窓を開けなくても花粉は家に持ち込まれる

スマートブリーズ

花粉症の症状を引き起こす植物はスギやヒノキだけではありません。イネ科の植物やブタクサなど、1年中さまざまな花粉が飛んでいるのです。

春や秋の花粉シーズンは、花粉症の方にはとてもつらい時期でしょう。鼻詰まりや目のかゆみなどで仕事や勉強に集中できない、夜もよく眠れないなど、日々の生活に支障をきたす方もいると思います。

家にいるときは少しでも症状を和らげたいと考え、花粉の時期は窓を開けないという方がいるかもしれません。しかし、窓を開けなくても、花粉は衣類や洗濯物に付着して家の中に持ち込まれてしまうのです。

例えば、外出先に着ていた衣類表面の凹凸に入り込む、こすれなどで生じた静電気に吸い寄せられるなどで花粉が付着して、家の中に持ち込まれます。また、家の外に洗濯物を干すと、空気中に浮遊している花粉が表面に付き、家の中に持ち込まれてしまいます。
 

家の中の空気から花粉をシャットアウトするには?

スマートブリーズ

花粉症に悩む方は、帰宅時に家に入る前や外に干した洗濯物を取り込む前に、衣類に付着した花粉をしっかり払い落としましょう。粘着クリーナーを使えば、払い落とすとき周囲に花粉が飛散しません。

家の中に花粉を持ち込まないために、帰宅時や洗濯物を取り込むときに花粉を払い落とすことがとても重要です。しかし、花粉の持ち込みをゼロにするのは難しいかもしれません。また、どんなに気を付けていても家の隙間や換気口などからも花粉が侵入する可能性もあります。

家の中の花粉対策として、空気清浄機を置いているご家庭も多いでしょう。ただ、効果を得るためにリビングや寝室、子ども部屋など家のあちこちに置くとスペースを取りますし、台数が増えると機器のお手入れも大変になります。

花粉症にお悩みの方が注文住宅を建てるとき、おすすめしたいのが三井ホームオリジナルの全館空調システム「スマートブリーズ」の導入です。「スマートブリーズ」は一台の室内ユニットからリビング、居室、玄関や廊下など家中にダクトを通し、ダクトを通じて家中の換気や室温の調整を行う全館空調システムです。
スマートブリーズ

全館空調システムのイメージ。三井ホームの「スマートブリーズ」は家のすみずみまで換気し、快適な温度と湿度を24時間保ちます。気密・断熱性の高い構造体と組み合わせることで、家の隙間から入り込む花粉やPM2.5の侵入も抑制します。

ちなみに、2003年に建築基準法が改正され、原則としてすべての建物に24時間換気ができる設備機器の設置が義務付けられるようになりました。設備機器で行う換気方法には3つ方式がありますが(下記参照)、スマートブリーズは、最も確実に換気が行われる第1種換気方式に該当します。
 
スマートブリーズ

機械換気の種類

 

花粉を90%以上カット、PM2.5の流入も抑制

スマートブリーズが家中の空気を清潔に保つ理由は、室内ユニットのフィルターを通じて、常にきれいな空気を循環させているためです。

家の中に花粉が持ち込まれても、排気の際にフィルターで花粉を除去し、空気をきれいな状態にしたうえでダクトを通じ再供給されます。一方、室外から空気を取り入れるときには、花粉やホコリ、カビの胞子もフィルターが90%以上カット。さらに身体への悪影響が心配されるPM2.5の室内への流入も83%抑制します。
スマートブリーズ

室内ユニット内のフィルターのイメージ。PM2.5対応の高性能フィルターが、粒径0.3μm以上の物質を83%除去、粒径が約10μmの花粉・カビの胞子などは90%以上カットします。
※ フィルターの性能試験に基づく性能であり、実機の性能とは異なります。
※ このフィルターで0.3μm未満の微小粒子状物質については、除去の確認ができていません。また、空気中の有害物質のすべてを除去できるものではありません。
※PM2.5とは2.5μm以下の微小粒子状物質の総称です。

