家づくりをするときに、自分たちらしい家を建てたいけど何をどうすればよいか分からない……という声をよく聞きます。そこで今回、豊富な写真や希望のライフスタイルから“自分の好み”を見つけられる『Design Style(デザインスタイル)』の担当者に、開発の理由やお客様への思いを伺いました。
 

家づくりの悩みは「何から始めればいいのか分からない」

(写真右)株式会社LIXIL デザインセンター チーフデザイナー 小野佐貴子さん。(写真左)株式会社LIXIL マーケティングコミュニケーション部 篠坂あけみさん。

(写真右)株式会社LIXIL デザインセンター 小野佐貴子さん。(写真左)株式会社LIXIL マーケティングコミュニケーション部 篠坂あけみさん。

小野さん:家づくりを決めた方からよく聞くお悩みは、自分らしい住まいをつくりたいけど、何から始めればよいのか分からないということです。家は大きな買い物なので、一生に1~2回しか経験できないためでしょうか。

篠坂さん:洋服は子どもの頃から自分で選んでいるので、トライアンドエラーを繰り返すことで“自分の好み”を見つけられます。でも、家の場合、選ぶという経験が少ないので、何を基準にすればよいか分からないのかもしれません。

また、インパクトのある椅子が好きだけど、空間全体をその雰囲気でまとめていいのか、それを引き立てるコーディネートの方がよいのか、迷ってしまうという声もあるようです。
 
ガイド 藤倉静子

お話を伺うガイドの藤倉。

ガイド藤倉(以下藤倉):経験が多くないと、自分の好みは分かりにくいですからね。それに、家は高い買い物なので、思い切ったコーディネートは勇気がいるものです。

自分らしい住まいをつくるには、まずは好みを明確にし、イメージをまとめることが大事です。私のお客様のうち、約1/3の方が自分好みの写真をまとめたイメージブックを持参されます。

イメージブックの写真は、好きなキッチン、憧れのベッドルーム、ダイニングに置きたい家具など、一見バラバラのように見えますがどこかに共通するポイントがあって、それがお好みのスタイルであることが分かります。

篠坂さん:最近はどのようなスタイルが人気でしょうか?

藤倉:ナチュラルな雰囲気の空間にモダンな家具を置いたり、素材感を活かした空間にフェミニンなアイテムを合わせたりするなど、一つのスタイルでは表せない、いわゆる「ミックススタイル」がお好きな方がとても多いと感じています。

複数のスタイルを組み合わせた「ミックススタイル」は、トータルコーディネートが難しいものです。まずはベースとなるスタイルで空間をつくり、そこに家具やカーテンなどを使ってもう1つのスタイルを足していくと失敗が少ないでしょう。

小野さん:まるで「地」と「図」の関係のようですね。ベースとなる「地」は床、壁、建具など空間を構成する建材、「図」はキッチンや洗面化粧台などの設備とインテリアアイテムでしょうか。

藤倉:そうですね。空間のカラーを考えるとき、「地」をベースカラー、「図」をアソートカラーでまとめるのは基本的な手法です。アソートカラーはスタイルを強調したり、ベースカラーを引き立てたりするのもよい手法だと思います。
 
INDIVITY STYLE Industial

ミックススタイルの空間例。ラフな素材を使い、ヴィンテージな雰囲気で個性が際立ちます(写真はINDIVITY STYLE Industial Type B)。


篠坂さん:ご家族で好みのスタイルが違うこともありますよね。

藤倉:ご夫婦共にこだわり派だけど、好みのスタイルが違うときは調整が難しいです。以前、打ち合わせの時に10分以上も言い合いをしていたご夫婦がいました。

家づくりは“船頭”が多いと無用に時間がかかったり、ちぐはぐな雰囲気になったりして上手くいかないものです。私は、打ち合わせには、誰か一人が家族全員の意見をまとめから来てくださいとお願いしています。
 

上手にイメージをまとめる方法は?

