お客様の多くが共働き家庭

 
三井ホーム社員が語る、いまどき共働き家族の家づくり事情

自身も共働きという5人の社員たちに話を聞きました


実際に多くのお客様と接している中での実感として、共働きのご家庭は本当に多く、また年々増えてきているそうです

「営業の仕事をしていて、最近共働きのご家庭は本当に多いなと感じます。私が担当させていただいているお客様のうち、8割くらいが共働きのご家庭です」(横浜北支店 永井さん)

「私が担当させていただいているお客様も、5組中4組が共働き前提で家づくりを進めています」(東京南支店 松田さん)

また、奥様の育休・産休中に、職場に復帰して共働きになる前提で家づくりを進められる方も少なくないとのこと。そんなご家族には、どんなアドバイスをするのでしょうか。

 
共働き家族の家づくり

 

「共働きのご夫婦って、ご自身が思っているよりもコスト的にはゆとりがあるんです。そこで、お子様が何歳の時には教育費がいくら必要か、奥様は何歳まで仕事を続けられるかなど、ライフイベントも想定しながらかなり細かなシミュレーションを行うことで、ローンに関する不安や疑問を解消できるようにしています」(営業推進部 中村さん)

コストや時間が削減できるのではないかと建売を検討された後で、三井ホームへいらっしゃるお客様も多いとのこと。建売の物件をたくさん見てみたものの、どうしても設備や見た目などに満足できず結果的にオーダーメイドを選ばれるそうです。
 

「家事をラクに!」は全員一致

共働き家族の家づくり

 

そんな共働きのご家庭に多いのが、「家事」に関するご希望とのこと。

「やはりご要望として多いのは、『家事に時間がかからないようにしたい』という声ですよね。掃除をラクにしたい、何でもしまえる収納がほしい、子供が散らかしてもいい空間をつくりたい、あとは室内干しがマストですね」(営業推進部 中村さん)

共働きのご家庭には必ずと言っていいほど「室内干し」をご提案しているそうです。さらにこんな声も。

「平日は室内干しで、土日は外に干したいというお客様が多いんです。なので、室内干しと合わせてバルコニーや屋上のゆとりある空間づくりもご提案するようにしています」(東京南支店 松田さん)

 
共働き家族の家づくり

 

その他に気にされる方が多いのは「ゴミ」のストック場所。サービスバルコニーに一時ストック場所を設けたり、室内に置き場をつくるなど、お客様のご要望を伺いながらご提案しているそうです。

「ゴミの保管場所は、お住まいになってから『作っておいて良かった』と喜んでいただけますね。他にはパントリーなど、食品や日用品のストック場所もニーズがあります。休日にまとめ買いをされる方も多いので。最近はロボット掃除機を使われているご家庭も増えていて、掃除機が迷わずに戻れるような場所に基地を作ってあげるご提案をすることもあります」(三井ホームデザイン研究所 中守さん)
 
三井ホーム社員が語る、いまどき共働き家族の家づくり事情

共働きで大変なこと上位3位(三井ホーム社内アンケート 回答件数:1284)

食事の準備や洗濯・掃除といった家事を「大変だ」と感じている共働きの家庭は多く、その負担を軽減することが、家づくりに求められているといえそうです。
 

家族と繋がるオープン空間は大前提 

共働き家族の家づくり

 

では、間取りや空間の使い方については、どのような特徴があるのでしょうか。

「“LDKは広く・オープンに繋がる間取り”というのはもはや大前提ですよね。その上で、可変性があること。将来の家族構成の変化を見据えて間取りを考えることが大切です」(営業推進部 中村さん)

たとえば「この先子供が増えるかはわからないけれど、子供部屋は用意しておくべきか……」と悩まれるお客様も少なくないため、収納部屋としても活用できるなど子供部屋以外での使用も想定したり、可変性のある間取りをご提案することがあるそうです。

また、せっかくオーダーメイドでお家を建てるのに、ただの箱になってしまってはもったいない。そんな思いから、ご家族の時間を楽しんでいただくための、プラスアルファの空間や演出もご提案することがあるのだそう。

 
共働き家族の家づくり

 

「お子様の絵や工作を飾る『ファミリーギャラリー』をご提案させていただくことがあるのですが、とても好評です。わざわざ何か用意する手間もなく、暮らしに彩りが添えられるんです」(三井ホームデザイン研究所 中守さん)

このほか、「タイルデッキ」をご提案するという意見も。

「リビング、ダイニングと外をつなぐ空間として、新たな家族の時間が生まれるんです。例えば、夏にはお子様のプールを置いて水遊びをしたり。初めはウッドデッキを希望される方が多いですが、タイルデッキをご紹介すると、最終的にはメンテナンス性も考慮されてタイルデッキを選ばれますね」(営業推進部 中村さん)
 
三井ホーム社員が語る、いまどき共働き家族の家づくり事情

今から家づくりをするとしたら、一番重視すること(三井ホーム社内アンケート 回答件数:1269)

多くの方が重視する「間取りや導線」について独自のご提案をすることで、より家族の時間が豊かになる住まいを実現しているんですね。
 

三井ホームだから叶う暮らし

最後に、三井ホームならではの話題を聞いてみました。

「ウォークインクローゼットに関するご要望は多いんですが、ほとんどの場合カスタマイズをご提案しています。各ご家庭によって収納したいお荷物の種類もボリュームも違いますから。」(横浜支店 福元さん)

 
共働き家族の家づくり

 

住んでから考えようと思っていても、実際にはなかなか手がつけられない部分だからこそ、事前にしっかりと現状を把握して、全てがしっかりと収まるようプランニングしておくことが大切なのだそう。

また、必ずご提案しているものもあるのだとか。

「三井ホームならではといえば、全館空調があります。採用されたお客様には必ず喜んでいただけますよ。我が家も全館空調を入れていますが、冬場に子供とお風呂に入る時なんかも、脱衣所が寒くないのでゆっくり着替えられたり。ちょっとした時間も快適に過ごせるのはうれしいですね。うちの場合は電気代も抑えられています」(東京南支店 松田さん)
三井ホーム社員が語る、いまどき共働き家族の家づくり事情

 

特に共働きのご家庭は忙しく、家族で家にいられる時間が貴重だからこそ、ドアを開けた瞬間から快適でいて欲しいという思いも込められているのだそうです。

この他にも、共働きご夫婦の暮らしをより快適に・豊かにするアイデア&プランはたくさんある様子。共働きの立場から対応できるスタッフと、家づくりのプロセスにも満足できる住まいをつくりあげることが、いまどき共働き家族の家づくりと言えるのかもしれません。

三井ホームではいまどき夫婦を熟知した社員が全国で活躍中!
気軽に毎日のお悩みをご相談ください!

お近くのモデルハウス

<関連サイト>
いまどき家づくり事情
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。