室内扉のスタイルや素材はさまざま

市販の塗料で好きな色に塗れ、サインプレートなどのアクセサリーで飾ることも。また、アンティーク調ガラスやハンドルを選ぶこともできるドア。 [内装ドア VERITIS(ベリティス) CRAFT LABEL (クラフトレーベル)」]undefined パナソニック エコソリューションズundefinedhttp://sumai.panasonic.jp/

市販の塗料で好きな色に塗れ、サインプレートなどのアクセサリーで飾ることも。また、アンティーク調ガラスやハンドルを選ぶこともできるドア。 [内装ドア VERITIS(ベリティス) CRAFT LABEL (クラフトレーベル)」]  パナソニック エコソリューションズ 

室内扉には、開き戸(ドア)や引き戸、折れ戸などの開閉スタイルがあります。一般的なのは開き戸タイプですが、日本の住宅では馴染みのある、引き戸のスタイルも見直され、商品バリエーションも豊富になってきています。用いる素材では、樹脂シート仕上げ(貼り)、突き板仕上げ(貼り)などの木質系のほか、枠にアルミなど金属系を用いたタイプも。プランニングの際には、使用する部屋、場所に適した開閉方法や機能、デザインを選ぶことが重要です。

さまざまなインテリア空間を実現できる室内扉が増えている

室内扉は、空間に合わせてオリジナルで造作する場合もありますが、新築やリフォームの場合、豊富なバリエーションが揃う建材メーカーの商品を選ぶことが一般的でしょう。

最近の室内扉商品の傾向をみてみると、さまざまインテリアを実現できること、より個性的な空間づくりが可能なことが挙げられます。

■自然の風合い、素材感を感じるタイプが多彩に
自然のやさしい雰囲気を感じるインテリアにあわせた扉デザイン。アクセントパーツを取り入れて、カスタマイズすることも可能。undefined[ラシッサDundefinedパレット]undefined LIXIL undefinedhttp://www.lixil.co.jp/

自然のやさしい雰囲気を感じるインテリアにあわせた扉デザイン。アクセントパーツを取り入れて、カスタマイズすることも可能。 [ラシッサD パレット]  LIXIL 


デザインの傾向は、シンプルな中にもナチュラルな雰囲気を感じさせるものが多くみられること。天然木の風合いを感じさせるようなタイプも揃っています。空間に馴染むようなタイプだけでなく、印象的なデザイン性を持たせたものも、インテリアのアクセントになるようなデザインバリエーションも充実しています。

■アンティークの雰囲気を持つデザインも
人気のデザイン傾向のひとつがカフェ風のスタイル。自然を感じつつ、どこか懐かしさを覚えるようなデザインが注目され、室内扉にも、アンティークを感じさせる空間に馴染むようなタイプが揃っています。メーカーや商品によっては、本物の素材感を再現した樹脂シート仕上げ(貼り)も。風合いや手触りなど、経年変化を感じさせるようなタイプもみられます。

■ガラス入りのデザインも充実
同じ扉デザインでも組み合わせるガラスによって、イメージも大きく変わる。undefined[ラシッサ]undefined LIXIL undefinedhttp://www.lixil.co.jp/

同じ扉デザインでも組み合わせるガラスによって、イメージも大きく変わる。ガラスバリエーション。 [ラシッサ]  LIXIL

ガラスやアクリル樹脂などと組み合わせた扉デザインも増えてきています。ナチュラルな風合いの面材と透明(半透明)な素材を組み合わせることで、印象的なデザインとなるとともに、光を取り入れ、家族の気配を感じることも。もちろん、広がりや開放感を得ることもできるでしょう。

最近では、組み入れるガラスや樹脂素材の種類を揃えた商品もみられます。熱処理されたステンド調のガラスやチェッカーガラス、乳白ガラスなど、用いる空間やインテリアに合わせてコーディネートすることが可能でしょう。

■ドアノブのバリエーションが豊富に

好みや使い勝手に合わせ、さまざまな把手から選ぶことができる。undefined[ラシッサ]undefined LIXIL undefinedhttp://www.lixil.co.jp/

