5万円PC攻略-ヨドバシ:PLZ-T10A

 従来家電量販店は大手メーカ製PCしか扱っていませんでしたが、昨今のダイレクト販売メーカの低価格攻勢に対抗するためか、自社オリジナルブランドないしは提携ブランド品を扱い始めました。ポイントカードの先駆け、ヨドバシカメラでもマウスコンピュータのホワイトボックスPCを販売しています。PLZ-T10Aはこのような生い立ちの5万円PCです。

BTOではないため、別途メモリを購入

 PLZ-T10Aは、BTOが出来ない、完成品のPCです。よって、最初から付いてくる128MBのメモリをそのままに、追加でメモリを購入することになります。同じヨドバシカメラなどで購入しようとすると、バッファローやアイ・オー・データ機器などの箱入りメモリになってしまいます。価格が少々張りますのであまりお薦め出来ません。これは後述の光学ドライブにも言えます。

色さえ合えば通常の5インチドライブが使えます

 マウスコンピュータの筐体は、シルバーと黒のツートンカラーで、ちょっと見るとeMachinesのパソコンと雰囲気が似ています。5インチドライブ用のベイが2台分あるマイクロタワー型ですので、CD-ROMしか搭載されていなくても、あとからドライブを追加することが可能です。ただ、フロントパネルがシルバーなので、元から付いているドライブのように黒、またはシルバーのパネルを持ったドライブでないと、少々見栄えが悪くなります。筆者も使っているBTCのドライブなら、オリジナルのベージュに加え、黒、シルバー、ホワイトのパネルが付いてくるので便利です。

廉価モデルはあまりお買い得ではない?

 ヨドバシカメラ扱いのPLZシリーズは、BTOが出来ませんので賢く機種選択をしなければなりません。上記のごとく、メモリの追加と光学ドライブの追加を行おうとすると、1万円では足りなくなってしまいます。そこで、ちょっと目を横にずらせば、同じマウスコンピュータのPLZ-T30Aが1万円アップで販売されています。メモリが256MB、CPUの速度も2.4GHzに上がっており、光学ドライブは一気にグレードアップしてDVD/CD-R/RWコンボドライブになっています。筆者のお薦めは文句なしでこちらです。



ヨドバシカメラ

PLZ-T10A
Celeron2.0GHz
メモリ128MB
HDD40MB
CD-ROMドライブ
WindowsXP HOME

49,800





ヨドバシカメラ

PLZ-T30A
Celeron2.4GHz
メモリ256MB
HDD40MB
DVD/CD-R/RW
コンボドライブ
WindowsXP HOME

59,800



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。