花粉症の方や、ホコリやハウスダストによるアレルギーをお持ちの方は、原因となる物質を取り除くために掃除機や雑巾掛けを頻繁にしているかもしれません。新しい住まいにスマートブリーズを取り入れれば、花粉やホコリをフィルターがキャッチし、きれいな空気だけが供給されるので、お掃除の手間・負担を軽減しながらも清潔な環境が保てるようになります。
 

冷暖房や除湿・加湿機能で一年中快適な毎日を

もう一つの魅力は、一年中、家の中の温度を一定に保てることです。家のすみずみまでダクトを通じて冷暖房できるので、部屋ごとの温度差が少なくなり、夏は高温多湿な環境により室内でも発生する「熱中症」を防ぎ、冬は急激な温度変化により身体がダメージを起こす「ヒートショック」の防止に役立ちます。
スマートブリーズ

部屋間の温度差をなくし、廊下やトイレ、洗面室まで快適な温度をキープ。脱衣所や浴室に温度差が無いと、冬の入浴時におこりがちな「ヒートショック」の心配も減ります。

さらに、除湿・加湿機能を備えていることに加え、常に一定の風が流れていることで、室内に干した洗濯物が気持ちよく乾きます。洗濯物を外に干したくない花粉の時期や、夜に洗濯をすることが多い共働きのご家庭には、特にうれしい機能といえそうです。
 
スマートブリーズ

除湿・加湿機能のついたスマートブリーズは、室内干しでもカラリと洗濯物が乾きます。雨の日や寒い冬など、気候や時間帯にとらわれず、都合の良いタイミングで洗濯できます。

気になる電気代ですが、あるシミュレーションによると、同じ断熱性能を持つ家なら、各部屋に個別のエアコンを入れるより、スマートブリーズを入れた方が年間の冷暖房費が安くなることがわかりました。断熱性を高めた家なら、さらに冷暖房費を抑えることができます。
 
スマートブリーズ

年間の冷暖房費シミュレーション(※1)。エアコンなどの空調機器は、運転開始時に多くの電力を使います。一方、全館空調「スマートブリーズ」は基本的に一年中電源をONにして、設定温度になった後はその温度をキープ。実はON/OFFを繰り返す個別エアコンよりも24時間連続運転する方が経済的なのです。
※1 :2014年3月現在。 「スマートブリーズ・プラス」(単相タイプ4馬力)の場合。●SMASHにて試算●地域:東京●約35坪●電力単価:東京電力〔2014年3月現在〕オール電化・電化上手契約(夏季昼間約38円/kWh・夜間約12円/kWh)にて試算●スマートブリーズ設定温度:(暖)20℃、(冷)27℃●運転期間:(暖)11/2~4/22、(冷)4/23~11/1●個別エアコン設定温度:(暖)20℃、(冷)27℃●個別エアコン運転条件(5台):(居間・食堂・台所)7~10時、12~14時、17~23時(11時間)、(主寝室・洋室)6~9時、18~23時(8時間)※冷暖房の能力を比較するため、換気費用は除いています。※費用には基本料金は含みません。※金額は、シミュレーションによるものです。地域や気象条件、延床面積、設定温度などの諸条件により異なります。

換気機能により家中の空気を清々しく保てる全館空調システムは、花粉にお悩みの方こそ新築時に取り入れたい設備といえます。さらに、温度管理や除湿・加湿機能を備えたタイプなら、365日24時間いつでも、家の中のどこにいても、快適に過ごせる家になります。これから家づくりを始める方は、検討してはいかがでしょうか。

【関連サイト】
モデルハウスで、深呼吸してください。│三井ホームの空調テクノロジー
三井ホームのオリジナル健康空調システム「スマートブリーズ」