小野さん:まずは新居ではどんなライフスタイルを送りたいのか?それを実現するために住まいの好みを知って頂くことですね。『Design Style』というサイトを通じて、お客様が自分の好みを知り、イメージをまとめるお手伝いをしています。

『Design Style』では沢山の室内や外観写真を用いて、デザインスタイルを紹介しています。写真を見ることで会話が弾み、好きなスタイルが見つけやすくなると思っています。

篠坂さん:空間や外観の写真を見てもピンとこない方もいるかもしれないので、そのスタイルを表すアイテムの写真もご紹介しています。この家具やファブリックを使いたいならこのスタイル、と逆引きで好みのスタイルを見つけて頂けます。
LIXIL『Design Style』

たくさんの写真を見ることで、暮らし方や住まいの嗜好が分かるようになります。『Design Style』を活用して、好みのスタイルを探しましょう。

LIXIL『Design Style』

『Design Style』が提案するデザインスタイル。LDKの空間写真だけでも、テイストの違いは一目瞭然です。

LIXIL『Design Style』

外観や室内写真ではより好みをわかりやすくするために、各スタイルのイメージを表す家具や風景写真が紹介されています(写真はINDIVITY STYLE Industial)。


藤倉:素敵な写真がたくさん掲載されているサイトですね。新しい住まいへの夢も膨らみそうです。好みのスタイルがぼんやりしている人でも、このサイトを見ることで上手にイメージがまとめられそうです。

小野さん:ありがとうございます。さらに『Design Style』では、スタイル別に、使用している商品を一覧にまとめています。気に入ったスタイルを見つけたら、建築会社の方に商品一覧を渡せば思っている通りに伝えられます。

藤倉:お客様のイメージにあう商品を探すのは、手間も時間もかかり大変な作業です。商品名だけでなくカラーや品番まで分かる『Design Style』は作業の時短につながるので、助っ人が出来たような気持ちです(笑)。
LIXIL『Design Style』

MINIMAL STYLE solid ×roughで用いられているLIXIL商品の一覧。PDFを印刷して建築会社に渡せば、商品名やカラーを正確に伝えられます。

 

希望のライフスタイルにより好みのスタイルは違う

小野さん:Design Style』では、好みのスタイルを探す方法として、写真を見るほかに、希望するライフスタイルから探せるようにしています。というのは、家づくりを始める前に、新居でのライフスタイルを考えて頂くことが大事だと考えているためです。

藤倉:ライフスタイルとスタイルとは相関性がありますからね。例えば、趣味のサーフィンを楽しむ暮らしがしたい人は海の近くに家を建てて開放的なインテリアを、家庭菜園を楽しみたい人は屋外と一体化した住まいをご希望されます。

篠坂さん:私たちの調査でも、お客様をお招きするときに本格志向のおもてなしをしたい方はGRACE STYLEのResidenciousを、自然体の暮らしがお好みの方はPLAIN STYLEのnatural consciousやnorth Forest を選ばれる傾向があることが分かっています。

藤倉:ライフスタイルにぴったりと合った住まいは、どんなに美しく整えられたモデルルームより、“生き生きとした生活感”によって魅力に溢れています。そのような住まいをつくるためにも、希望のライフスタイルを考えておくことは重要だといえるでしょう。
 

エクステリアもトータルコーディネートが可能に

小野さん:Design Style』では、LDKや浴室、トイレなどのインテリア商品と一緒に、玄関やカーポート、外構などのエクステリア商品もご紹介しています。

弊社では扱っている商品がとても多いのですが、今まではキッチン、システムバス、玄関ドアなど商品別でのご紹介が中心でした。しかし最近、お客様から住まい全体をトータルコーディネートしたいが、そのためにはどの商品を選べばよいかというご相談が増えています。

『Design Style』をスタートさせた理由のひとつが、商品の垣根を超え、スタイル別に提案を行うことで、お客様のご要望にお応えしたいと考えたからです。

藤倉:エクステリア商品も提案して頂くことで、住まい全体のトータルコーディネートが実現しやすくなりますね。

篠坂さん:予算の都合により、新築後しばらくたってからエクステリアを検討する方も多いと聞いています。時間差があるとトータルコーディネートが上手くいかない可能性があるので、『Design Style』を見て、好みのスタイルにはどのような商品があるかや、予算イメージなどを持って頂ければと考えています。

