ドラッグストアで手に入る美白化粧水のおすすめはコレ!

DSで手に入る美白化粧水の種類は膨大。そんな中ぜひ試して欲しいのは、ロングセラー&ベストセラー商品。

DSで手に入る美白化粧水の種類は膨大。そんな中ぜひ試して欲しいのは、ロングセラー&ベストセラー商品。

ドラッグストアで手に入る化粧水の中で、ガイドを唸らせた美白化粧水は、資生堂のスキンケアブランド「アクアレーベル」の「ホワイトアップ ローション」。美容雑誌やクチコミサイトなどで数多くのベストコスメ賞を受賞したベストセラー商品です。「1 さっぱり」、「2 しっとり」、「3 とてもしっとり」の3タイプが販売されているなか、ガイドのおすすめは、「2 しっとり」です。
 

潤って透明感のある肌へと導くとろみ系化粧水

アクアレーベル,ホワイトアップローション,美白化粧水

2 しっとりタイプはとろみ系。なめらかなテクスチャーでなじませやすい。

とろみ系にも関わらず、浸透がよく、ベタつかない使用感も人気の理由。使い続けることで潤って透明感のある肌へと導きます。
 

1400円とプチプラなのに贅沢な成分たっぷり!

コスパの高さも魅力のひとつ。資生堂と九州大学の共同開発で誕生した「ベビーアミノ酸」は、世界唯一の分析装置によって進められた研究の結果見出され、潤いを貯蓄する鍵を握ります。このほか、美白と肌荒れを防止する「m-トラネキサム酸」、肌を保湿して明るさを出してくれる「エーデルワイスGL」など贅沢な成分がたっぷり配合されています。
 

惜しみなく使えるからこんな使い方がおすすめ

乾燥や冷えによるくすみへのアプローチとしてローションパックがおすすめ。市販のシートを使用しても、手持ちのコットンを割いて使用してもOKです。ただし、3分以内の使用に留め、シートやコットンが乾かないようローションを足しながら行いましょう。このほか、首やボディに使用したり、日焼けした時にもおすすめです!

■DATA
アクアレーベル ホワイトアップ ローション/資生堂
容量:200ml
価格:1400円(税抜、編集部調べ)
全3種(写真は「2 しっとり」)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。