今も人々の心の中に生きているチェ・ゲバラ

チェ・ゲバラの肖像画

ハバナ旧市街、サン・ペドロ通り沿いの建物の壁面にあるチェ・ゲバラの肖像画。このようなものが、キューバじゅうのあちこちで見られます。

キューバへ行ってみると、とにかくどこへ行っても「ゲバラだらけ」です。街のあちこちに肖像画があり、土産物店には色とりどりの「ゲバラTシャツ」が並んでいます。観光客が行かないところ、たとえば役所や企業の事務所、学校、病院の多くも、中に肖像画が飾られています。半世紀以上前に亡くなった人物ですが、今でも存在感が格別です。

アルゼンチン出身、革命のゲリラ戦士

キューバへ行くのであれば、チェ・ゲバラのことをある程度知っておいて方が楽しみも増えるので、ここで経歴を簡単に見てみましょう。

この人物は1928年にアルゼンチンで誕生しました。学生時代に南米放浪の旅をするなど、冒険心が旺盛だったようです。大学で医学を学んで医師の資格を取得したのち、メキシコに滞在している時、革命を目指しキューバから亡命していたフィデル・カストロと出会いました。そして、当時のキューバの独裁政治の状況や、革命の構想を聞いて意気投合し、キューバ革命軍のメンバーになったのです。

1956年に革命軍はメキシコからクルーズ船を使ってキューバ東部へ渡り、政府軍を相手にゲリラ戦を展開します。ゲバラは革命軍の幹部と軍医を兼ねるという、重要な立場にありました。

1958年の暮れ、キューバ中部のサンタ・クララ(Santa Clara)において、ゲバラが率いる部隊が政府軍を破り、これが決定的となって政府軍は敗北。年明けに革命軍による新政権が成立するのでした。チェ・ゲバラは新政権で国立銀行総裁、工業大臣などの要職を歴任し、1959年にはキューバの通商使節団に同行し、日本を訪れました。

なお、「チェ」というのは本名ではありません。アルゼンチンでは挨拶の時に「やあ!」といった意味で、「チェ」(Che)と呼びかけることが多く、ゲバラはキューバに来てからもそうしていたそうです。いつしかこれがニックネームになり、公式な場でも「チェ」と呼ばれるようになりました。
ゲバラのサイン入り紙幣

1961年に発行された1ペソ紙幣。左側の「UN PESO」の文字の下に、当時国立銀行総裁だったチェ・ゲバラの「che」というサインがあります。このサイン入りの紙幣は、現地でコレクションとしての価値が高いそうです。 
 

 半世紀前、ボリビアで終えた生涯

ゲバラは革命のゲリラ戦士から政治家へ転身したのですが、その後キューバ以外で独裁政権下にある国の解放を目指し、1965年にコンゴ、翌年にボリビアへ渡り再びゲリラ戦を展開しました。

しかし、思い通りの成果を出せないまま、1967年にボリビア政府軍に捕らえられたのち、射殺されました。まだ39歳という若さで、革命の英雄はこの世を去ったのです。

キューバでは、チェ・ゲバラの足跡も訪ねてみたいものです。各地にゲバラゆかり地があるのですが、今回は比較的手軽に行くことができる、ハバナ市内の3箇所を紹介します。

革命広場(Plaza de la Revolucion)

内務省、チェ・ゲバラの肖像

ハバナ市内ベダード地区、革命広場に面して建つキューバ内務省のビルの壁面に、大きなチェ・ゲバラの肖像があります。

情報通信省、カミロ・シエンフエゴスの肖像

内務省と通りをはさんで並ぶ情報通信省のビルにも、1959年に亡くなった革命家、カミロ・シエンフエゴスの肖像があります。

ハバナ市内にあるチェ・ゲバラのモニュメントとして特に有名なのが、革命広場に面した内務省のビルにある大きな壁画。写真で見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。

また、チェ・ゲバラは革命広場でフィデル・カストロらとともに演説をしたこともあるので、その意味でもここはゆかりの地です。空港と市街地中心部の中間にあるので、旅行のスケジュールによっては、移動の途中に寄ることもできます。

広場をはさんだ反対側にはキューバ独立の父とも呼ばれている、ホセ・マルティの記念博物館もあります。

〈DATA〉
■革命広場(Plaza de la Revolucion)
住所:Plaza de la Revolucion(Googleマップ
入場時間:常時
入場料:無料

