大人のひとつ結びに!こなれて見せるポイントや結ぶ位置による印象の違いを解説

ひとつ結びは、顔まわりや首元がスッキリ見えて簡単にできるので定番の人気アレンジ。そんなひとつ結びも、まとめる位置や後れ毛で印象が大きく変わります。今回は、ひとつ結びをワンランク上げるポイントを詳しく紹介します!
大人に似合うまとめ髪

大人に似合うひとつ結び

INDEX
ベースのスタイル
こなれ感のあるひとつ結びのやり方
ストレートのひとつ結びとの比較
ひとつ結びの位置による印象の違い
ひとつ結びの後れ毛の出し方ポイント

 

ベースのスタイル

長め前髪のロングヘア
胸上のローレイヤーロング

胸上のローレイヤーロング

 

こなれ感のあるひとつ結びのやり方

1. 全体を毛先から32ミリのアイロンで2回転巻きます。
ランダムに巻いてOK

ランダムに巻いてOK


2. 表面の髪を2~3センチ幅で分けとり、根元から巻きます。頭皮に対して垂直に毛束を持ち上げてから巻くと根元からウェーブができます
頭皮に対して垂直に毛束を持ち上げてから巻くと根元からウェーブが出来る

見えづらい位置はやけどに注意


3. 表面の髪を根元から巻くと、トップから大きめのウェーブになります。
トップから大きめのウェーブになる

巻き終わってからワックスやハードスプレーをつけるとカールが持続


4. 手ぐしでざっくりとまとめ、後頭部の真ん中の位置で結びます。
ひとつ結びした状態

こなれ感を出すだめにも、きっちり結ばない


5. トップの髪を指で引っ張り、自然な高さを出します。
鏡で確認しながらしづつ引っ張ると上手に出来る

鏡で確認しながら少しずつ引っ張ると上手にできる

 
6. テール部分から少量の毛束を引き出し、ゴムの結び目に巻きつけアメピンで固定します。
毛束がたるまないようにキツめに巻きつける

毛束がたるまないようにキツめに巻きつける


7. 毛先のカール感とトップからのラフなうねり感が華やかで、こなれた雰囲気になります。
トップに自然な高さが出る

トップに自然な高さが出る

 

ストレートのひとつ結びとの比較

ストレートの状態でひとつ結びすると、華やかさが出辛く地味な印象になりがちです。ふわふわのニットやボリュームのある洋服とのバランスも悪くなってしまいます。
ボリューム感がなく、疲れた印象になりやすい

ボリューム感がなく、疲れた印象になりやすい

清潔感は出るが、やや地味な印象

清潔感は出るが、やや地味な印象

 

ひとつ結びの位置による印象の違い

A. 低めひとつ結び
低めの位置で結ぶと落ち着きのある大人な印象になります。
耳の上側がやや隠れるようにすると、おしゃれ度がアップします

耳の上側がやや隠れるようにすると、おしゃれ度がアップします

低めの位置で結んだ状態

低めの位置で結んだ状態


B. 真ん中の高さでひとつ結び
真ん中の位置で結ぶと爽やかでヘルシーな印象になります。
ナチュラルで健康的な雰囲気

ナチュラルで健康的な雰囲気

真ん中の位置で結んだ状態

真ん中の位置で結んだ状態


C. 高めひとつ結び
高めの位置で結ぶと若々しくアクティブな印象になります。
元気で明るい雰囲気

元気で明るい雰囲気

高めの位置で結んだ状態

高めの位置で結んだ状態


D. サイドひとつ結び
サイド寄せで結ぶと甘さが出てフェミニンな印象になります。
女性らしい甘さが出る

女性らしい甘さが出る

サイド寄せで結んだ状態

サイド寄せで結んだ状態

 

ひとつ結びの後れ毛の出し方ポイント

ひとつ結びでこなれ感アップに欠かせないのが、後れ毛です。小顔効果や抜け感が出て今っぽい雰囲気になります。毛先を少しだけ巻いてニュアンスを出すことと、分量を少なめに取ることがポイントです!
耳前の後れはクリームワックスやオイルを根元からつけて、細い束にするのがポイント!

耳前の後れはクリームワックスやオイルを根元からつけて、細い束にするのがポイント!

 
顔周りの後れ毛は分量を少なめにとり、抜け感を出すのがポイント!

顔まわりの後れ毛は分量を少なめにとり、抜け感を出すのがポイント!

 

簡単にできるひとつ結びアレンジ

巻かずにできる!簡単ねじり編みで無造作ひとつ結び
ねじるだけだけの「ロープ編み」で作るひとつ結びアレンジ
ポニーテールの位置や後れ毛、前髪で印象チェンジテク
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。