大掃除で家はキレイになった?

LIXIL

家族みんなで大掃除をしたのに、思ったようにキレイにならないとちょっぴり残念。今後の掃除がますます億劫になることも……

年末の恒例行事ともいえる家の大掃除。寒い中とても時間がかかった、頑張ったけどあまりキレイにならなかった、散らかったモノの片付けだけで終わってしまった……など大変な思いをされた方も多いでしょう。

今は、便利なお掃除グッズや、汚れ落ちのよい洗剤が豊富に揃っています。しかし、築年数を経た家は、一所懸命に掃除をしてもキレイになりにくいものです。さらに、収納から溢れでたモノがあり大掃除した部屋のように見えない……というお宅もあるかもしれません。
 

掃除が大変な場所こそ、リフォームがおすすめ

大掃除で大変な思いをした方にご提案したいのが、汚れが落ちなかった場所や、お掃除が面倒だった場所を思い切ってリフォームすることです。最新の設備に交換すれば、機能や性能アップはもちろん、空間もリフレッシュできます。

そこで、次からは掃除が大変だからこそリフォームをおすすめしたい、3つの場所をご紹介しましょう。

【おすすめ1】換気扇

キッチンの中で、掃除が大変な場所の1つに換気扇があります。特に数年掃除をしなかった場合には、油のこびりつきが酷く、掃除にとても苦労します。

換気扇は、数年前と比べて清掃性がとても進化している設備です。リフォームする場合、工事は半日程度、費用は約8万円 ~12万円と比較的手軽なので、気軽に新品に取り換えられそうです。
※こちらの価格は、2018年6月時点において、全国の“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップの中から無作為に抽出したショップに対する実勢価格の調査をもとに、調査結果の価格データの上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費・撤去・残材処理を含みます。(消費税別)住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。商品仕様により価格が異なる場合があります。詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。
LIXIL

フード内部に油が侵入しにくい構造の「よごれんフード」。奥のファンまで洗う必要はなく、お手入れはフードや整流版を拭き、オイルトレーを洗うだけとカンタン。清掃性が高いので、お手入れはグッとラクになります。

また、最近のレンジフードは色や形の選択肢が増えています。フード部分が薄型デザインで、色をシルバーや白にすると見た目がスッキリ、スタイリッシュになります。
LIXIL

LIXILの「PATTOリフォーム」ではスリム型のレンジフードへのリフォームも可能です。キッチンに合わせた色や形を選び、キッチン空間をおしゃれにリフレッシュさせましょう。


【おすすめ2】バスルーム

バスルームの床のぬめりやカビは、主に身体の皮脂汚れ(油分)が原因です。日々のお掃除で取り切れなかった汚れをそのままにすると、大掃除のときにゴシゴシこすっても落ちない可能性があります。

頑張って掃除をしても汚れが落ちなかった…という方におすすめしたいのが、特殊な表面処理加工を施すことで、皮脂汚れが固着しにくい床を採用したバスルームへのリフォームです。水を流すだけで汚れが取りやすいため、キレイな状態をキープしやすくなります。
 
LIXIL

撥油+親水機能を持つ特殊な表面処理を施した「キレイサーモフロア」。表面に皮脂汚れが付きにくいうえ、溝が広く深さも浅いので、スポンジでこするだけで溝の奥までキレイになります。

築年数を経た家に住んでいる方は、冬の浴室の寒さを辛く感じているかもしれません。「キレイサーモフロア」は、独自の断熱層を重ねた構造により足が床に触れたときヒヤっと感じにくい素材でもあります。さらに、天井・壁・床に保温材をプラスしたシステムバスや、お湯が冷めにくいバスタブを選べば、寒い冬でも暖かな入浴タイムを楽しめるようになります。
LIXIL

写真左:バスルームの天井・壁・床に保温材をプラスした「天井・壁・床まるごと保温」。
写真右:浴槽保温材と保温組フタのダブル保温構造でお湯が冷めにくい「サーモバスS」。お湯や浴室内の温かさを保てれば、快適な入浴を楽しみつつ、光熱費が節約できます。


【おすすめ3】トイレ

こまめに掃除をしても、いつの間にかリング状の黒ずみや水アカが付いてしまうトイレ。いつかすっきりキレイにしたいと思いつつ、忙しくてそのまましてしまい、お手入れがさらに大変に…という方はいませんか?

トイレのリフォームは、工事は約半日、費用は約15~35万円で行えます。新しいトイレに交換するなら、汚れが付きにくく、かつ簡単なお掃除で新品のような輝きをキープできる素材を採用したタイプがおすすめ。黒ずみや水アカがこびりつきにくいで、お掃除の手間を減らせるようになります。
※こちらの価格は、2018年6月時点において、全国の“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップの中から無作為に抽出したショップに対する実勢価格の調査をもとに、調査結果の価格データの上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費・撤去・残材処理を含みます。(消費税別)住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。商品仕様により価格が異なる場合があります。詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。
LIXIL

INAXの新素材「アクアセラミック」は、ツルツルとした表面によりリング状の黒ずみや便器のくすみの原因となる水アカがこびりつきにくく、汚物汚れも、水を流すだけでサッと流し落とせます。
 

トイレ空間はコンパクトなスペースなので、壁紙や床材の交換も、費用・工事時間ともに手軽に行いやすい場所といえます。トイレットペーパーや掃除用具の収納場所に困っているなら、リフォームを機にキャビネットを新設するのもよいでしょう。清潔感のあるスッキリした空間をつくれば、お客様が使用するときに慌てずに済むようなりますね。
LIXIL

新しいトイレにリフォームしても、見た目が大きく変わらずがっかりすることも。お手入れのしやすいトイレ(便器)と、給水管や出しっぱなしだった予備のトイレットペーパーなど隠せるキャビネットがセットになっているINAX「リフォレ」なら、見た目がスッキリした空間になります。

 

新年リフォームで、暮らしにゆとりと快適性を

LIXIL

掃除の時間が減ったら、その分、趣味の時間に当てたり、子どもにゆっくりと絵本を読んであげられます。

ご紹介した3つの場所は、しつこい汚れが付きやすい→お掃除が大変→キレイにならないので見た目が悪い……という負のスパイラルに陥りがちなところだと思います。リフォームで最新の設備に交換すれば掃除の負担が減りますし、簡単なお手入れでキレイな状態を保ちやすくなります。

掃除にかかっていた時間が減れば、その分、新たな時間が生まれます。子どもと一緒に過ごす時間を増やしたり、趣味の時間に使えば、忙しい暮らしの中に“ゆとり”をもたらすことができるでしょう。

また、新しい設備に交換すれば室内が一新され、気分もリフレッシュできます。お掃除してもキレイにならなかった場所は思い切って新年リフォームをして、暮らしにゆとりと快適性を取り入れてはいかがでしょうか。

【関連情報】
リクシルPATTOリフォーム
最新の換気扇(レンジフード)ラインアップ
システムバスの特長
サティス:アクアセラミック
キャビネット付トイレ「リフォレ」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。