作品への思い入れを語る松島勇気さん。(C)Marino Matsushima

ほかのギャラリーを見る