旅行で荷物は少なくしたいけど、いつもの化粧品を持っていきたい!

旅行時は極力荷物を少なくしたい。化粧品も、またしかり!

旅行時は極力荷物を少なくしたい。化粧品も、またしかり!

旅行の持ち物で女性にとって必ずと言っていいほどリストに入っているのは化粧品類。メイクグッズはもちろんのこと、クレンジングや洗顔、基礎化粧品なども必要になってきます。

でも旅行の持ち物というのは、極力「軽く、小さく」したいもの。とくに家族旅行の場合は子ども用の荷物も多いので、自分の荷物は極力少なくしたいと思うお母さんも多いのではないでしょうか?

筆者は旅行好きかつ出張もあるので、泊りがけで出かけることが多く、旅行の荷物を少なくすることに余念がないのですが、その中で「化粧品の持ち歩き」に関して試行錯誤してたどりいついたオススメテクニックをご紹介します。
 

旅行時の「試供品使い」を、おすすめしない理由

 
旅行時に使おうと取っておいた試供品…古くなりすぎて使えないことも!?

旅行時に使おうと取っておいた試供品…古くなりすぎて使えないことも!?

まず旅行時の化粧品持ち歩きテクとしてよくあがる「試供品の利用」はあまりおすすめできません。試供品は使ったことがない化粧品の可能性が高く、旅先で疲れているときに初めての化粧品を使ってかぶれたりしたら大変です。さらに家にあった試供品はいつのものかわからず、旅行先で開けてみたらスカスカに乾燥していて使えなかったという話も聞きます。
 

また1回使い切りサイズのものは、量が多かったりして開けたはいいが使い切らず、開けたままで翌日に使うことも。宿泊先ならそれでもよいのですが、長距離移動の場合は飛行機内で使うこともあり、使い切らなかった場合の処理に困ることもあります。
 

旅行用サイズの容器に詰め替えるのも面倒

100均などで売られている「旅行用サイズの容器」に普段使っている化粧品を詰め替えるという方法もありますが、これもまた手間がかかります。旅行前に詰めるだけならよいのですが、帰ってきてから残ったものを綺麗に洗い清潔にしておかないといけません。でも旅行から帰ってきて使い切らなかった化粧品が入ったまま数ヶ月放置……という人も多いのではないでしょうか。
 

旅行には「普段使っている化粧品をコットン含ませて」持ち歩く

旅行の荷物 化粧品をコンパクトに持ち歩く旅行の裏ワザ

普段使っている化粧品をコットンに含ませる

そこでおすすめしたいのが、普段使っている化粧品をコットンに含ませてチャック付きの袋に入れて旅行に持っていく方法です。コットンに含ませる作業自体は簡単なものですし、使い終わったコットンから捨てていけばよいだけで処理も簡単。また場所もとらないので旅行の荷物が増えない点でも便利です。

女性の旅行の荷物。化粧品持ち歩きテクニック

旅行には普段使っている化粧品をコットンに含ませて持ち歩く

小さいサイズのチャック付き袋も無印良品や100均などで売っていますので、是非お試しください。

関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。