YouTubeで毎晩のように生放送をしていると、「今日は株で利益を出せました!」という個人投資家リスナーもいれば、「今日は損をしました…」というリスナーもいます。
 
そんな中、損をした個人投資家から、こんなご質問をよく頂きます。
 
====================
保有中の株が値下がりしてしまい、損を抱えています。
◯◯という株をナンピン買いしようか悩んでいるのですが、
中原さん、何かアドバイスをくれませんか?
====================
 
今回は、このご質問に中原が回答していきます。
 

そもそも、ナンピン買いとは何か?

「ナンピン買い(難平買い)」とは、保有している株式の株価が下がったとき、株式を買い増すことを指します。安くなった株を買い増しすることで平均購入単価が下がるので、推奨するアナリストもいます。
 
ナンピン買いは初心者向けの株本などで紹介されるテクニックの1つです。ナンピン買いは、分かりやすく、取っつきやすいため、広く知られています。
 
しかし、「なぜ、ナンピン買いが正しいのか?」説明する理論はありません。
 
 

「株で損をしたらナンピン買い」はウソ?

科学の立場から見ると「株で損をしたらナンピン買い」はウソである可能性が高いです。
 
ノーベル経済学賞を受賞した、ウィリアム・シャープの理論(1)では、「資産運用では分散投資をすればするほどよい」という結論が得られました。つまり、
 
1種類の株しか買わないよりも、3種類の株を買った方がよく、
3種類の株しか買わないよりも、5種類の株を買った方がよく、
5種類の株しか買わないよりも、10種類の株を買った方がよいということです。
 
同様に、プリンストン大学の名誉教授であるバートン・マルキールも、著書(2)の中で、「投資資金を30銘柄へ分散することで、銘柄固有のリスクは概ね減らすことができる」という旨を述べています。
 
しかし、ナンピン買いでは「同じ会社の株を買い増す」という判断をします。つまり、同じ株にお金を集中させる「集中投資をする」という判断です。この判断は、「分散投資するほどよい」という科学的な判断とは真逆です。
 
つまり、ナンピン買いは「ノーベル賞を受賞するほどの経済理論を真っ向から否定する真逆の行為」ということです。
 

まとめ

株式投資を始めたばかりの頃、筆者もナンピン買いをしていました。それも、初めて読んだ株本に「株価が下がったらナンピン買いしよう」と書いてあったからです。
 
しかし、「どこぞのプロ(自称)が推奨するナンピン買い」と、「ノーベル経済学賞を受賞した経済理論」、どちらを信じるべきかは明らかでしょう。少なくとも筆者は、経済学を学び、投資理論を知った今は、ナンピン買いをしていません。
 
 
●参考文献
  1. 論文:William F. Sharpe, 1964, "Capital Asset Prices: A Theory of Market Equilibrium under Conditions of Risk", The Journal of Finance, 19(3), pp. 425-442
  2. 書籍:バートン・マルキール, 2016, 『ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資不滅の心理 原著第11版』, 日本経済新聞出版社
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。