老眼鏡を使う女性

60代でもWEBを駆使して安い医療保険を探そう

60代でも元気いっぱいで活動的な人は多くみられますよね。前回は、ここ20年間の健康保険の高額療養費制度の改定に触れ、民間の医療保険の変化を活かせるような50代の医療保険選びをあげましたが、今回は、子どもも自立し、夫婦でセカンドライフを味わい始めている60代の女性Kさんの例をもとに、医療保険見直しの活かし方をお伝えします。
 
<ご相談者 女性 Kさん(60歳)>
・本人:主婦、夫:退職後近所で再就職、子どもは自立
・一人娘が結婚し、夫婦2人だけの生活に戻りはじめている。
・夫は、定年を迎えたが、ご縁あって近所の事務所を手伝うことになった。
・Kさん自身は、犬の散歩とウォーキングを日課にし、とても健康的な毎日を送っている。
・若い頃から掛金一律の共済に加入してきた。メジャーな内容に加入していたつもりだが、年齢が上がると保障内容が減っているのにふと気づき、将来が不安になった。
・これからは、身体の衰えを感じる一方だろうし、特に医療保障はしっかりと長い期間の保障が欲しいと思うが、今さら見直しができるのか不安を感じている。
 

還暦を迎えても大丈夫! 健康なら、医療保険見直しのラストチャンス

Kさん:やっと娘もお嫁に行って、一段落。夫も適度に仕事をしてくれているから、私もお散歩など、好きなことができてホッとしています。でも、一つ気になっているのは、医療保険についてです。今まで加入してきた共済は、掛金が変わらないから保障もずっと同じかと思っていたんです。でも、最近来た保障内容の通知をよく見ると、これから年齢の節目節目で保障される金額が少なくなっていくみたいなんです。
 
ガイド:なるほど。まずは、Kさんご家族が元気で、人生の次なるステージを迎えられているとのこと、すてきですね。今まで加入されていた共済は、掛金が年齢や性別関係なく一律の商品のことでしょう。長く加入していると、年齢が上がって保障額が減ることを忘れてしまって、あれ?と思ったという声はよく聞きますね。
 
Kさん:そうなのですね。私だけ勘違いしていたのかと思っていました。
 
ガイド:保険や共済というのは、もともと加入者全体の助け合いの仕組みなので、実は、年齢が上がっても掛金が若い世代と同じで、保障内容も同じという商品はあり得ないのですよ。年齢とともに身体の衰えなどが出てくると、病気やケガなども一般的に増え、リスクが高くなると見なされるからです。
 
Kさん:気がつくのが遅かったかも…と悔やまれます。還暦を迎えてしまった私がこれから、医療保障を見直すことってできるのでしょうか?
 
ガイド:それは大丈夫ですよ。Kさんのように身体を動かしたり、健康的に過ごしていらっしゃって、健康状態の告知内容に問題がなければ、まだまだ選べる商品はたくさんあります。なぜ60代は70代より手軽に選びやすいか、その理由は次の3つがあげられます。実際、一部の保険会社では満70歳未満でないと加入できないところもありますが、

(1)保険会社の医療保険加入年齢などの条件から選択肢が減ってくること
(2)健康状態も歳を重ねるにつれて通院や投薬などの機会が増え、告知がスムーズにできるとは限らないこと
(3)保険料も入院日額5,000円のシンプルなもので、月5,000円以上の負担になる

といったことですね。
 
Kさん:本当ですか? そうすると、これが最後の見直しになるかもしれませんね。でも、今さら保険の営業の方にお会いするのは何だか気が引けますね……。
 
ガイド:加入する際の経路というか、選ぶプロセスも多様化しています。しっかり選ぶためには遠慮することなく、ご自身に合った方法で進めていくのが一番でしょう。
 

大きく3つのプロセス(加入経路)のうち、老眼でも手続きしやすいものは? 

ガイド:プロセスは大きく3つありますね。訪問や保険ショップなどで担当者と面談する方式のほか、通信販売で資料請求をして申し込む郵送方式、そして、スマホなどを使ってインターネットで加入手続きするネット方式の3つがあげられます。
 
Kさん:その3つの方法で、メリットとデメリットは大きく違うのでしょうか? 特に老眼鏡が手離せない私に向いているのはどれだと思いますか? 契約書とか小さい文字は本当に辛くて…(苦笑)
 
ガイド:確かに、文字が読みやすいかどうかも大事ですよね。保険は契約ですから…。3つのプロセスの特徴は以下が挙げられます。
 
(1) 面談方式
◎メリット:質問など、その場で顔を見ながら答えてくれるので、理解しやすい。
△デメリット:担当者との相性がある。予約などで面談の時間を確保することが必要。書面や注意事項などの文字が小さくて老眼鏡が必要。
 
(2)郵送方式
◎メリット:資料請求をして、自分のペースで郵送して手続きできる。
△デメリット:資料を自分で読んで理解する力が必要。書面や注意事項などの文字が小さくて老眼鏡が必要。本人確認書類などコピーをして同封するなどの手間がかかる。
 
