近年は真夏日、猛暑日が増えており、家のなかでの熱中症発生も取りざたされています。そこで気になるのが、夏を迎えた時の家の中の快適度。エアコンや扇風機などを使ってもいまひとつ過ごしやすくならない……といった声はよく聞かれます。ここでは、そんな夏の一戸建て室内で感じるお悩みと、その対策を考えてみます。

夏の住まいの3大お悩み、その原因とは?

夏の暑い家

2階にリビングがある家などでは夏の暑さに悩むことが多い

まずは、暑い時期になると一戸建て室内で感じがちなお悩みと、その原因をピックアップしてみましょう。

1)2階、3階など上の階になるほど暑い
これは外気温の影響で室内の空気が暖かくなることが原因です。暖められた空気は軽くなり、上がっていく性質があります。この原理を応用したのが熱気球。ガスバーナーでバルーン内の空気を暖めると上昇し、火を弱める・止めることで下降します。

対策としては、上階と下階の室温差を解消するには、室内の空気を撹はんする必要があります。

2)エアコンを使っても室内の場所によって冷えムラが生じる
AI機能を利用して、室内のどこがどのくらい暖まりやすいかを予測した運転や、同じ部屋にいる暑がり・寒がりの人、両方が快適に感じる室温をつくるなど、最新のエアコンは大きく進化を遂げています。そうした最新機種ならかなり改善はされていますが、それ以前になると室内に冷えムラが生じる場合もあります。

特に多いお悩みがエアコンから遠い場所の冷えにくさ。また、室内上下でも冷えムラが生じる傾向もあります。

対策としては、上の階になると暑くなるのと同様に室内の空気を撹はんしたり、家全体の空気を攪はんする必要があります。

エアコン調整

除湿の種類によっては冷房より電気代が高くつく場合も

3)除湿してもあまり快適にならない
冷房の効き過ぎを嫌い、室温ではなく湿度を下げることで快適な室内環境をつくりたいという方は多いでしょう。

ただ、発売時期や機種にもよりますが、除湿してもあまり快適さが感じられないエアコンも。原因は部屋のドア下のスリットから除湿して乾燥した空気が逃げてしまう、室温が下がらないことで期待したほどの快適さが得られない、などが考えられます。

また、除湿には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2種類があり、室温を下げずに湿度を下げる再熱除湿は、通常の冷房より消費電力が高いという報告もあります。

対策としては、除湿だけや室温だけの調整ではなく、除湿と室温のバランスコントロールが必要です。

空気循環で温度も湿度も快適になる「快適エアリー」

このような夏のお悩みを解消するには、エアコンだけに頼らない抜本的な仕組みが必要になります。そこでご紹介したいのがセキスイハイムの「快適エアリー」です。

これは床下の大空間などにヒートポンプ式冷暖房・除湿ユニットと熱交換型第一種換気システムを設置し、そこから上質で快適な空気を家全体に循環させるシステム。
快適エアリーの冷房・除湿運転時のイメージ

快適エアリーの冷房・除湿運転時のイメージ


例えば、夏の住まいのお悩みに挙げた「室内の冷えムラ」は、快適エアリーなら吹き出し口と吸い込み口の場所を離して設置できるので、涼しい空気を循環させやすくなります。冷気が広範囲に届き、室内上下の温度差も小さくなることが期待できます。
エアコンと快適エアリーの空気の吸い込み口と吐き出し口のイメージ

エアコンの場合(右図)、空気の吸い込み口と吹き出し口が近いので空気の循環が狭い範囲になってしまう。一方、快適エアリー(左図)は、吸い込み口と吹き出し口が離れているため涼しい空気を循環させやすくなる


室内の上下温度と水平温度のシミュレーション

室内の上下温度と水平温度のシミュレーション。一般のエアコンで比較すると快適エアリーでは冷えムラが軽減されるのがわかる(クリックすると拡大します)


