男と女の友情は成立する?

男友達と過ごす時間は、女友達とは違う面白さがある!

男友達と過ごす時間は、女友達とは違う面白さがある!


「男と女の友情は成立するのか?」というのは、永遠のテーマではありますが、上手に付き合える異性の友達がいると、人生は楽しくなるものです。
今回は、「異性の友達がいることの楽しさ」と「友達でいられるための秘訣」を紹介します。
 
 

異性の友達がいることの楽しさ

異性の友達と過ごす時間は、「同性の友達とは違う面白さ」があるものです。人と人との組み合わせによって、その楽しさは変わってきますが、男友達を持つ多くの女性が感じている面白さは、下記と言えるでしょう。
 
(1)男としての意見が聞けるので、参考になる。
(2)友達とはいえ、若干でも“女性扱い”をしてもらえるので、「女性であること」を実感できる喜びがある。

 1つずつ、紹介していきます。

(1)男としての意見が聞けるので、参考になる。
やはり男性と女性では、考え方や価値観に違いがあることも多いもの。幼いころから、男の子と女の子では教わることが違うことも多いですし、シンプルに体の構造が違うから、それに伴う思想が変わってくるところもあるでしょう。
つまり、男性の気持ちを女性が“自分のものさし”を持って考えたところで分からないことが多々あるのです(逆も、然り)。
だからこそ、男としての意見を率直に教えてくれる友達は、自分の思想の幅を広げるために重要な存在となります。これが恋人となると、「さすがにここまでは、女性に男の本音は言えない」ということも出てきます。でも、友達なら言ってくれるところもありますしね。
 
(2)“女性扱い”をしてもらえるので、「女性であること」を実感できる喜びがある。
相手が男性だからこそ、“女性扱い”をしてもらえることも多いもの。なんだかんだ言って、「自分が女性であることを実感できる」ことは、女性にとって幸せの瞬間でもあります。
 
「それでは、“男女の友情”と言えないのではないか?」なんて思う人もいるかもしれませんが、相手が異性なのに、同性と同じように付き合うのは、逆に不自然なことです。性別が違うことを意識し過ぎると、逆に「同性と同じようにしよう」なんて考えがちですが、そんなことは所詮、ムリなことなのです。
性別に限らず、年齢が違っても、相手への応対が変わってくるのは当然のこと。性別の違いばかりにこだわっても仕方がありません。逆にその違いも楽しめるくらいでないと、男女の友情を維持するのは難しいと言えるでしょう。
 
異性の友達を持つと、楽しいことがあるのだとしても、現実的には「男女の友情を維持する」のは難しいところもあります。異性と「友達でいられるための秘訣」とは何でしょうか?次のページで紹介します。