藤倉:私たちプロは、エクステリアを考えるときに“鳥の目”を持ち、プランや商品を選択しています。鳥のように空から家と敷地全体を眺め、道路から玄関やカーポートまでの動線、隣家との距離、エクステリア商品などを決めています。

以前、外観とインテリアは統一感があるのに、外構がマッチしていないお宅に伺ったことがあります。『Design Style』でトータルコーディネートができれば、このような“残念なお宅”になってしまうことは防げそうです。
 
LIXIL『Design Style』

 

LIXIL『Design Style』MINIMAL STYLEのsolid×rough

写真上は、モノトーンを多用し都会的な雰囲気を醸し出すMINIMAL STYLEのsolid×rough。

LIXIL『Design Style』Campagne chic

 

LIXIL『Design Style』Campagne chic

フェミニンと大人っぽさを合わせもつINDIVITY STYLEのCampagne chic。『Design Style』なら室内と外観、外構のトータルコーディネートが実現できます。

 

悩み過ぎない商品選びで楽しい家づくりを

小野さん:お付き合いのあるインテリアコーディネーターに聞いた話ですが、商品の機能やデザインのバリエーションが増えたことにより、以前より商品選びにかかる時間が増えているようです。

そのため、家づくり当初はモチベーションが高いのに、次第に商品選びに疲れてきて、途中で嫌になってしまうお施主様が多いとお話していました。

藤倉:確かにその通りです。私も「せっかくの家づくりだから、夢に向かって楽しみましょう!」とお施主様を励ましながら商品選びを進めています。『Design Style』なら、好みのスタイル別に商品が紹介されているので、商品選びがスピーディーに進められますね。

篠坂さん:商品選びに使って頂くカタログは、今まで全商品が掲載された厚いものしか用意がありませんでした。でも、インテリア建材「ラシッサ」のカタログやキッチン、玄関ドアなど、ライフスタイル提案ができる雑誌のような雰囲気にしました。

好きなテイストだけのカタログなら、欲しい商品がすぐに見つけられると思います。さらに、そのテイストのコンセプトやコーディネートアイデア、インテリアショップ情報なども盛り込み、楽しみながら商品選びを進められるように工夫しています。

藤倉:今までのカタログとは全く印象が違いますね。商品以外の情報も豊富ですし、コンパクトサイズなので持ち運びがしやすく、通勤の合間にも楽しく読めそうですね。
LIXL『DesignStyle(デザインスタイル)』

通常は商品ごとカタログに『DesignStyle』のおすすめを掲載していますが、お客様がイメージする暮らしに合わせたインテリア雑誌のようなカタログも用意しています。


 
LIXIL小野さん、篠坂さん、ガイド藤倉

「『Design Style』で楽しみながら家づくりを進めて欲しい」と語る、小野さん、篠坂さん、ガイド藤倉。

小野さん:スタートしたばかりの『Design Style』ですが、今後は、ご提案するデザインスタイルの数を増やしたり、流行や価値観に合わせて商品を変更したりする予定です。

藤倉:インテリアのスタイルにも流行がありますものね。今はファッションでもインテリアでも「グレイッシュカラー」が流行していますが、グレイッシュカラーのように彩度が低い色と、彩度の高い色を組み合わせるのは難易度が高いものです。

篠坂さん:ショールームに来て頂いたお客様からは、このインテリア建材にはどのような家具や小物が合う?とご相談を頂くことが多いです。そのときに、上手な色の組み合わせ方や、家具選びのコツなどをお伝えしています。

藤倉:商品選びやコーディネートに迷ったときは、ショールームで相談するとよいアドバイスが頂けそうですね。新しいスタイル提案も期待しています。本日はありがとうございました。


【関連情報】
家づくりのトータルデザインコーディネートがわかる「Design Style(デザインスタイル)」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。