2006年、デューク大学の研究(1)が、面白い発見をしました。David T. Nealらによると、「人生の45%は習慣によってできている」のだとか。

 
悪い習慣を断つためには、どんな方法が有効?

悪い習慣を断つためには、どんな方法が有効?



 
この発見は世界に波紋を与え、「人生の45%が習慣だというのなら、どうすれば習慣を身につけられるのだろう?」「悪い習慣を断つためには、どんな方法が有効なのだろう?」といた議論が、さまざまな場で繰り広げられてきました。この研究からも分かるとおり、ぼくらの人生は、「習慣の積み重ね」でできています。
 
「人生は一直線に進んでいくものだ」と考えている方をたまに見かけますが、ぼくは、この考え方は、すこし違うと思います。デューク大学の研究からも分かるとおり、人生は、習慣の積み重ねです。だから、人生は、「一直線に進むもの」というよりは、「同じこと繰り返しながら、徐々に回転していく、らせん階段のようなもの」という解釈が正しいのではないでしょうか?
 

「循環思考」が、貯金を増やしてくれる 

この「人生は習慣の積み重ねだ」「人生は同じことの繰り返しだ」という考え方を、「循環思考」「スパイラル思考」と言います。この思考を身につけることは、人生計画を練る上でも大切です。
 
特に、「たくさん貯金をしたい!」と考えている方は、今すぐにでも循環思考を生活に取り入れましょう。「人生は習慣の積み重ねだ」「今日やったことは、明日もやる」「毎日は同じことの繰り返しだ」ということを、骨身に叩き込むのです。
 
どうしてこんなに「循環思考」を推奨するのかというと、「循環思考を取り入れたことで、貯金が増えた!」という研究(2)があるからです。研究を手がけたLeona Tamらによると、循環思考を取り入れたグループは、平均と比べて78%も多くのお金を貯金するようになったのだとか。
 
きっと、「人生は同じことの繰り返しだ!」ということを認識することで、「悪い習慣は早く断とう!」「良い習慣を早く身につけなきゃ!」という意識になったのでしょうね。
 

まとめ 

それにしても、「人生の45%は習慣だ」という研究結果には、驚きました。言われてみれば「たしかにそうかも」と思います。でも、言われるまで全く気にしてきませんでした。
 
人生は、習慣の積み重ねです。「明日は明日の風が吹く」のではなく、「明日は今日の繰り返し」です。こうやって言われてみると、「自分の習慣を見直さなきゃな…」という気分になってきますよね。この話を聞いてから、ぼく自身も、自分の習慣を見直すようになりました。
 
良い習慣は、ぼくらにとっては素晴らしい財産です。あなたが循環思考を取り入れ、良い習慣を身に着け、そして豊かな生活を手に入れてくれたら、こんなに嬉しいことはありません。ぜひ、実生活に取り入れてみてくださいね。

【関連記事をチェック!】
お金嫌いこそ知るべき!貧困のデメリット4つ
貯金できない人が陥りがちな4つのペナルティ
お金が貯まる人は、貯まらない人と使う言葉が違う?
「幸福感が低いとお金が貯まらない」という残酷な現実
 
●参考文献
 
  1. 論文:David T. Neal, Wendy Wood, and Deffrey M. Quinn, 2006, “Habits -- A repeat performance”, Current Directions in Psychological Science, 15(4), pp. 198-202
  2. 論文:Leona Tam and Utpal Dholakia, 2013, Saving in Cycles: How to Get People to Save More Money”, Psychological Science, 25(2), pp. 531-537
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。