超高齢化社会の到来や、各地で増え続ける「空き家」の問題とともに「将来、実家をどうするか」という話題がメディアに登場する機会が増えました。世の中のすべての親、子どもが向き合うべきテーマはとかく深刻に語られがち。でも、これからは人生100年時代。多くの人がロングライフを過ごすからこそ、そのステージとなる実家のあり方にこだわり、前向きに手を加えていくべきではないでしょうか。
 

3階建て住宅が「実家をどうするか」の有力な解決策に

当サイトのテーマである「3階建て住宅」も実家問題解決に役立つ選択肢のひとつです。例えば、実家問題のソリューションとしてポピュラーなのが「二世帯住宅」。

親・子世帯双方にメリットのある3階建て二世帯住宅」で触れているとおり、3階建て住宅は床面積を広くとれるため大人数でも暮らしやすい、フロアが異なることで親・子世帯それぞれのプライバシーを確保しやすくなるといったメリットがあります。

ヘーベルハウスは、何と言っても1975年に初めて二世帯を発表したパイオニア。積み重ねてきたノウハウを集約した二世帯住宅を提案しており、その充実度は実際に暮らしている方々からも伝わってきます。
  • 二世帯同居に満足だったと回答した子世帯…91%
  • 二世帯で育った孫の祖父母との暮らし満足度…90%
  • 介護を経験した子世帯が二世帯で良かったと回答した割合…98%
※旭化成ホームズ調べ「ヘーベルに30年暮らした家族による二世帯住宅の評価と住まい継承の実態」より

二世帯同居が支持される理由は、やはり多彩なメリットが大きな要因。親子同居による安心・充足感、家事・育児の協力、経済的負担を分け合えること、孫の情操教育上も高い効果が期待できる、などが挙げられます。
3階建て住宅で暮らす

わが家の味や、礼儀作法、冠婚葬祭の知識など、さまざまな伝統や習慣を継承しやすいのも二世帯同居の魅力。孫の成長にも好影響といえます。


また、実家の敷地内に子世帯が家を新築する方法、いわば「はなれ二世帯」でも、3階建て住宅は選択肢になり得るでしょう。

親世帯はそのままに親と子それぞれの家が完全に独立します。どちらかが留守でも敷地内に人の気配があることで防犯性向上も期待できます。

このパターンは宅地の「分筆」「分割」などの豊富な専門知識が必要ですが、ヘーベルハウスはこれまでに培ってきた経験とノウハウで各種の制限をクリアしつつ、親子各世帯の快適な住空間づくりをサポートできます。
3階建て住宅で暮らす

 

続いて、親世帯が(将来子世帯も)賃貸併用住宅に建て替えるパターンも考えられます。

これは、自宅に賃貸住宅を加える提案です。家賃収入をローン負担の軽減や老後資金に充当する、子世帯にも賃貸住戸に住んでもらう、独立後は賃貸として貸し出すなど、さまざまなメリットが期待できます。また、将来的に資産として子どもが継承することもできます。

3階建て賃貸併用住宅で得られるメリット」でも書きましたが、このパターンはさまざまな暮らし方が可能です。例えば建築当初は親と子世帯で2~3階に居住、1階を賃貸にする→子世帯に子どもができたら賃貸をやめて、2~3階で子・孫世帯が暮らし、親世帯は1階に移る→親世帯が亡くなったら1階を再び賃貸に回す、といったサイクルも成り立ちます。

でも、賃貸住宅経営なんてできるのだろうか……?と思う方も多いでしょう。そんな不安に対応するのが、グループ会社の旭化成不動産レジデンスによる賃貸住宅の30年一括借上げシステム(※1)。すべての管理・運営を代行し、空室リスクを低減して長期の安定経営をサポートする仕組みも用意されています。
※1 エリア・物件によっては、ご利用いただけない場合があります。賃料・借上げ率は周辺市場動向等を検討し、当社基準にて設定させていただきます。また2年ごとに賃料の見直し(賃料維持を含む)をさせていただきます。
 
