成行注文とは?意味や指値注文との違いを解説

<INDEX>
そもそも成行注文とは何なのか?
指値注文との違いは?
成行注文のメリットとデメリット
 

そもそも成行注文とは何なのか?

成行注文とは売買する株価を指定しないで注文を出す注文方法です。成行注文のメリットは注文さえ出せばすぐに売買が成立する点です。一方、デメリットは予想外の株価で約定してしまうリスクです。有効な注文方法なので注意点を踏まえつつ活用しましょう。

成行注文とは売買する株価を指定しないで注文を出す方法です。有効な注文方法なのでメリットデメリットを踏まえつつ活用しましょう

成行注文(なりゆきちゅうもん)とは株式取引の発注方法の1つです。株価を指定しない注文方法で、「成行で100株の買い」「成行で200株の売り」といった使い方をします。成行の場合はその時注文に出ている最良価格の注文(買いの場合は最も安い売り注文、売りの場合は最も高い買い注文)に即座にぶつけられて売買が成立します。

たとえば、その時に最も低い売り注文が1000円で100株、その次が1010円で200株と出ている時に200株の成行買い注文を出したとすると、即座に1000円の100株の売り注文と1010円の200株のうち100株に成行買い注文がぶつけられ売買が成立します。

【成行注文とは】
・株価を指定しないで売り買いを注文すること
・注文時に出ている最良価格で売買が成立する

 

成行注文と指値注文との違いは?

株式の発注方法には成行注文の他にもう1つあります。それが、指値注文(さしねちゅうもん)です。指値注文とは株価を指定しないで注文する成行注文と異なり、売買する株価を指定して注文を出す注文方法です。たとえば「2000円の指値で100株買い」、「1500円の指値で200株の売り」といった使い方をします。

成行注文が即座に、現在出ている反対の注文にぶつけられて売買が成立するのに対し、指値注文は、買い注文の場合は指値をした株価以下の売り注文、売り注文の場合は指値をした株価以上の買い注文が出てこなければ売買が成立しません。
たとえば、現在の株価が1000円で、最も低い売り注文が1010円で100株あるときに1000円の指値で100株の買い注文を出してもすぐに売買は成立しません。その後に1000円以下の売り注文か1010円以上の買い注文が出ないうちに成行注文が出てきて初めて売買が成立します。このため、指値注文は成行注文に比べると消極的な注文方法と言えるでしょう。

【指値注文とは】
・売買する株価を指定して注文する
・指定した株価での注文が出るまで売買できない

なお、指値注文については『指値注文・逆指値注文とは?その意味や使い方を解説!』で詳しく解説しています。
 

成行注文のメリットとデメリット

指値注文を消極的な注文方法とすると、成行注文は積極的な注文方法といえるでしょう。売買を急いで成立させたい場合や絶対に成立させたい場合に利用します。

成行注文のメリットは注文さえ出せばすぐに売買が成立する点です。たとえば、何か悪い材料が発表された場合にいち早く売却したい場合や、逆に良い材料が発表されてまずは少しだけすぐに購入して様子を見たい場合などに利用出来ます。

一方、デメリットは何かというと、予想外の株価で約定してしまうリスクです。特に近頃は人工知能を利用した自動売買でミリ秒単位の高速売買が行われていますので、売り注文にぶつけるつもりで成行買いを入れようと思って注文したとしても、その前に大量の成行買いが入って一瞬で株価が上昇してしまい、予想外の高値で成行買い注文が約定してしまう可能性があります。

【成行注文のメリット】
・注文を出せばすぐ売買が成立する
・良い材料、悪い材料への対応がすぐできる


【成行注文のデメリット】
・予想外の株価で売買してしまうリスクがある
・AIによる高速売買などに対応しづらい


このように成り行き注文にはメリットもデメリットもあるわけですが、きちんとその内容を理解して活用すれば有効な注文方法ですので、注意点を踏まえつつ活用するようにしましょう。

参考:日本株通信

※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、資産運用、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。