クライミング由来の機能性で衰え知らずの人気!

出典:ZOZOTOWN

出典:ZOZOTOWN


「グラミチ」のパンツは人気が高止まり。定番アイテムとして揺るぎないポジションをキープしています。そもそも「グラミチ」とは、1982年にロッククライマーの聖地、ヨセミテで誕生したブランド。当時のクライミングウェアにはなかった画期的ディテールを開発してパンツに採用することで人気を集めました。

動きやすくて快適な穿き心地はタウンユースでも重宝。独自のベルトを垂らすスタイルは、最近人気のガチャベルトを使った着こなしにも通じるところがあり、秋以降も注目度は高まるばかりです。
 

片手で簡単にサイズ調整できる“ウェビングベルト”

ウェビングベルト

片手で簡単に調節できるグラミチのアイコン「ウェビングベルト」【出典:ZOZOTOWN】

「グラミチ」が独自に開発し、今ではブランド越えた定番となっている革新的なディテールは主に2つ。その1つが“ウェビングベルト”です。ワンタッチで容易に着脱でき、バンドの剣先を横に引っ張るだけで片手でも簡単にもサイズの調節ができます。ちなみに、バックルやベルトの先などに鎮座するアイコンは“ランニングマン”。
 

180度の開脚も可能にする“ガゼットクロッチ”

ガゼットクロッチ

ガゼットクロッチが快適な股の可動域を担保する【出典:ZOZOTOWN】

股の部分に設けたマチが“ガゼットクロッチ”。股の可動域を確保することで、突っ張ることなく脚を180度くらいまでひろげることを可能にしました。こうしたディテールがもたらす機能性が現在の人気も支えています。
 

夏の必需品!グラミチの定番ショーツ3種類

機能的な「グラミチ」のショートパンツはもはや夏の必需品と言っていいほどの大人気。別注品などを含めるといろいろなバリエーションが登場していますが、ここではベースとなっている3タイプを紹介します。
 

「グラミチ」Gショーツ

「GRAMICCI」G-SHORTS。出典:ZOZOTOWN

「GRAMICCI」G-SHORTS。出典:ZOZOTOWN

正式名称は“グラミチショーツ”。ブランドを代表する存在であり、定番モデルのなかではワイドなシルエットを採用しているため、もっともリラックスできる穿き心地です。今年からはバックポケットの2つに増やし、ヒップ周りに余裕を与えて快適性を高めています。定番だからこその豊富なカラーバリエーションも大きな魅力。
 

「グラミチ」STショーツ

「GRAMICCI」ST-SHORTS。出典:ZOZOTOWN

「GRAMICCI」ST-SHORTS。出典:ZOZOTOWN

中間的なシルエットで今年デューした新モデルです。正式名称の“スタンダードショーツ”というネーミングからして、今後の定番となることは確実。長めのレングスも汎用性が高いので、「グラミチ」ならではの機能性を実際に試してみたい人は、このSTショーツから愛用してみるのがオススメです。
 

「グラミチ」NNショーツ

「GRAMICCI」NN-SHORTS。出典:ZOZOTOWN

「GRAMICCI」NN-SHORTS。出典:ZOZOTOWN

正式名称は“ニューナローショーツ”。その名の通り、もっとも細身の定番モデルです。モダンでスタイリッシュなシルエットで「グラミチ」の人気を押し上げた象徴的アイテムでもあります。都会的なショーツが欲しい人にはイチ押し!
 

3シーズン活躍するグラミチの定番ロングパンツ2種類

ロング丈のパンツも基本的にはショーツと同様のネーミング&シルエット。ここでは、別注アイテムのベースになることも多い定番の2タイプをピックアップして解説します。フルレングスのパンツも人気が高いのは、快適な機能性に加えて美しいシルエットも大きな理由です。
 

「グラミチ」Gパンツ

「GRAMICCI」G-PANTS。出典:ZOZOTOWN

「GRAMICCI」G-PANTS。出典:ZOZOTOWN

定番シルエットのクライミングパンツ。正式名称は当然“グラミチパンツ”です。2018年から仕様をアップデート。フロントを前開きにしつつヒップ周りにゆとりを確保して穿きやすくしています。また、ヒップポケットを2つに増やして利便性もアップ。素材は耐久性の高いコットン100%のツイル生地です。
 

