出産予定日は、いつ、どのように確定するのでしょう?最終月経初日、排卵日、受精日、胎児心拍確認などの妊娠初期イベントや、胎児の「頭殿長(CRL)」から計算する、出産予定日確定の流れを解説します。
 
出産予定日(分娩予定日)とは
妊娠初期イベント
頭殿長(CRL)で出産予定日を計算する方法
出産予定日はいつどのように確定する?
妊婦健診の初回受診
 

出産予定日(分娩予定日)とは

古代ギリシャの医師ヒポクラテスが、「人間の平均妊娠持続期間は40週(280日)である」と記録していますが、現在の出産予定日の定義も、「最終月経初日に280日(40週0日)を加えた日を出産予定日とする。月経周期が28日を大きく外れている場合には、そのずれた日数を修正する」となっています。
出産予定日

出産予定日と週数別分娩数比率(1997年~2001年)


このグラフは、妊娠42週まで積極的な分娩誘発を行わなかった場合の、週数別分娩数比率です(1997年~2001年)。出産予定日を中心に、妊娠37週0日~41週6日の正期産が93%、妊娠22週0日~37週0日未満の早産が4%、妊娠42週0日以降の過期産が3%となっています。

妊娠週数を基準にして、流産・早産予防、赤ちゃんが小さい・大きいの判断や、分娩誘発が行われます。そのため出産予定日が不正確であれば、正しい判断はできないので、できるだけ正確な予定日を決める必要があります。

ちなみに、現在は妊娠41週の内に分娩誘発を行うことが多く、42週以降の過期産はもっと少なくなっています。

 

妊娠初期のイベント
最終月経初日、排卵日、受精日、妊娠反応、胎嚢確認、胎児心拍確認

下記は、月経周期が28日型の方の妊娠経過です。
最終月経

最終月経と分娩予定日

 
  • 最終月経初日を0日として、満で数えて280日目が出産予定日。妊娠週数は満、妊娠月は数えで表す。例えば、妊娠2ヶ月は妊娠28~55日目、妊娠4週0日~妊娠7週6日。
  • 排卵日は、14日目。
  • 受精日 排卵日が受精日。精子は子宮内で5日以上生きており、性交した日とは限らない。
  • 予定月経日 もし妊娠していなかったら、月経が始まっていた日
  • 妊娠反応陽性 妊娠していれば、予定月経日頃に妊娠検査薬は陽性になる。
  • 胎嚢確認 妊娠4週末以降に子宮の中に見える袋。
  • 胎児心拍確認 妊娠6週0日頃から心臓の拍動が確認できる。
  • 頭殿長(CRL) 胎児の頭部および殿部の最先端を結ぶ直線距離。CRLが13mmは8週0日43mmは11週3日に相当し、この間のCRLが予定日を決めるのに適しています。
 

頭殿長(CRL)13mm~43mmの間で出産予定日を計算

 
頭殿長(CRL)超音波写真(妊娠初期)

【頭殿長(CRL)超音波写真】CRL23.0mm  妊娠9週2日相当(妊娠66日目、妊娠3ヶ月)出産予定日は214日後


妊娠反応が陽性、胎嚢を確認できても、約15%の人は流産になります。妊娠8週、CRL13mmになれば、流産の可能性は約2%に減ります。

妊娠初期の胎児は生命の歴史をたどるとされています。CRL13mmは生命が海から上陸した時期に相当しており、魚のような鰓(えら)や尾のある頃が終わり、哺乳類の心臓、肺や手足の元ができ始めます。
妊娠初期の頭殿長(CRL)の成長の様子

妊娠初期の頭殿長(CRL)13mmまでは、地球上の生命の歴史をたどる(進化発生学)


CRLが43mmを越えると、胎児自身が丸くなったり、背伸びをしたりするので、長さが正確に測れなくなります。出産予定日は、流産の可能性が減り、計測誤差の少ないCRL13~43mmの間で標準値から妊娠週数を判断し、計算します。

 

出産予定日はいつ言われる?どのように確定?

  • 月経が順調で最終月経が正確に分かっている場合……
    最終月経初日から280日目が予定日
  • 月経が不順な人、最終月経が不明な場合……
    CRLが13~43mmで診察し、妊娠週数を判断して、予定日を計算する
  • 排卵日・受精日が推定できる場合……
    基礎体温、人工授精、体外受精、胚移植などの情報で推定される受精日から266日目を予定日とする
いずれの場合も、CRL13~CRL43mm(8週0日~11週3日)の間で診察し、妊娠週数と一致するかを確認します。もし、5日以上ずれている場合には、予定日を修正することもあります。どの程度のずれで予定日を変更するかは、施設や先生によって異なります。

 

妊婦健診の初回受診はいつが良い?内容は?

初回の妊婦健診受診で妊娠を確認し、次の健診で、妊娠初期検査、妊娠週数の確認、出産予定日の決定を行います。つまり、妊娠反応が陽性に出てから妊娠11週までの間に、最低2回の受診が必要です。

■最終月経が確かで、月経周期が順調な方
月経が遅れて2週目頃の初回受診がお勧めです。心配な方は、いち早く受診しても悪くはありませんが、早すぎると診断がはっきりしないこともあります。

■最終月経が不明、月経周期が不順な方
妊娠反応が陽性に出たら、2週間以内で早めに受診してください。もし、2ヶ月以上遅れている場合には、出産予定日が不正確になることもあります。  

■出産を考えている施設が分娩を制限している場合
分娩制限のある施設では、出産予定日の決定、妊娠初期検査は、自施設で行うと決めているところも少なくありません。他院での不正確な予定日決定や、検査項目の不備により苦労されたからだと思いますので、その方針は理解できます。責任を持って出産を担当するためですから、その施設の指示に従って早めに受診しましょう。最近、大阪でも妊娠8週頃までに初回受診しないと分娩予約が取れない周産期センターがあります。

■不妊症専門施設で治療を受けておられた方
不妊治療で妊娠された方は、治療内容にもよりますが、かなり正確に出産予定日が決定されています。妊娠反応が陽性に出て、自己判断で産科施設を受診するのではなく、まず、不妊治療を受けていた施設を受診し、産科施設への紹介状を持って初回受診して下さい。


出産事情は地域差があり、都会では分娩を制限している病院も増えています。妊娠反応が陽性に出たら、まず、地域の情報を手に入れましょう。
現在、その施設が提供・発信している情報を確認します。ネット情報の中には古いものもあります。里帰りを考える人は、里帰り先の事情も確認してください。実家の母親の経験や、友人の過去の情報は役に立たないこともあります。

 

関連記事

出産予定日の計算方法(ネーゲレの概算法)
「十月十日」妊娠週数の数え方
出産予定日に生まれる確率は?
出産予定日を計算するには
出産予定日早見表 最終月経日・排卵日・行為日も逆算
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。