<シミュレーション条件>
[一般エアコン冷房:壁掛けエアコン]
※当社モデルプラン(断熱性能;UA値=0.67W/m2K相当)※外気30℃、室温27℃時(壁掛けエアコン運転時[室温安定時])※設置位置や、機種(「床下吹き出し風速、温度等)により温度分布は異なります
[快適エアリー]
※当社モデルプラン(断熱性能;UA値=0.67W/m2K相当)※外気30℃、室温27℃時(快適エアリー運転時[1階LDKに冷風吹き出し、室温安定時])※吹き出し(吸い込み)グリル位置や、床下吹き出し位置により実際の温度分布は異なります

また、家じゅうを除湿できる点も特徴。基本的に設置してある部屋しか除湿しないエアコンと違い、家全体を除湿することができます。したがって、帰宅時に玄関ドアを開けた時のモアッとした不快な空気や、お風呂上がりの洗面所などの蒸し暑さも緩和します。

除湿効果は数値でも立証済み。快適エアリーは1日最大約40L(※1)も除湿できます。
※1 室内:28℃、湿度80%、外気温:28℃のときの性能
快適エアリーの除湿シミュレーション

快適エアリーの除湿シミュレーション。快適エアリーは一日中稼働しているので、梅雨時や夏場でも除湿モードで寝起き爽やか(クリックすると拡大します)


ケーススタディ「快適エアリー導入で暮らしが変わった!」

ではここで、すでに快適エアリーを導入した家での暮らしをご紹介しましょう。

●一度温度を設定しておけば夏も冬も快適環境
I様邸の冷暖房は、ほぼ快適エアリーのみ。年に数日ある猛暑の日だけエアコン冷房を使う程度で「起きている時間帯はオールシーズン22℃」の環境を実現しています。

「自分たちが最も過ごしやすい室温が22℃。快適エアリーを22℃に設定するだけで、夏も冬もとても気持ちいい温度に保たれるんですよ」。

快適な室内環境によって、友人が集まる機会も増えたとのこと。「友人宅はエアコンを使うところが多いのですが、冬などは“足元が冷えて顔ばかり火照る”とよくこぼしてますよ。その点、快適エアリーは温度にムラが少なくて気持ちがいいと好評ですね」。

●年中、春のような感じで気持ちよく過ごせる
快適エアリーのおかげで家の中は気持ちよく過ごせているというT様邸。「年中、春のような感じで家族は室内ではいつもはだしです」。

T様邸は盆地にあり、夏の暑さ、冬の寒さは特に厳しい場所。以前住んでいたマンションでは冬は比較的暖かかったが、浴室やトイレ、廊下は寒く、部屋間で差が大きかったそうです。旧居では家族が部屋を出入りする度「扉閉めて!」が口ぐせだったが、「今は快適な室温が行きわたりやすいようにむしろ“開けておいて”と話していますね」。

●洗濯物をすべて室内干しにできるようになった
共働き家庭の場合、洗濯物を外に干したまま出勤するのはリスクがあるもの。ところがT様邸では、快適エアリーのおかげで洗濯物をすべて室内に干すようになり、ストレスがなくなったそう。「快適エアリーの吹き出し口近くに置いておけば乾くからです。朝干せば夜、夜干せば朝には乾いています」。


快適エアリーは通年型空気調節システムなので、夏だけでなく冬も家じゅうに心地よい空気を循環させてくれます。室内はもちろん、居室と廊下、洗面所、玄関などとの温度差も軽減。

エコ、省エネ、身体に優しいなどの数々のメリットを持ち、それらが継続していくことを考えると、長期的にはお得な選択だといえます。

乳幼児からお年寄りまで、幅広い世代が常に安心して過ごせる、快適な室内環境が確保された家。目を向けてみてはいかがでしょうか。


<関連サイト>
気持ちよく暮らす、快適な空気「快適エアリー」とは?
快適エアリー「利用者の声」を聞いてみた
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。