NTTドコモは、おサイフケータイで使える新しいクレジットサービス「DCMX」を4月28日から開始すると発表しました。携帯電話でクレジットサービスが使えるということは、すでに一般的になっているカードタイプのものと比べていったい、何が便利なのでしょうか?

満12歳以上で申し込めるサービスも用意


NTTドコモが提供する「DCMX」というクレジットサービスは、主に「DCMX mini」「DCMX」「DCMX GOLD」という3つのメニューが用意されることになっています。
DCMX記者会見に登場した夏野剛マルチメディアサービス部長。「わたしはこのサービスをやるためにドコモにやってきた」とサービスに強い自信を見せた

ユーザーが最も使いやすくて便利と感じるのが「DCMX mini」です。これは対応アプリを携帯電話にダウンロードし、携帯電話で簡単な入会申し込みをするだけで、携帯電話でクレジット機能が使えてしまうというサービスです。月額の使用限度額は1万円と少額ですが、コンビニや自動販売機での支払いに重宝しそうです。しかも、注目はその入会資格。「DCMX」に対応するおサイフケータイを所有する満12歳以上のユーザーであれば、誰でも入会する資格があるのです。中学生も親の了解があれば入会可能です(その場合、親の電話料金請求と一緒に引き落とされる)。「子供も使えるクレジットサービス」としてかなり普及しそうです。

一方、「DCMX」は月間1万円以上決済したいユーザーのためのサービスです。申し込みを行うと少額決済だけでなく、電化製品やブランド品といった高額商品も決済できるようになります。また通常と同じプラスチックカードが発行されるため(VISAもしくはMasterCard)、おサイフケータイの普及していない海外でも利用できるようになります。
リボ払いや分割払いにも対応するなど、使い勝手もクレジットカードとほとんど代わりがありません。利用料金にあわせて「ドコモポイント」も貯まるため、機種変更を行うときに代金を割り引いてもらったり、景品や航空会社のマイルへの交換も可能です。

「DCMX GOLD」は、存在は明らかにされたものの、サービス内容については「いまのところ検討中」(NTTドコモ、夏野剛マルチメディアサービス部長)とのこと。いかにゴールドカードとしてプレミアム感を出していくかを検討しているとのことです。


DCMXが使える場所は?


DCMXで決済するための店頭端末。プレート部分が光り、音が鳴ることで決済完了がわかる

ではDCMXはどこで使えるのでしょうか? すでに三井住友カードなどが「iD」というおサイフケータイのクレジットサービスを提供していますが、この「iD」のサービスに対応している店舗ならどこでも利用できます(DCMXのプラスチックカードは、VISAもしくはMasterCardが対応しているお店で利用可能)

iD対応店舗はコンビニならam/pmやファミリーマート、ローソン。家電量販店ではビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマなど急速に広まっています。2006年内に約10万台、2006年度内に約15万台のリーダー/ライターが設置される予定で、コカ・コーラなどの自動販売機でも使えるようになる計画です。

「DCMX」は利用できる店舗こそまだ少ないですが、今後は学生を中心にユーザーが広がっていくと思われます。

【関連ページ】
NTTドコモ
DCMX
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。