全館あげてのチョコレートフェア

ANAインターコンチネンタルホテル東京 ルビーチョコレート

ルビーチョコレート

ANAインターコンチネンタルホテル東京では2018年10月1日から12月26日にかけて、全館あげて「チョコレート・センセーション(Chocolate Sensations)」が行われています。世界で話題となっている第4のチョコレートと謳われるルビーチョコレートを中心に、期間中総重量4500キログラムを使って、220種類のチョコレートメニューや商品を提供しているのです。
ANAインターコンチネンタルホテル東京 外観

外観

3階にあるシャンパン・バーでは1日に最大5部にもなる「チョコレート・デザートブッフェ」が行われており、ルビーチョコレートはもちろん、ダークチョコレート、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートを使ったスイーツや、カカオ分が異なるチョコレートの食べ比べを体験できます。

ドリンクも充実しており、コーヒーやカフェラテ、アールグレイやロイヤルミルクティーからシナモンティー、スイートメープルティーなど10種類以上のドリンクがオーダー方式で自由に楽しむことができるのです。

シャンパーニュをテーマとしたバーらしく、追加料金でシャンパーニュのフリーフローも行われており、「マム グラン コルドン ロゼ」を自由に飲めるのが贅沢なところでしょう。

まだ多くの人が食べたことがないルビーチョコレートも自由に食べられるとあって、早速注目の的となっていますが、どのようなチョコレート・デザートブッフェとなっているのでしょうか。
 

カウンターのブッフェ台

ANAインターコンチネンタルホテル東京 カウンターのブッフェ台

カウンターのブッフェ台

  • チョコレートパフェ(フルーツ4種、パールチョコレート4種、クリーム、コーヒーチョコレート)、ソース4種(アングレーズソース、キャラメルソース、ベリーソース、エキゾチックソース)
  • チョコレートロリポップ、ポークリエットのサンドイッチ、ハムとチーズサンドイッチ、チョコレートブラウニー、フォアグラとルビーチョコレートムース、チョコレートマカロン、オペラ、フレンチトースト チョコレートソースがけ
  • チョコレートファウンテン(ワッフル、プチケーキ)、チョコレートロールケーキ、チョコレートエクレア、クラシックショコラ、チョコレートショートケーキ、ラズベリーチョコレートタルト、チキンのフリット カカオ風味、チョコチップとヌテラのパン
  • チョコレートドリンク、フレーバーチョコレート3種(カシューナッツチョコレート、レーズンチョコレート、アプリコットチョコレート)
エントランスを入ってすぐのところに、バーカウンターがあります。バーカウンターがブッフェ台になっており、セイボリーとチョコレートのデザートが置かれています。バックバーが華やかなのでスイーツも美しく映えています。サンドイッチは、カカオが加えられた食パン生地によるロールサンドなど、チョコレートにこだわっています。
 

ルビーチョコレートのブッフェ台、チョコレート食べ比べのブッフェ台

ANAインターコンチネンタルホテル東京 ルビーチョコレートのブッフェ台、チョコレート食べ比べのブッフェ台

ルビーチョコレートのブッフェ台、チョコレート食べ比べのブッフェ台

  • ルビーチョコレート、ルビーチョコレート掛けグリッシーニ、ルビーチョコレートのミニタルト、ルビーチョコレートクリームとラズベリーケーキ、ルビーチョコレートの誘惑、ルビーチョコレートコーンパフ、ルビーチョコレートクッキー、ルビーチョコレートのスコーン、ルビーチョコレートモンブラン、ルビーチョコレートシュークリーム、ルビーチョコレート フィヤンティーヌ、ルビーチョコレートクリームブリオッシュ、ルビーチョコレートマシュマロ、ルビーチョコレートムース
  • チョコレートマシュマロ、カラメルチョコレートマシュマロ、ダークチョコレートトリュフ、ミルクチョコレートトリュフ、ホワイトチョコレートトリュフ
  • ダークチョコレートバーク、ルビーチョコレートバーク、ミルクチョコレートバーク、ホワイトチョコレートバーク、ホットチョコレート
ANAインターコンチネンタルホテル東京 チョコレート食べ比べ

チョコレート食べ比べ

  • エクアトゥール 76% カカオ分、タンザニア 75% カカオ分、サンドマング 70% カカオ分、メキシック 66% カカオ分、エキストラビター 64% カカオ分、ガーナ 40% カカオ分、ミルクチョコレート 38% カカオ分、パプアジィ 35% カカオ分、キャラメルチョコレート 35% カカオ分、ホワイトチョコレート 29% カカオ分
  • ヴェリーヌ シャンティーショコラ、ヴェリーヌ ルビーチョコレートクリーム、ヴェリーヌ チョコレートパンナコッタ、ヴェリーヌ ホワイトチョコレートクリーム、ヴェリーヌ ルビーチョコレートパンナコッタ
円形のブッフェ台にはルビーチョコレートのスイーツが用意されています。奥はチョコレートの食べ比べができるエリアとなっており、その手前にヴェリーヌが入れられた冷蔵ワゴンが設けられています。チョコレートの香りが豊かで、和やか気持ちになるでしょう。
 

