大人の「愛し方」とは?

大人にしかできない「愛し方」がある

大人にしかできない「愛し方」がある

恋愛がうまくいかない人の中には、「(愛すべき)いい人がいない」なんて思っている人は、少なくありません。でも、もしかしたら、相手ではなく、自分の問題かもしれませんよ?まずは、自分が“愛せる力”を身に付けた方がいいのです。
 
「愛すること」は、言葉で言うほど簡単なことではありません。それは、「人として成熟した、大人でないとできないこと」だと言っても過言ではないからです。ちまたでは、愛を勘違いしている人も少なくありません。単に相手を「好ましく思う」「自分のものにしたいと願う」ことが、愛しているわけではないのです。

では、「人を愛する」というのは、どういうことなのでしょうか?今回は、3つの「大人だからこそできる愛し方」を通して、紹介していきます。
 

愛し方1:相手を見捨てない自分でいること

せっかく恋人ができても、気に入らないところがあると、すぐに別れ、他の人を探す人が少なくありません。人と深く付き合うというのは、「相手の欠点とも付き合っていく」ことです。さらに、交際するにあたり、面倒なこと、大変なことがあっても、それも受け入れる覚悟を持つことも必要です。
 
その思いがなくて、単に「好みのタイプだから」とか「気が合うから」というだけの軽い気持ちで関わっているだけであるなら、そこに愛は存在していません。
 
例えば、結婚を考えていた恋人が無職になったり、不治の病になったり、何かトラブルに巻き込まれたりします。それでも「見捨てられないな」って思えるかどうかは、重要なことです。
 
自分のメリットばかりを考えている人は、そんな恋人を捨てて、「もっと他にいい人がいるのでは?」と考えてしまうこともあるでしょう。もちろん結婚は生活なので、現実的な思考を持つことも必要です。

さらに、人それぞれに、人としての器の大きさの違いはありますし、能力の差もありますし、周りの人たちに「付き合っていたら、不幸になるだけだから別れなよ」なんてアドバイスをもらうこともあるでしょう。
 
それでも、「一緒にいたい」と思える愛情が、自分の内側に湧き出るのかどうか。それこそが、「自分に愛する力があるのか」が問われるものでもあります。
 
それは、相手うんぬんの問題ではないと言えます。自分にとってメリットがある人なら愛せて、そうでないなら愛せないなら、そもそもその人に、愛する力はありません。「自己愛の延長で、自分に都合のいい相手を求めている」だけだからです。
 
もちろん付き合って3カ月以内の浅い関係であれば、何かトラブルが起こったら終わってしまうことも少なくありません。でも、1年以上付き合っている相手に対して、そういった思いを抱けないようでは、ちょっと自分の“薄情さ”にも気付いた方がいいでしょう。
 
自分と相手の調子がいい時に楽しく過ごすことなんて、誰でもできること。でも、なにか問題が起こった時にでも、「大丈夫。傍にいるから!」って言えるかどうかが重要なのです。
 
ただ、先ほど、「人としての器と能力には個人差がある」とお伝えしたように、自分が1人で立てるような状態でないと、恋人と共倒れをしてしまうこともあります。だからこそ、「どんな状況になっても相手を見捨てないほどの愛情」を持てるようになるためには、ある程度、精神的にも経済的にも自立し、1人でも生きていけるくらいの状態であることが必要です。
 
それもあって、本当の意味で「愛すること」、さらに「愛し続けること」は、人として成熟した大人でないとできないことだと言えるのです。愛する力をつけるためにも、まずは自立をすることが必要不可欠なんですよね。
 
次も、大人でないとするのが難しい「愛し方」です。次のページをご覧ください。