便利で快適な暮らしをサポートする「IoT住宅」

最近、「IoT住宅」というキーワードを耳にすることが増えています。

「IoT」とはInternet of Thingsの略で、モノとモノをインターネットでつなぐことを意味します。「IoT住宅」の場合、照明やエアコンなどの家電や、玄関ドアや窓シャッターなどの建材をインターネットにつなげることで、便利で快適な暮らしをサポートしてくれる住宅のことです。
LIXIL

家電や玄関ドアなどをインターネットにつないだ「IoT住宅」なら、スマートフォンやタブレット、スマートスピーカー等を使い、使用状況の確認や遠隔操作ができるようになります。
 

毎日の暮らしの中で感じる困りごとの中には、「IoT住宅」なら解決できることが数多くあります。そこで、玄関ドアと窓シャッターをインターネットにつなげるとどのようなことができるのか、具体的に紹介していきましょう。
 

玄関ドアのロック確認や施錠をスマートフォンで確認

玄関ドアをインターネットにつなげると、スマートフォンでカギのロック状態を確認したり、施解錠したりできるようになります。外出先で「玄関のカギを閉めたかな?」と不安になったときや、「カギをかけ忘れてしまった!」というときに安心できる機能といえます。
 
LIXIL

スマートフォンで外出先から玄関ドアの施解錠状態を確認したり、施錠ができたりするようになると、セキュリティ面で安心感がアップ。
 

TOSTEMブランドの「玄関ドアDA」「玄関ドアDA防火戸」は、新たに開発したスマートロックシステム「FamiLock(ファミロック)」を標準搭載した玄関ドアです。オプションの「外でもドアホン」を採用してインターネットに接続すれば、スマートフォンでロック状態の確認やカギを施錠することが可能です。
※「外でもドアホン」はパナソニック株式会社の商標登録
 
LIXIL

オプションの「外でもドアホン」を導入しインターネットに接続すれば、来客者への対応もスマートフォンで行えます。
※ モニター親機をインターネットに接続できる環境および、スマートフォンへの専用アプリケーション「ドアホンコネクト」のインストールが必要
※「ドアホンコネクト」はパナソニック株式会社の商標登録

 

家族それぞれが使いやすいカギを選択できる

スマートロックシステム「FamiLock」のカギは、スマートフォン、リモコン、カードキー、手動キーの4つのタイプに対応。家族のライフステージに合わせて“使いやすい”と感じるカギにいつでも変更できます。
LIXIL

専用アプリをダウンロードしたスマートフォン、リモコン※、カードキー、手動キーの中から選択が可能。
※リモコンはオプション
 

手持ちのスマートフォンをカギとして使用する場合、専用アプリ「My Entrance」をダウンロードして玄関ドアを登録する必要があります。登録したスマートフォンを携帯してドアのボタンを押すとカギの施解錠ができるため、荷物が多いときや雨の日などにとても便利ですね。
 
LIXIL

スマートフォンをバッグやポケットに入れておけば、ドアのボタンを押すだけでカギを施解錠。少し離れた位置でも、Bluetooth®通信エリア内であれば、アプリ画面上の操作でも施解錠できます。

LIXIL

「玄関ドアDA」「玄関ドアDA防火戸」の設置イメージ。玄関ドアの基本性能である断熱性やデザイン性を備え、ガラス面から爽やかな空気を採り込める採風デザイン(写真右)もラインナップされています。
 

窓シャッターの操作が外出先でも可能に

住まいの防犯や防災を考慮し、窓にシャッターを設置したいというニーズが高まっています。窓シャッターの開閉方式には手動と電動がありますが、TOSTEMブランドの住宅用窓シャッター「電動」「スマート電動」なら、付属のリモコンと、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンで開閉することができます。

さらに「スマート電動」なら、LIXILが提供するIoTネットワークシステム「Life Assist」と連携させることで、外出先での開閉状態の確認や開閉操作が可能になります。
LIXIL

台風が予想より早く接近している、突然ゲリラ豪雨が発生etc. 住宅用窓シャッター「スマート電動」なら、外出先でも手持ちのスマートフォンでシャッターを閉められるから安心。
 

専用アプリでスマートフォンをリモコンとして活用

「スマート電動」「電動」の操作ができるスマートフォン専用アプリ「My Window」には、さまざまな便利機能が搭載されています。例えば、ホーム画面では登録したシャッターの開閉状態をひと目で確認することができますし、「スマート電動」は無線LANを介して家中のシャッターを一斉に開閉することもできます
※変換アダプタと無線LAN環境が必要で、電波の届く範囲で可能
 
LIXIL

すべての窓シャッターを一斉に開閉できる機能は、慌ただしい朝の外出時や、遅く帰宅した時にとても便利な機能です。
 

IoTで快適な住まいと暮らしを

超高速、大容量などの特徴を持つ第5世代移動通信システム「5G」の2020年提供開始(予定)を受け、今後は、家電や建材をすべてネットワークにつなげた「IoT住宅」が主流になると予想されています。

しかし、現時点ではIoTに対する関心度は人によって異なります。「わが家にはまだ必要ない」と思う方のために、今回ご紹介した玄関ドアと窓シャッターは、インターネットに“つなげる”or“つなげない”を選択することができる商品です。

インターネットにつなげなくても、手持ちのスマートフォンに専用アプリをダウンロードすれば便利な機能を使うことができます。しかし、インターネットにつなげる「IoT」を搭載した商品なら、外出先でも状況確認や様々な操作ができるようになり、より高い利便性と安心感を得ることができます。

先を見据えた賢い選択で、もっと快適な暮らしと住まいを手に入れましょう。

※ご紹介した商品の販売時期、仕様、名称等は変更される場合があります。
詳しくは株式会社LIXILの各商品ページをご覧ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。