カバーニャ要塞(Fortaleza de San Carlos de la Cabaña)

チェ・ゲバラ執務室

カバーニャ要塞にあるゲバラ博物館の中には、チェ・ゲバラの執務室が残されています。

ハバナ湾をはさみ、ハバナ旧市街中心部の対岸にあるカバーニャ要塞は、観光施設として整備されたハバナの4つの要塞のうちのひとつです。要塞自体も興味深く、高台にあるため旧市街の展望も素晴らしいのですが、一角に設けられたゲバラ博物館も見逃せません。チェ・ゲバラが政治家だった当時の執務室が残されています。

旧市街中心部からカバーニャ要塞へのアクセス手段はタクシーが一般的ですが、観光客向けの路線バス「ハバナ・バスツアー」の「T3」ルートも利用可能です。

〈DATA〉
■カバーニャ要塞
住所:Via Monumental y Carretera de la Cabaña(Googleマップ
入場時間:10:00~22:00
入場料:18:00まで6CUC、18:00以降8CUC

チェ・ゲバラ邸宅

チェ・ゲバラ邸宅

革命軍勝利ののち、新政権の要職に就いたチェ・ゲバラが住んでいた家が、残されています。 

キューバ革命政権在職当時、チェ・ゲバラが住んでいた家が、博物館として公開されています。内部は書斎や寝室などが残されているほか、医療機器やカメラなど、ゲバラが所有していたものの展示も多彩です。

所在地はカバーニャ要塞から南東へ500mほどで、近くにある大きな白いキリスト像が目印になります。カバーニャ要塞と合わせ、タクシーで回るのが効率的です。

〈DATA〉
■チェ・ゲバラ邸宅(Centro Cultural Casa del Che en la Cabaña)
住所:Carretera de la cabaña(Googleマップ
入場時間:月~土 10:00~18:00
入場料:6CUC

よき旅の思い出、ゲバラ・グッズ

キューバの観光地のどこへ行っても、土産物店にはTシャツ、キーホルダーなどのさまざまなゲバラ・グッズが置かれています。どれを記念に買うか迷ってしまうほどです。また、歴史的な報道写真の絵葉書も豊富で、生前のゲバラが撮影されたものもあります。

土産物店はハバナの空港にもあるので、帰国する時に改めて旅を振り返りながら、記念になるものを探すのもいいものです。
チェ・がバラ、絵はがき

土産物店ではチェ・ゲバラの写真の絵はがきも売っています。

また、土産物ではありませんが、キューバの現金のうち兌換ペソ(CUC)の3ペソ紙幣、人民ペソ(MN)の3ペソ紙幣と3ペソ硬貨はゲバラのデザインで、観光客にも人気です。ただし、人民ペソの現金は普通の観光では手にする機会が少ないので、入手は少々難しくなります。カサ・パルティクラルと呼ばれているキューバ版の民泊を利用する場合は、家主さんに頼めば手に入れてくれるかも知れません。

なお、キューバでは兌換ペソと人民ペソの2種類の通貨が使われ、かなりわかりづらい面があるので、これについては別の機会に紹介しようと思います。
チェ・ゲバラ、3ペソ硬貨

3ペソ(人民ペソ)の硬貨。左が「TRES PESOS」(3ペソ)と刻まれた表、右がチェ・ゲバラの肖像がある裏です。

チェ・ゲバラ、3ペソ紙幣

3ペソ紙幣。上が兌換ペソ、下が人民ペソ。それぞれチェ・ゲバラの銅像と肖像画があります。観光客には、特に人民ペソの絵柄が人気です。

また、チェ・ゲバラの切手も発行されたことがあります。直近では2007年に没後40年、2017年、没後50年記念で発行されており、後者は今でも郵便局で買えるかも知れません。
チェ・ゲバラ、切手

チェ・ゲバラ没後40年を記念し、2007年に発行された切手。

キューバにおけるチェ・ゲバラゆかりの地として、ハバナから東へ約300km、中部のサンタ・クララ(Santa Clara)も有名です。ここはゲバラ率いる革命軍部隊と政府軍による最後の戦いがあった場所で、「ゲバラ・シティ」とも呼ばれています。
チェ・ゲバラ霊廟

サンタ・クララ市のはずれにある、チェ・ゲバラ霊廟(Googleマップ)。高くそびえた銅像は、3兌換ペソ紙幣の絵柄にもなっています。

そんなサンタ・クララについても、機会を改めて紹介したいと思ってます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。