マム グラン コルドン ロゼ

ANAインターコンチネンタルホテル東京 マム グラン コルドン ロゼ

マム グラン コルドン ロゼ

料金を追加すれば、フリーフローも楽しむことができます。ピノ・ノワール 60%、シャルドネ 22%、ピノ・ムニエ 18%という配合になっており、フレッシュなイチゴやチェリー、スグリの濃密なフルーツのアロマが感じられます。6グラムのドサージュでドライな口当たりとなっているので、ダークチョコレートやルビーチョコレートを使ったスイーツにぴったりと合うでしょう。
 

フォアグラとルビーチョコレートムース

ANAインターコンチネンタルホテル東京 フォアグラとルビーチョコレートムース

フォアグラとルビーチョコレートムース

ルビーチョコレートの酸味とフォアグラの濃厚さがよいコントラストになっています。最初に食べても、スイーツの合間に食べても、どちらでもおいしく食べられるでしょう。
 

フレンチトースト チョコレートソースがけ

ANAインターコンチネンタルホテル東京 フレンチトースト チョコレートソースがけ

フレンチトースト チョコレートソースがけ

厚みがあるので、しっかりと食べ応えがあります。チョコレートソースが生地に染み込んでおり、とてもおいしくなっています。
 

チョコレートエクレア

 
ANAインターコンチネンタルホテル東京 チョコレートエクレア

チョコレートエクレア

平べったいスタイリッシュなタイプです。チョコレートのコーティングも中のチョコレートクリームもビターで食後感もしつこくありません。
 

チキンのフリット カカオ風味

ANAインターコンチネンタルホテル東京 チキンのフリット カカオ風味

チキンのフリット カカオ風味

チキンのフリットはサクサクとしており、肉感もたっぷり。カカオ風味なので、ビターで香り高く仕上がっています。
 

ルビーチョコレート

ANAインターコンチネンタルホテル東京 ルビーチョコレート

ルビーチョコレート

ベリーのような甘酸っぱさを携えながらも、優しい甘味が共存しています。まさに第4のチョコレートに相応しい新たな食味でしょう。
 

ルビーチョコレート掛けグリッシーニ

ANAインターコンチネンタルホテル東京 ルビーチョコレート掛けグリッシーニ

ルビーチョコレート掛けグリッシーニ

ポップな見た目で、サクサクとしています。手に取ってカジュアルに食べられます。グリッシーニの塩気とルビーチョコレートの甘酸っぱさがちょうどよいバランスです。
 

ルビーチョコレートのミニタルト

ANAインターコンチネンタルホテル東京 ルビーチョコレートのミニタルト

ルビーチョコレートのミニタルト

パールチョコレートがたっぷりトッピングされており、軽快な食感。一口サイズなので、気軽に食べられます。
 

ルビーチョコレートクリームとラズベリーケーキ

ANAインターコンチネンタルホテル東京 ルビーチョコレートクリームとラズベリーケーキ

ルビーチョコレートクリームとラズベリーケーキ

ブリオッシュ生地は弾力があり、ラズベリー風味なのでほのかな酸味が感じられます。ルビーチョコレートクリームの味わいとよく合うでしょう。
 

ルビーチョコレートの誘惑

ANAインターコンチネンタルホテル東京 ルビーチョコレートの誘惑

ルビーチョコレートの誘惑

魅惑的な唇の形をしているので、ドキリとさせられます。ルビーチョコレートの初々しい甘酸っぱさが感じられる、見た目も味わいも印象に残る一品です。

■シャンパン・バー
住所:東京都港区赤坂1-12-33 ANAインターコンチネンタルホテル東京 3F
TEL:03-3505-1111
実施時間:11:30~13:00、13:30~15:00、15:30~17:00、17:30~19:00、19:30~21:00
※日曜のみ4部までの営業。ただし10月7日(日)は5部制、 10月8日(月祝)は4部制、 11月23日(金祝)は5部制
制限時間:90分
値段:平日 5600円、土日祝 6200円 ※税・サ別
フリーフロープラン "Elizabeth エリザベス"
チョコレートブッフェ+シャンパン(メゾンマム ロゼ)90分のフリーフロー
17:30~19:00、19:30~21:00(ラストオーダーは終了時間30分前)
平日 11000円、土日祝 12000円 ※税・サ別

アクセス:「溜池山王駅」13番出口より徒歩1分、「六本木一丁目駅」3番出口より徒歩2分
地図:Yahoo!地図情報
URL:http://www.anaintercontinental-tokyo.jp/

※データは記事公開時点での内容です
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。