好みや使い勝手に合わせ、さまざまな把手から選ぶことができる。把手と金物色。 [ラシッサ]  LIXIL  

ドアノブやレバーも、さまざまなタイプから選べることができる商品がみられます。主流は、シルバー系ですが、艶を抑えたり、ブラックの塗装を施したものも揃っています。懐かしい雰囲気の握り玉タイプなどを揃えた商品もみられるようになりました。

■天井までの高さを持つタイプも
最近、多くみられるようになったのが、高さのあるデザイン。天井が高い住宅プランも多くみられ、建材メーカーからは、それらに合わせたサイズバリエーションが提案されています。

たとえば、2400、2500、2700ミリなどのサイズを設定した商品やサイズオーダー可能なタイプも。天井までの高さがあれば、納まりも美しくすっきりとした印象になるとともに、扉を開けた際、床面や天井面がつながることで、空間に広がりが生まれるでしょう。

より個性的な空間づくりができる商品も

シンプルな空間にポイントとなるような色合いの扉としても。好みの壁紙を貼ることが可能な扉商品。 [famitto 部屋ごとの貼り分け] YKK AP http://www.ykkap.co.jp/

シンプルな空間にポイントとなるような色合いの扉としても。好みの壁紙を貼ることが可能な扉商品。 [famitto 部屋ごとの貼り分け]  YKK AP 

インテリア空間を自分らしく演出したい、床や壁などの内装材だけでなく、室内扉にもこだわりたい、という方も多くみられ、建材メーカーからもさまざまな商品が提案されています。組み合わせ次第で、個性的な空間づくりを楽しむことができるでしょう。

■自分で好みの色に塗装ができる

市販されている塗料で、自分好みの色に塗ることでができる。[内装ドア VERITIS(ベリティス) CRAFT LABEL (クラフトレーベル)]undefined パナソニック エコソリューションズundefinedhttp://sumai.panasonic.jp/

自分で塗ることでができる楽しみも。選ぶ色合いでイメージも大きく変わる。[内装ドア VERITIS(ベリティス) CRAFT LABEL (クラフトレーベル)]  パナソニック エコソリューションズ

一般的に多く取り入れられる室内扉商品は、設定されたいくつかの色の中から選ぶことになりますが、シート表面に特殊な加工を施し、塗装が可能な商品の提案もみられます。市販の塗料で好きな色の扉を実現できるもので、家具とコーディネートするなどの楽しみも広がるでしょう。自分で手を加えることで、住まいに愛着も生まれるのではないでしょうか。

■壁と一体化するようなデザイン
壁と一体化させ、扉の存在をなくすような扉商品もみられます。壁の色として多く用いられるホワイト系の面材を用いることで、すっきりとした印象となるもの、また、壁紙を貼ることが可能な商品も。表面に壁に用いたものと同じ壁紙を貼ることで、空間に馴染み、すっきりとした部屋づくりが可能です。

壁と同じ壁紙と用いて一体感を生み出したり、異なる壁紙をもちいてアクセントとしても [famitto クローゼットドア引違い戸 (3枚建) シルキーホワイト]undefined YKK AP http://www.ykkap.co.jp/

壁と同じ壁紙と用いて一体感を生み出したり、異なる壁紙をもちいてアクセントとしても [famitto クローゼットドア引違い戸 (3枚建) シルキーホワイト]  YKK AP

ショールームで素材感、操作性の確認を

室内建具は、間取りプランやインテリアと大きく関係するアイテム。デザイン性だけでなく、使い勝手にも十分配慮して選択を。室内扉だけでなく、間仕切り建具や収納扉などとも同時に検討することも必要でしょう。

選ぶ際には、ショールームで表面仕上げの素材感やドアノブの使い勝手などを実際に確かめること。扉単体だけでなく、空間展示などを参考に、内装建材トータルでデザインを検討することが大切です。


【関連記事】




匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。