誰もが「貧乏になりたくない!」と感じています。しかし、「貧乏になりたくない!」といっている人が、自ら貧乏への道に転がり落ちていってしまうのはなぜなのでしょうか。
 
これまで「良い人ほど貧乏になる!」なんて衝撃的な話をしてきましたが、貧乏になる原因はこれだけではありません。そこで今回は、貧乏になりやすい人の3つの特徴を紹介します。
 
貧乏になる人の3つの特徴

貧乏体質の人に共通する3つの特徴とは? 当てはまるものがあるか、チェックしてみましょう。

 

貧乏になる人には3つの特徴がある!

金融心理学者のブラッド・クロンツ博士の研究(1)によると、お金持ちになれない人には3つの特徴があるのだとか。その特徴は、以下の3つです。
  • 特徴1:お金儲けが嫌い!
  • 特徴2:資産運用を怠る!
  • 特徴3:お金の勉強を怠る!
これら3つについて、「私にも当てはまるかも……」と感じた方は要注意。そんな方は貧乏体質かもしれません。これから、それぞれの特徴について詳しく解説しましょう。
 

特徴1:お金儲けが嫌い!

エラスムス大学の研究(2)によると、僕ら人間には「お金稼ぎ=悪」と考えてしまう傾向があるようです。
 
貧乏体質な人は、「お金を稼ぐ=他人からお金を奪う行為」と考えがちです。この考えに頭を支配されると、「お金を稼ぐ=悪いコト=自分はお金を稼いではいけない」というように、心がお金を遠ざけるようにプログラミングされていきます。
 
結果として、お金嫌いが過ぎる人は目の前に大きなチャンスがやってきても、「お金儲けは悪いことだから……」と遠ざけ、チャンスを逃してしまうのです。
 
しかし、「お金稼ぎ=社会貢献の証」な訳ですから、嫌う必要はありません。もし本当に「お金儲け=悪いこと」なのであれば、世界の長者番付には悪人ばかりがズラリと並ぶことでしょう。
 
実際、世界の長者番付には、アマゾンを立ち上げたジェフ・ベゾス氏や、マイクロソフトを立ち上げたビル・ゲイツ氏が名を連ねています。彼らが世界にもたらした恩恵を考えてみれば、「お金儲け=良いこと」と考えるのが自然ではないでしょうか。
 

特徴2:資産運用を怠る!

貧乏体質の人は資産運用を怠ります。そのせいで、お金を増やす機会を失い、損をしてしまうのです。ありがちなのが、「資産運用はギャンブルだ」と勘違いしているパターンです。

たしかに、巷にあふれる投資本にはガセも多く、「資産運用=ギャンブル」と思われても仕方がないのかもしれません。間違ったイメージのせいで、上手にお金を使えない方もたくさんいます。
 
しかし、実際には資産運用とギャンブルはまったくの別物です。それこそ、宝くじなどの純粋確率で結果が決まるギャンブルと違い、上手に資産を運用すれば、(思い通りにいくとはいえないまでも)上手にお金を増やすことも可能です。
 
さいわい、僕もAllAboutで、上手にお金を増やす方法をいくつか紹介しています。本記事と併せて、目を通してみてください。
   

特徴3:お金の勉強を怠る!

貧乏体質の人はお金の勉強を怠ります。そして、いい加減な噂話や、素人の助言に振り回されてお金を動かし、痛い目に合ってしまうのです。
 
貧乏から脱却するには、お金の勉強が欠かせません。とくに大切なのが、「家計の改善」と「資産の管理」につながる勉強です。
 
難しい理論を学んだり、分厚い参考書を読む必要はありません。僕もAllAboutで多く記事を執筆していますので、これらを参考にまずはお金の勉強をはじめてみましょう。
   

まとめ

あなたも、本記事を読んでいるということは、「貧乏は嫌だ!」「貧乏になりたくない!」と強く願っているハズです。
 
筆者も、大学時代は工場で働いていた時期もあり、極貧の生活を送っていたこともありました。貧乏の辛さを知り、「早く抜け出したい!」という一心で、お金について必死に学び続けてきた背景があります。
 
人生は変えられます。何から変えられるか考えて、今すぐ行動に移してみましょう。
  
【参考文献】
  1.  論文:Bradley T. Klontz, Paul Sullivan, Martin C. Seay, and Anthogy Canale, 2015, "The Wealthy: A Financial Psychological Profile", Consulting Psychology Journal: Practive and Research, 67(2), pp. 127-143
  2. 論文:Amit Bhattacharjee, Jason Dana, and Jonathan Baron, 2017, “Anti-profit beliefs: How people neglect the societal benefits of profit”, Journal of Personality and Social Psychology, 113(5), pp. 671-696
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。