BPS(1株あたり純資産)とは?わかりやすく解説!

<INDEX>
BPSは何を表している?計算方法は?
BPSの活用方法は?
BPSを見る際の注意点

BPSは何を表してる?計算方法は?

BPSとはBook-value Per Shareの略語で1株あたり純資産のことです。企業の安定性を見る指標の1つとなります。

BPSとはBook-value Per Shareの略語で1株あたり純資産のことです。企業の安定性を見る指標の1つとなります。

BPSとはBook-value Per Shareの略語で1株あたり純資産(総資産から負債を引いたもの)のことです(1株あたりの株主資本、あるいは1株あたりの解散価値などとも言われます)。「ビーピーエス」と読みます。企業の安定性を見る指標の1つとなります。投資初心者の方は、財務諸表などのファンダメンタルの確認と併用して銘柄選別に利用しましょう。

計算方法は純資産を発行済み株式数で割って算出します。たとえば、純資産が10億円、総発行株式数が100万株であった場合は下記のように計算されます。

・BPS=10億円(純資産)÷100万株=1000円/株

BPSの活用方法は?

BPSは企業の安定性を見る指標の1つとなりますが、主にPBR(株価純資産倍率)を計算する時に利用します。ちなみにPBRは株価÷BPSで計算されますが、一般的にPBRが1倍未満の場合、株価は割安と考えられています。さきほど、BPSは1株あたりの解散価値とも呼ばれると書きましたが、もしも投資した企業が倒産した場合、資産を精算して株主に戻ってくる1株あたりの金額の目安がBPSとなります。したがって、PBRが1倍未満の場合、仮にその企業が倒産しても戻ってくる可能性のある金額の方が大きいことになりますので、安全性が高い、と判断できるわけです。

ところでBPSを増やすには2つの方法があります。1つは純資産を増加させることです。事業で利益を出し、税金や投資家への還元を引いた分は会社に残り、その分、純資産が増えることになります。したがって大きく利益を出す会社ほど純資産が増えやすいと言えます。ただし、投資家への還元をしないで利益を会社に貯め込んでいると、自己資本が膨れ上がります。もちろん、それを活用して更なる利益を出していくようになれば良いのですが、利益額が変わらない場合は、投資家が重要な指標とみなしているROE(自己資本利益率)が低下します。従来、日本企業は将来何かあったときの為に利益を蓄えておく傾向がありましたが、近年はROEが重視されており、しっかりとした株主還元が求められるようになってきています。

BPSを増やすもう1つの方法は自社株買いや株式併合を行うことです。投資家への利益還元という意味で自社株買いが注目されていますが、自社株買いを行うとBPSやEPS(一株当たり純利益)が増えますので、株価が上がりやすくなり、投資家に大きなメリットがあります。反対に新株を発行して増資を行い、発行済み株式数が増えるとBPSは減少します。株式分割を行ってもBPSは減少しますが、投資家にとってはその分、保有株式数も増えるので、直接的な影響はありません。

BPSを見る際の注意点

BPSは企業の安定性を測る指標なのですが、一概に高ければ良いというわけではありません。どういうことかというと、同じ純資産を持つ企業であっても発行株式数が10分の1の企業はBPSが10倍になるからです。したがって、BPSが高いから安心というようには利用出来ません。

では、BPSだけで利用する場合はどのように利用するのかというと、時間軸で見るようにします。具体的に言えば、毎年堅実にBPSを増やしている企業は非常に安定性があることを意味します。したがって、過去のBPSを時系列で並べてみて、堅調に増え続けているかどうかを確認すると良いと思います。最終的に増えていても年によってはマイナスであったり、ブレがある企業の場合、どうしてそうなったかを確認すると良いでしょう。

参考:日本株通信

※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、資産運用、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。