東京會舘がオープン

TOKYO KAIKAN 會 鉄板での牛肉の調理

鉄板での牛肉の調理

東京會舘は、建て直しのために2015年1月31日から休館していましたが、4年近くの歳月を経た2019年1月8日に「NEWCLASSICS.」=「新しくて伝統的」というコンセプトを掲げて開業しました。

「世界に誇る施設ながら、誰でも利用できる、大勢の人々が集う社交場」を標榜して1922年に開業した施設で、結婚式場や宴会場としても有名ですが、レストランも非常に評価が高いです。
TOKYO KAIKAN 會 エントランス

エントランス

フランス料理「レストラン プルニエ」、グリルレストラン「ローストビーフ&グリル ロッシニ」、「日本料理 八千代」、オーセンティック バー「MAIN BAR」、メンバーシップクラブ「TOKYO KAIKAN UNION CLUB」、ペストリーショップ「SWEETS & GIFTS」、オールデイダイニング「ロッシニテラス」がオープンしましたが、特に注目したいレストランのうちのひとつが鉄板焼「TOKYO KAIKAN 會」。

鉄板焼は訪日外国人に人気ということもあって、最近特に増えている業態ですが、東京會舘ではどのような鉄板焼を体験できるのでしょうか。
 

メインのカウンターに加えて2つの個室

TOKYO KAIKAN 會 扇形カウンターの鉄板

扇形カウンターの鉄板

店内には全部で26席があり、12席の扇形カウンター、6席と8席の個室2つが設けられています。8席の個室には向かい合わせのテーブルがあり、対面で食事できるので、親族や接待で訪れる場合には便利でしょう。
TOKYO KAIKAN 會 向かい合わせテーブルの個室

向かい合わせテーブルの個室

一部のターナーやステーキナイフやカービングフォークは、ハンドルが鹿の角で作られているなど調理器具にもこだわりが見られます。
 

フレンチの経験も積んだシェフ

「TOKYO KAIKAN 會」の料理長を務めるのは原健二氏です。原氏はリニューアル前の東京會舘で、フランス料理の腕を磨き、改装期間中は有名ホテルの鉄板焼で研鑽を積んできました。フレンチにも造詣が深い原氏が提供する鉄板焼は、洋のニュアンスも感じられます。

テーブルウェアにも凝っており、有田焼、笠間焼、ガラスプレートなど、15種類以上の器を料理に合わせて使い分けているのも特徴です。
 

魚も肉も楽しめる「二重橋」

ディナーには3つのコースがありますが、最も人気が高いのは、魚も肉も味わえる「二重橋」コース。しかも、サーロインではブランドの黒毛和牛を体験できるのが嬉しいところです。

■二重橋 18000円(税・サ別)
  • 先付
  • 旬の彩り前菜
  • 旬の魚
  • 會サラダ
  • ブランド牛サーロイン110g または 特撰 黒毛和牛フィレ100g
  • 御飯 または ガーリックライス・香の物・味噌椀
  • デザート
今回は「TOKYO KAIKAN 會」の魅力を余すところなく楽しめる「二重橋」とオススメのワインを詳しくご紹介しましょう。
 

ランソン ブラックラベル ブリュット 2500円(税・サ別)

TOKYO KAIKAN 會 ランソン ブラックラベル ブリュット

ランソン ブラックラベル ブリュット

「ランソン」はシャンパーニュ地方の都市ランスにある最も古いシャンパンハウスのひとつ。ピノ ノワール50%、シャルドネ35%、 ピノ ムニエ15%という配合で、フルーティーな飲み心地ながらも、酸が強めでキリっとした味わいです。
 

鳥居平 上菱平 ブラン 2300円(税・サ別)

TOKYO KAIKAN 會 鳥居平 上菱平 ブラン

鳥居平 上菱平 ブラン

日本ワインも豊富に用意されており、こちらは甲州100%の白ワイン。透明度が高くすっきりとした辛口なので、前菜類にも魚料理にもよく合うでしょう。
 

グランポレール 安曇野池田 ヴィンヤード メリタージュ 2800円(税・サ別)

TOKYO KAIKAN 會 グランポレール 安曇野池田 ヴィンヤード メリタージュ

グランポレール 安曇野池田 ヴィンヤード メリタージュ

メリタージュとはボルドー系品種をブレンドしたワインのことです。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローが使われています。ほんのりスパイシーなニュアンスもあるので、しっかりとした黒毛和牛にも負けません。
 

デ ボルトリ ブラック ノーブル 2800円(税・サ別)

