メモリの取りつけ方は、製品パッケージでも解説されている(アイ・オー・データ製品の場合)

ほかのギャラリーを見る