流行っていてもアラフォーは手を出さないほうがいい冬トレンドとは?

大人女性が取り入れないほうがよい冬トレンドとは?

 

だんだんと気温が下がり、レイヤードファッションを本格的に楽しめる季節がやってきました。オシャレ好きの方にはもってこいの時期ですね。ですが、残念ながら流行っていてもアラフォーは手を出さないほうがいい冬トレンドが存在するんです。

今回は、そんな大人女性が避けるべき、2018-19年 冬トレンドを3つ紹介します。これを反面教師に、おしゃれ見えする冬コーデに身を包んでくださいね!
 

1. 全身ボリューミィな装いは、スタイルアップして見えない

ビッグシルエットに注目が集まる今シーズン、とにかく重ねる、ひたすら盛る、そんなハイパーボリュームの装いがトレンドに君臨しています。異なる素材や柄をコラージュのように組み合わせることで「着たいものを着たいように着る」といった個性を尊重するスタイリングは、多様性にもつながっています。

ですが、大人女性が全身でビッグシルエットを取り入れると、スタイルアップからは程遠くなってしまうので注意して。

トップスにボリューム感のあるニットを持ってきたら、ボトムスはスキニーを合わせたり、逆にボトムスにワイドパンツを取り入れたら、トップスはコンパクトなアイテムを合わせると、スタイルが良く見えておすすめ。大人女性がトレンドを取り入れる際は、匙加減が大事です。
 

2. 面積の広いアニマル柄は、おばちゃん感が出てNG

秋冬のコーデはダークカラーでまとめがちですが、スタイリングに変化を加えられる柄アイテムをコーデに上手に取り入れると、簡単におしゃれ見えが叶います。

この冬は、「パイソン(ヘビ)柄」「レオパード(ヒョウ)柄」といったアニマル柄に熱視線が注がれており、ぜひコーデに取り入れたいところ。ワンピースやトップス、ボトムスなど、ダイナミックにアニマル柄を使ったアイテムが目新しいトレンドに挙がっています。

ですが、大人女性がアニマル柄を面積の広いウエアで取り入れると、どうしてもおばちゃん感が際立ってしまい、あまりおすすめできません。コーデに投入するなら、バッグやシューズといった小物に絞ると、程よくトレンドを取り入れているように映ります。大人の余裕を醸し出すことができて、おしゃれ偏差値が上がるので、ぜひアクセント的に投入して。 
 

3. 80’Sのエネルギッシュな装いは分量が大事

今季は、80年代のエネルギッシュなエッセンスを取り入れることで、パワフルな女性像を表現するアイテムが多数見られます。例えば、スパンコールのキラキラした素材や、バブリーな印象のファー、強い女性像をイメージさせるパワーショルダーなどが、2018-19秋冬コレクションのランウェイに登場しました。バブルファッションは、アラフィフ世代が20代の頃に流行ったものなので、40代~50代以上にとってはちょっと懐かしい印象ですね。

大人女性がそんな80年代ファッションを取り入れる際も、やはり匙加減が大切。全身でキラキラ感を演出したり、ゴージャスな装いをするのはNGです。スパンコールなら、バッグやシューズ、トップスにアクセント的に施されたアイテムを取り入れるのが正解。

また、バブリーなファー素材は、リアルではなくフェイクが今の気分。時代の流れにマッチするスマートさが、80’Sを現代風に取り入れる際に重要なポイントです。


以上、大人女性が避けるべき冬トレンドを3つ紹介しました。これを反面教師に、ぜひ大人の余裕を感じさせる冬コーデに身を包んでくださいね!


▼注目のファッショントレンド記事はこちら
マタニティフォーマルの選び方&冠婚葬祭のコーデ18選
人気が再燃!2018秋冬レギンスのおすすめとコーデ
イヤーカフとは? 特徴とおしゃれなおすすめブランド
秋冬に履きたい!レディースおしゃれスニーカーBEST5
2018年秋冬、無印良品のおすすめ靴下・タイツ14選
GUアウター・コートのおすすめ10選とコーデ8選
GUニット・セーターのおすすめ12選とコーデ3例
コスパ抜群!2018年秋冬のしまむら靴のおすすめ

▼注目のファッションイチオシ記事はこちら
キラリと光るお店探しに!「Stock.Shop」
雨だけでなく汚れも防ぐ!コロニルの防水スプレー
女っぽコーデにも!NIKEの万能スニーカー

▼注目のファッションまとめ記事はこちら
パンプスは黒かベージュ!履きやすく疲れない走れるオフィス靴10選
大容量で軽くて高見え!コスパがいい「通勤トートバッグ」8選
3000円以下で買える! オフィスで使えるキレイめパンプス10選

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。