TOKYO KAIKAN 會 デ ボルトリ ブラック ノーブル

デ ボルトリ ブラック ノーブル

デザートワインもしっかりと用意されています。香ばしい甘い風味とリッチな余韻があり、ブルーチーズやチョコレートとの相性が抜群によいです。
 

先付

TOKYO KAIKAN 會 先付

先付

最初に提供されたのはクルミ豆腐。クルミの風味が豊かで、添えられたワサビがちょっとしたアクセントです。
 

旬の彩り前菜

TOKYO KAIKAN 會 旬の彩り前菜

旬の彩り前菜

縁のある東洋佐々木ガラスのプレートで提供されています。右上から時計回りの順番に、甘海老の明太子和え、ミョウガを載せた牛肉の煮こごり、干し柿で巻いたクリームチーズ。見た目もテクスチャも味わいも異なる3品を楽しめます。
 

旬の魚

TOKYO KAIKAN 會 旬の魚

旬の魚

マダイに米粉をまぶして焼き、蒸してふっくらとさせています。鶏の出汁で作られたあんがかけられているので、米粉のクリスピーさがより際立って感じられるでしょう。サヤインゲンやキノコ類が合わせられています。
 

焼野菜

TOKYO KAIKAN 會 焼野菜

焼野菜

赤レンコン、五郎島金時、前日の夜に千葉県から送られてきたミニターツァイとアヤメユキカブが、有田焼のプレートに載せられています。有田焼にしては珍しいデザインですが、野菜の風合いとよく合っています。

コンディメントは3種類の塩。鉄釜で作られた赤い天然海塩である沖縄県・屋我地島の塩、淡路島の藻塩、熊本県の温泉の塩は、味わいも口溶け感も異なるので食べ比べてみましょう。
 

會サラダ

TOKYO KAIKAN 會 會サラダ

會サラダ

東京會館伝統のドレッシングは知る人ぞ知る逸品。トマト、タマネギ、セロリ、ピクルス、ピーマン、野菜のミジンギリ、トマトケチャップ、ウスターソースで作られており、さっぱりとしていながらも複雑で癖になります。
 

ブランド牛サーロイン110g または 特撰 黒毛和牛フィレ100g

TOKYO KAIKAN 會 手前がサーロイン、奥がフィレ

手前がサーロイン、奥がフィレ

TOKYO KAIKAN 會 鉄板での牛肉の調理

鉄板での牛肉の調理

TOKYO KAIKAN 會 ブランド牛サーロイン110g または 特撰 黒毛和牛フィレ100g

ブランド牛サーロイン110g または 特撰 黒毛和牛フィレ100g

2人以上で訪れた場合には、シェアして半分ずつ食べることもできます。写真ではガーリックチップが載せられた方がサーロインで飛騨牛、もう一方がフィレで仙台和牛。

3年熟成させた島根県の森田醤油、鮫肌のおろし金で下ろした生ワサビ、白醤油で作ったおろしポン酢が添えられており、どれもこだわりが窺えます。

飛騨牛はしっかりとした霜降りで食後感のインパクトが強いです。仙台和牛はやわらかく焼き上げられており、森田醤油との相性が抜群。
 

御飯 または ガーリックライス・香の物・味噌椀

TOKYO KAIKAN 會 御飯 または ガーリックライス・香の物・味噌椀

御飯 または ガーリックライス・香の物・味噌椀

最後の食事では、白飯かガーリックライスかを選べます。ニンニクを食べても大丈夫なようなら、おこげ付きのガーリックライスが定番なので、是非とも食べてみましょう。
 

デザート

TOKYO KAIKAN 會 鉄板でのデザートの調理

鉄板でのデザートの調理

TOKYO KAIKAN 會 デザート

デザート

最後も鉄板の技で魅せてくれます。鉄板の上で作られたチョコレートのスフレには、ベリーソースがたっぷりとかけられ、バニラアイスクリームとイチゴが添えられています。

■TOKYO KAIKAN 會(KAI)
住所:東京都千代田区丸の内3-2-1 東京會舘 本舘 B1
TEL:050-3134-4890(予約センター、受付時間 10:00~20:00)
営業時間:ランチ 11:30~14:30(L.O.)、ディナー 平日 17:30~21:30(L.O.) 土日祝 17:30~20:30(L.O.)
定休日:なし
アクセス:JR京葉線「東京駅」6番出口より徒歩3分、JR各線「有楽町駅」国際フォーラム口より徒歩5分
東京メトロ千代田線「二重橋前駅」、東京メトロ有楽町線「有楽町駅」、東京メトロ日比谷線、都営地下鉄三田線「日比谷駅」のB5出口から直結
地図:Yahoo!地図情報
URL:https://www.kaikan.co.jp/

※データは記事公開時点での内容です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。