「グラミチ」NNパンツ

「GRAMICCI」NN-PANTS。出典:ZOZOTOWN

「GRAMICCI」NN-PANTS。出典:ZOZOTOWN

2013年に登場して人気を集めたナローパンツ。その股上とヒップ周りをさらにスッキリさせたシルエットなので“ニューナローパンツ”となっています。もはやクライミングパンツとは思えないほどのスリムなシルエットが美麗。スタイリッシュでタウンユースに最適です。動きやすさを確保するためにストレッチ生地を採用。

ロングパンツは2種類のシルエットが定番ですが、“JUST CUT(ジャストカット)”というレングスをアレンジしたタイプも今年からスタート。アンクル丈くらいの長さで裾にクッションが入らず、スッキリとした足元が演出できます。
 

これから狙うべきグラミチ別注パンツ5種類

人気の高い「グラミチ」は、別注の依頼も殺到。実際に多くのコラボアイテムが誕生しています。今回はその中から、大人がこの秋に穿き回すべき5本を選りすぐって紹介します。
 

「グラミチ」×「アーバンリサーチ ロッソメン」別注ポンチトラックパンツ

「GRAMICCI」×「URBAN RESEARCH ROSSO MEN」別注ポンチトラックパンツ。出典:ZOZOTOWN

「GRAMICCI」×「URBAN RESEARCH ROSSO MEN」別注ポンチトラックパンツ。出典:ZOZOTOWN

NNパンツをさらに細身にアレンジした“TIGHT FIT(タイトフィット)”のシルエットを採用。ストレッチ性に優れるポンチ素材に置き換えて、上品にアレンジしています。しかもセンタークリースを言えれたトラック風のデザインがスラックスのような表情も感じさせ、幅広いスタイルに対応する逸品に仕上がっています。
 

「グラミチ」×「ナノ・ユニバース」別注ナローパンツ

「GRAMICCI」×「nano・universe」別注NARROW PANTS。出典:ZOZOTOWN

「GRAMICCI」×「nano・universe」別注NARROW PANTS。出典:ZOZOTOWN

定番パンツの良さを残しながら「ナノ・ユニバース」らしいスリムなシルエットにモディファイ。都会的なコーディネート作りに有用なパンツに仕上がっています。かなり細身ですが、ストレッチ生地を使用することで快適性や動きやすさを確保。
 

「グラミチ」×「ジャーナルスタンダード」別注ワイドコード ニュー1P

「GRAMICCI」×「JOURNAL STANDARD」別注ワイドコード NEW 1P。出典:ZOZOTOWN

「GRAMICCI」×「JOURNAL STANDARD」別注ワイドコード NEW 1P。出典:ZOZOTOWN

太畝のコーデュロイ生地で秋らしい温かみを演出した別注パンツ。ベルトの先のロゴを目立たない色味に設定し、ワンタック仕様にすることでアウトドアテイストを抑えて大人なニュアンスに仕上げています。テーパードを効かせたシルエットで快適性と品の良さを両立し、大人なコーディネートにマッチ。
 

「グラミチ」×「フリークスストア」別注フリースパンツ

「GRAMICCI」×「FREAK’S STORE」別注FLEECE PANTS。出典:ZOZOTOWN

「GRAMICCI」×「FREAK’S STORE」別注FLEECE PANTS。出典:ZOZOTOWN

裏起毛のフリース素材でアレンジした1本。表面を起毛していない生地感に加え、スリムなシルエットも上品でスッキリしたイメージを打ち出しています。保温性が高いのに軽量なので、秋冬シーズンに重宝。スウェットパンツよりも上品なカジュアルパンツとして活躍してくれます。
 

「グラミチ」×「チャリアンドコー」×「ビームス」別注サイクルパンツ①

「GRAMICCI」×「CHARI&CO」×「BEAMS」。別注サイクルパンツ①。出典:ZOZOTOWN

「GRAMICCI」×「CHARI&CO」×「BEAMS」。別注サイクルパンツ①。出典:ZOZOTOWN

“チャリンコ”とも発音できるユニークなブランド名が印象的な「チャリ&コー」の0周年を記念して生まれたアニバーサリーモデル。自転車に乗った際に引っ掛かりにくいスリムなシルエットを起用しつつ、ストレッチ生地を用いて動きやすさも考慮しています。また、撥水性が高いので悪天候にも対応。裾のリブ仕様がスポーティなイメージを打ち出してくれます。実は“ランニングマン”も自転車(チャリンコ)に乗っているスペシャル仕様。

【関連記事】
通年使える「水陸両用」ショートパンツのおすすめ6選
2018メンズのシャワーサンダル注目の12選!新作ズラリ!
人気のブランドから見つける!サコッシュのメンズおすすめ13選
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。