(3)ネット方式
◎メリット:スマホやパソコンの画面で文字や画像などを拡大して見ることができる。ネット上でその場で保険料を試算して申し込むことができる。
△デメリット:スマホやパソコンの扱いに慣れることが必要。ネット上で自分の名前などを入力し、本人確認書類なども写真を撮ってネットで送る作業が必要。
 
Kさん:なるほど。私はスマホに慣れているほうですし、老眼鏡なしでもできそうなネット方式でいこうかなと思います。
 
ガイド:わかりました。「老眼鏡が必要かどうか」という視点で選ばれるのもいい切り口だと思います。
 

一生涯保障が続く終身医療保険の相場は? 60歳でも月3,000円台が可能!

Kさん:スマホでなら、自由に見れるから気楽なのもありますよ(笑)。でも、掛金は月5,000円以上になることを覚悟しておいたほうがいいでしょうか?

ガイド:実際に、生年月日と性別を入れるだけで保険料が試算できる画面を見てみましょう。頭で考えるよりも、検索してページを見たほうが早いと思いますよ。
 
Kさん:そうですね。お手頃なものってどんなものがありますか?
 
ガイド:一生涯の医療保障があるもので、スマホで手軽に手続きできるものとしては、ソニー損保の医療保険SURE<シュア>がありますので見てみましょう。まずご自身で、生年月日と性別を入力してみましょう。
 
Kさん:はい、やってみます。あ、この入力画面なら、数字も見やすいですね。
ソニー損保<SURE>見積りシミュレーション入力画面

医療保険SURE<シュア>保険料シミュレーション入力画面

 
ガイド:スマホの画面は、どんどん改良されて見やすくなってきているようですね。保険料がもう出てきたのではないでしょうか?
 
Kさん:ほんとだ。あっという間ですね。しかも毎月の保険料が3,000円台とはビックリです。
ソニー損保<SURE>見積りシミュレーション入力中画面

医療保険SURE<シュア>見積りシミュレーション入力中画面

ガイド:医療保険も価格競争が激しくて、各保険会社がしのぎを削っている状態なので、60歳の女性でもシンプルなものなら月3,000円台で加入できるようです。しかも、その加入時の保険料が一生涯変わらず、保障内容も一生涯同じです。

Kさん:今まで加入してきた共済の掛金と数百円くらいしか変わらないのがわかってホッとしました。
 
ガイド:この例は、保険料の支払い期間が終身だからこその水準でもあります。一生涯の医療保障を得るのに、保険料の支払い期間を短くすると、それだけ1回当たりの保険料負担が膨らみます。
 
Kさん:なるほど…。保険料の支払い期間ってどう考えるのがいいでしょうか?
 
ガイド:好みの問題もありますが、人は何歳まで生きるか実際はわかりませんよね。仮に短期で支払いを終えてしまうと、解約返戻金がないタイプでは、早く亡くなってしまったら損とか、何歳以上生きれば得とか、損得が気になってしまうのではないでしょうか?
 
Kさん:実は、私も何歳まで生きたら得なのかと考えてしまっていました(苦笑)。なんだか、命を損得で見てしまうみたいで気持ち悪いですね。私は、生きている分だけ保険料を払うのでいいような気がします。
 
ガイド:そうですね。あとは、選択肢やオプションを見ながら、ご自身が本当に必要かどうかをチェックしていきましょう。基本的な入院・手術のほかに、がんに対する保障を厚くするかどうか、先進医療に対する保障もつけるかどうか? 実際に画面をタップすれば、保険料がどのくらい変わるかもすぐにわかります。
 
ソニー損保<SURE>入力後プラン比較

医療保険SURE<シュア>入力後プラン比較画面

Kさん:ほんとだ。まるでゲームのように、好きなだけタップしていろんな組み合わせを見れるのですね。こうやって確認していくのなら、面倒と思えずできそうです。
 
ガイド:こうした画面構成なども、各保険会社のセンスが出てくると思います。必要なところに解説や説明があるでしょうから、それもしっかり目を通しておいてくださいね。そして、最後にコールセンターにも電話して質問や確認をしてみると、その会社の風土も感じ取れるかと思います。人生100年時代、まだまだこれから40年近く付き合うかもしれないので、契約後のメンテナンスのしやすさの目安として、リアルな電話も活用して、ぜひ確認してみてください。
 
【参考サイト】
病気・ケガを一生涯補償。特に、がんに手厚く!医療保険SURE(ソニー損保サイト)

【関連サイト】
以下の各サイトでも、医療・がん保険を検討する際のお役立ち情報を紹介しています。
保険なるほど知恵袋(ソニー損保サイト)

※本件ガイドが提供する記事は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありません。また、掲載される情報の著作権は株式会社オールアバウトが有し、各国の著作権法、各種条約およびその他の法律で保護されています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。