公的年金の支給が始まり、65歳までは報酬比例部分と思われますが、それが年間140万円。これが額面であれば、手取りは110万~120万円。これに配当が加わりますから、年間の不足額は20万~30万円。2年間で50万円前後となり、65歳までは生活費として貯蓄から330万円程度取り崩すことになります。
 
65歳以降は公的年金と終身の個人年金保険から年金が支給されますので、世帯収入としては手取りで340万~350万円といったところ。生活費が今と変わらなければ、月3万円程度の貯蓄ができる計算になります。このまま変わらず収支が推移すると、ご夫婦90歳のときに今の金融資産より600万円程度、100歳900万円程度増えています(投資商品の評価額、配当金額は変わらないとする)。
 
ただし、普段の生活費以外の大きな支出として、ご夫婦で年1回、2週間のヨーロッパ旅行を希望されています。予算は書かれていませんが、内容によって100万~200万円と費用は幅広く、ここでは便宜上中間の150万円とします。何歳まで旅行をされるかは不明ですが、あと10年であれば1500万円。
 
あとは住宅のリフォームとクルマの買い替え費用でしょうか。ともにコストに幅がありますが、とくにリフォームに関しては木造で築30年ということですから、水回りだけでは済まない可能性があります。バリアフリーの仕様にする必要性も考えられます。さらに、お子さんが住んでいる自宅も修繕、リフォームについても考慮しておくべきかもしれません。

しかし、これらは予算に応じて調整できる部分でもありますので、ここではまとめてざっと1000万円と、やや多めに設定しておきます。
 
したがって先の旅行費用と合わせて2500万円。これを貯蓄から差し引きます。それでも、計算上は90歳の時点で9000万円程度の金融資産が手元に残ることになります。お子さんに金額的にどれだけ遺したいのかは不明ですが、これに不動産もあるのですから、一般的に十分と言える範囲だと考えます。
 
ちなみに現在支払われている、ペトロさんの終身保険と個人年金保険の保険料。資金的に十分余裕はありますから、ともに一括前納してしまっていいと思います。
 

アドバイス2 暦年贈与がもっとも手軽で効率的

では、具体的にどのようにこの資産をお子さんに遺すか。ペトロさん自身、いろいろ思案はされていると思いますが、税金が抑えられるという観点でいえば、もっとも手軽に、かつ効率的に遺すなら、暦年贈与の利用となります。贈与の基礎控除額に該当するもので、受贈者1人当たり、年間110万円まで贈与税が発生しません。

ただし、これを定期的に継続すると、まとめて贈与したとみなされる(連年贈与)ケースがないわけではありません。信託銀行ではそれを防ぐ、「暦年贈与信託」という商品もありますが、コストが発生する場合があります。多少手間はかかりますが、ご自身で暦年贈与が継続できるよう工夫(贈与契約書の作成など)すれば大丈夫でしょう。
 
また、もしも結婚が決まれば「結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」が利用できます。結婚・育児費用として1000万円(結婚費用は300万円)までの贈与が非課税となりますが、制度は現時点で2021年度末までとなります。
 
生前贈与に課題があるとすれば、大きな点では2つ。

まず、現実問題として、有利に生前贈与を進めても、残る資産は相続となります。株式等の配当収益を将来お子さんが得られるようにするなら、現在の投資商品は基本的にそのまま手をつけずに相続という形になりますから、評価額が変わらなければ、それだけで確実に相続税が発生します。これに現金や不動産もあります。仮にお子さんへの相続財産が評価額で5000万円なら、発生する相続税は160万円。7000万円なら480万円。当然、相続財産が増えれば額は大きくなりますが、これはある程度仕方がないと割り切るしかないと考えます。
 

アドバイス3 生前贈与が「プラス」かどうかは親子で判断

もうひとつが、先に示した「贈与」による資産の譲渡がお子さんにとってプラスかどうかも、考慮すべき部分かもしれません。お子さんの方向性として望ましいのは経済的な部分も含めての「自立」だと、おそらくペトロさんもお考えだと思います。今のうちからまとまった資金を与え、それが果たして自立を阻害しないだろうか。その資金が浪費に終われば、お子さんのためになるとは考えにくい。心配されているニートを助長することも否定できないでしょう。
 
生前贈与の是非については、ご家族が判断するしかありません。お子さんがどのような生活をし、どういう意識を持っているのか。
 
ただ、正社員を目指しているものの、上手くいかずコンビニでアルバイトをされているとのこと。しかし、コンビニは仕事の幅が広く、アルバイトであっても生半可ではできません。しかも、家賃はかからないものの、その他の生活費は自分の稼ぎから捻出しているのですから、一概にニートとは言えない面もあると感じます。
 
正社員に固執して、それによってストレスや負い目を感じるより、どういう働き方であれ、長く働き続ける、継続的に収入を得る形を自身で確保していく方が、お子さんとっては望ましいかもしれません。もちろん、それについては親として、あるいはお子さん自身の考えがあるはず。まだ、時間的な余裕はありますし、選択肢もいろいろあります。すぐに正解を見つけようとせず、とりあえず暦年贈与を続けながら様子を見る、あるいは親子で対話しながらベストな形を模索されてはどうでしょう。
 

相談者「ペトロ」さんから寄せられた感想

子どもとはいっても他人であり、将来のことですので、考えが全くまとまりまりませんでしたが、アドバイス頂きましたお陰で整理できました。本当にありがとうございました。ご賢察のとおり、私は節約して娘に沢山遺すことを考えていた一方で、生前の贈与が自立の妨げになることを懸念していました。できるだけ良い生活をするには正社員と考えていましたが、コンビニのバイトもちゃんとした仕事であり、娘が無理なく続けられるなら良いとして考えを改めます。

煎じ詰めれば娘の老後のお金の問題になりますので、資金的サポートはこのためとします。暦年贈与は将来への投資につながるのが良いのですが、まずは娘と生き方も含めて対話してみます。彼女は疲れている様子ですので、あせらずじっくりですね。相続は老後の配当生活に必要な投資資産と不動産だけにして、相続税は私の生命保険で充当してもらうことにします。残りは自分達の長生きのために使えそうで安心しました。


教えてくれたのは……
深野 康彦さん
  
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など


取材・文/清水京武

【関連記事をチェック】
61歳会社員、貯金1100万円。家の建て替えで貯金が激減し老後が不安
61歳、賃貸住宅で一人暮らし。老後が心配だけど早期退職したい
61歳一人暮らし、年金額が月9万円で老後が心配です
63歳で住宅購入、残債は2300万。完済は98歳です…
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。