ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 馬原雄一料理長によるトマトのフランベ

馬原雄一料理長によるトマトのフランベは圧巻の迫力

鉄板焼は「和牛」「高級」「ご馳走」というイメージがあって、とても人気な料理のひとつです。一方で、肉を焼くだけなので、どこも同じではないかという声を聞くこともあります。

もちろん、お肉の質や火の入れ方などは、お店によってさまざまな特徴がありますが、実は、黒毛和牛をしっかり堪能しながら、ほかにはない体験もできる鉄板焼があります。

それは、私がイチオシするホテル インターコンチネンタル 東京ベイの「鉄板焼 匠」です

ヘルシー・ビューティ・フレッシュをコンセプトに掲げ、2018年9月から料理長を務める馬原雄一氏のもと、オリーブオイルで調理した先進的な鉄板焼を提供しています。


お店の場所はこちら

 

ほかにはない先進的なスタイル

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 神戸ビーフのロース

神戸ビーフのロース

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ まだ動いている新鮮な北海道産の蝦夷鮑

まだ動いている新鮮な北海道産の蝦夷鮑

黒毛和牛は季節によってブランドが新しくなり、神戸ビーフや松坂牛といった一流ブランドはもちろん、まだあまり知られていない希少な銘柄が提供されることもあります。伊勢海老や鮑といった魚介類も用意されており、まさに王道の鉄板焼を体験することができるでしょう

しかし、「匠」はそれだけではありません。ほかの鉄板焼では食べられないものが特にイチオシなのです
ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ ファーストディッシュ 鉄板アミューズ匠スタイル

ファーストディッシュ 鉄板アミューズ匠スタイル

まず最初に提供される「ファーストディッシュ 鉄板アミューズ匠スタイル」が、私のイチオシの一品。食味の素晴らしい栃木県の「桃太郎トマト」を目の前で豪快にフランベしてくれるのです。完熟トマトなのでジューシーで甘味があり、レモン塩でさらに味わいを引き立てています。
ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 新感覚のつけジュレ

新感覚のつけジュレ

鉄板焼のコンディメント(調味料)は通常、醤油や塩が一般的ですが、「匠」ではこれらに加えて、「つけジュレ」も提供しています。コラーゲンがたっぷり含まれているので、美肌効果も。プルプルとしたテクスチャのジュレが、ゆっくり溶け出して食材にしっとり調和します。

つけジュレは、自家製ポン酢、胡麻&黒胡椒、オニオンと3種類あるので、好みの新感覚を探すのもイチオシの楽しみ方です
 

ラグジュアリーなラウンジへ転卓してデザートへ

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 食後は隣接する「ニューヨークラウンジ」に転卓してデザートを満喫

食後は隣接する「ニューヨークラウンジ」に転卓してデザートを満喫

食後にゴージャスなバーラウンジに移動してパティシエ特製スイーツを堪能できるのも、非常に嬉しいところ。
ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ できたての「フランス産チョコレートのムース カカオのチュイール添え」

できたての「フランス産チョコレートのムース カカオのチュイール添え」

隣接する「ニューヨークラウンジ」のソファーでゆっくりと寛ぎながら、デザート工房「アトリエ・デセール」から届けられた、できたての美しい皿盛りスイーツを楽しむことができます。

鉄板焼でありながらも、最後のデザートまで存分に満喫できるところが、これまたほかにはないイチオシポイントなのです
 
DATA
鉄板焼 匠|ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

住所:東京都港区海岸1丁目16番2号 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 1F
TEL:03-5404-7895
営業:ランチ 11:00~15:00(L.O. 14:30)、ディナー 17:30~21:30(L.O. 21:00)
定休日:なし
アクセス:ゆりかもめ「竹芝」駅直結
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。