3階建て住宅で暮らす

実家のこれからを考える際、3階建て住宅は有効なオプションになり得ます。覚えておいてください。
3階建て住宅で暮らす

自宅部を3階に配置することで、平屋であり、しかも眺望のよい住まいを手に入れることができます。

 

消費税増税の影響を回避するスケジュールを確認しよう

実家問題をどう解決するか。いくつかの選択肢を説明しましたが、いずれを選ぶにせよ、大前提として注意したいのが2019年10月に実施される消費税増税です。

住宅の引き渡し、あるいは請負契約が2019年9月30日までに完了すれば消費税は8%のままで増税の影響を回避することができます。どんな選択にせよ、金額的にはかなり大きな開きが生じるだけに検討は早めに行うほうが良いでしょう。
 
3階建て住宅で暮らす

また、2015年の税制改正によって特に都市圏における相続税の課税対象者が増加していること、実家を空家のまま長期間放置し、行政から勧告された場合には固定資産評価額が最大6倍になるケースがあることも、ぜひ注意しておきたい情報です。
 

建替え成功のためにおさえておきたい7つのステップ

最後に実家の建替え、活用をスムーズに進め、新生活を成功に導くための理想的なプロセスを説明します。

①新居のイメージづくり
現在と将来のニーズを見越した計画が大切です。今の住まいで気に入っているところや不満点をピックアップし、加えて将来の出来事、例えば「二世帯で暮らしたい」「いつかは子どもに引き継ぐ」などのニーズも整理。建替えの目的を明確にしておきましょう。セミナーや実際の実例宅見学会などに参加すると、新居のイメージづくりに役立つ情報を収集できます。
3階建て住宅で暮らす

②資金計画
新居の建築費用だけでなく、解体費用なども確認を。さらに新生活開始後の光熱費や修繕費、売却時の諸費用なども含めたトータルの「ライフサイクルコスト」を意識したいものです。

③依頼先の検討
当然のことですが、建替えられた新居の性能は住まいの快適度、満足度に直結します。会社ごとに異なる性能面(耐震性、耐火性、耐久性、断熱性、遮音性、防犯性、アフターサービスなど)は妥協せず、こだわりをもって選択を。信頼できるベストなパートナーに家づくりを任せたいものです。
3階建て住宅で暮らす

④プランニングの相談・打ち合わせ
住まいの良し悪しを測る重要なバロメーターのひとつ、プランニング(間取り)は綿密な敷地調査から。具体的には、敷地のカタチ、地盤の強さ、隣家を含む周辺の状況、法規制など諸要素の確認が必要です。
それらをふまえて、子育て期、子どもの独立後、リタイア後、孫育期など、変化するライフステージを見据えたプランニングを心がけましょう。
3階建て住宅で暮らす

⑤契約・インテリア、外構プラン詳細決定
予算に合わせてインテリア、外構などプランの詳細を詰めていくプロセス。家の印象を決定づけるだけに、細部までしっかり希望を伝えたいものです。

⑥仮住まい・解体・引っ越し
解体中の仮住まい探しは短期契約となるだけに、すぐに見つからないケースもあります。また、仮住まいへの引っ越し、完成後は新居への引っ越しと2度の引っ越しも必要。いずれも余裕をもって進めましょう。

⑦新生活開始
遂に新居での新しい暮らしがスタート。入居後の品質保証期間やアフターフォローなどのサポート体制は、会社によって違いがあります。その内容が暮らしの質を左右するだけに事前に詳細を確認しておきましょう。

誰にとっても決して他人事ではない「実家問題」。これからは地方だけでなく、都市圏でも真剣に考えなければならない課題です。消費税増税の影響を避けるためにも早めに親子で話し合い、賢い選択をしていただきたいと思います。

<関連サイト>
今から考えたい「実家のこれから」
賃貸併用ヘーベルハウス
消費税増税住宅購入への影響
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。