かわいい一輪挿しが、忙しい毎日に小さな安らぎをくれる

一輪挿し

季節の花が一輪あるだけで、日常にゆとりが生まれます

花は毎日買えるほど安くはありません。「この花を買うお金で、夕ごはんの惣菜が一品増やせる……」そう思うと、のばしかけた手もためらってしまいますよね。

でも毎日の生活の中に一輪でも花があると、忙しい毎日に少し余裕が生まれます。小さな一輪挿しなら、食卓の片隅に、棚の隙間に……と、どこでも気軽に飾って楽しめるのでおすすめです。

今回は一輪挿しのおしゃれな飾り方からセンスのいい実例まで、幅広くご紹介します。

一輪挿しのおしゃれな飾り方1:ボリュームある花はふちギリギリに

一輪挿し

瓶の口が広い場合は、茎を輪ゴムで束ねると飾りやすくなります

例えばガーベラ。華やかに開く可憐な花びらがかわいいですよね。本来ならスラッとのびた長い茎を活かしたいところですが、一輪挿しでは花が横を向いてしまって、バランスが悪くなることがあります。

そこで、高さが低めの花瓶を選び、ガーベラの茎を花瓶のふちギリギリの高さになるように切ります。高さを出さずになるべくころんとしたフォルムを作るようにすると、かわいく飾ることができます。花びらが大きい花(バラやラナンキュラスなど)も同じように飾ると、1輪でも寂しい印象にならないと思います。

一輪挿しのおしゃれな飾り方2:小さな花はボリューム感を出して

一輪挿し

同じくらいの高さに揃えると華やかになります

例えばヒペリカム。小さな花や実がたくさん付いている場合は、なるべく高低差がないように高さを揃え、ボリューム感を出すようにするとカジュアルでおしゃれな印象になります。花瓶の高さは低くても高くても大丈夫です。かすみ草やミモザなどの小さな花は、このようにして飾るのがおすすめです。

花瓶がない場合は、ジャムの空きびんでも立派な一輪挿しに

一輪挿し

どちらもジャムやシロップの空きびんです

家に一輪挿しの花瓶がないという人も、わざわざ購入する必要はありません。食べ終わったジャムや栄養剤の空きびんなどでも代用できます。商品ラベルを剥がしてみると、思っていた以上におしゃれに見えたりするものです。

センスある人の一輪挿しの飾り方実例を、ちょっと拝見

ではセンスある部屋に住んでいる人は、どんな一輪挿しを暮らしに取り入れているのでしょうか。「RoomClip」に掲載されている、インテリア達人たちの実例8件を見てみましょう。

■試験管の一輪挿しはシンプルに長さをいかして
一輪挿し

試験管タイプは細長い花が似合います(出典:RoomClip「壁に付けられる家具・棚・幅44cm/秋/シンプル/一輪挿し/バーズワーズ/kivi…などのインテリア実例 -Aiの部屋-」

■雑貨に紛れさせてひっそりと
一輪挿し

雑貨と一緒にさりげなく飾るのがおしゃれ(出典:RoomClip「雑貨/ノスタルジック/ナチュラル/和レトロ/本棚/飾り棚ディスプレイ…などのインテリア実例 -akoehonの部屋-」)

■一輪ごと別のびんに挿せば、それぞれが個性的に
一輪挿し

さまざまなびんを使ってランダムに(出典:RoomClip「アジサイ/植物が好き/暮らしを楽しむ/花のある暮らし/庭の花/珪藻土の壁…などのインテリア実例 -naho81078の部屋-」

■シンプルな和テイストで美しさを強調
一輪挿し

おぼんを使って和風の飾り方にするのもおしゃれ(出典:RoomClip「ディスプレイ/生け花/花のある暮らし/畳/和モダン/和風…などのインテリア実例 -tajiの部屋-」)

■一輪挿しを3つ並べてリズムを
一輪挿し

ニッチに並んだ一輪挿し。3つ並べるとリズムが生まれます(出典:RoomClip「花瓶/一輪挿し/ひめじアーティストフェスタ/ニッチ/ニッチ棚/壁/天井…などのインテリア実例 -tomo3の部屋-」)

■同じ一輪挿しでまとまり感を出して
一輪挿し

100均の花瓶でもおしゃれに(出典:RoomClip「花のある生活/グリーンのある生活/一輪挿し/フラワーベース/雑貨/セリア…などのインテリア実例 -yuki.の部屋-)

■忙しい人はドライフラワーでお手入れ簡単
一輪挿し

ドライフラワーでも華やかに(出典:RoomClip「壁/天井/一輪挿し/長野県/賃貸/賃貸でも楽しく♪/いつもいいねやコメありがとうございます?…などのインテリア実例 -hiyoの部屋-」)

■ユーカリだけを挿してアンティーク感を
一輪挿し

ユーカリの葉のレトロな雰囲気がステキ(出典:RoomClip「益子焼/一輪挿し/花瓶/ユーカリ ドライ/ドライフラワー/シンプル…などのインテリア実例 -koromo.の部屋-」)

どんな小さな花や緑でも、一輪挿しにすると愛おしく思えてきます。RoomClipの実例でもわかるように、飾り方には決まりがないので、自分が思ったように飾ればいいのです。

捨てる前に……枯れそうな花びらは、水に浮かべて

一輪挿し

使っていない食器などでも代用できます

花びらが枯れて一輪挿しに飾るのが難しいときは、まだキレイな花びらだけを残して水に浮かべてみましょう。使っていない食器も立派な花瓶に早変わり。美しさに期限がある花だからこそ、大切に飾りたいですね。

一輪挿しで、毎日に少しのお花を

花一輪であれば、100~200円程度で買えるものも少なくありません。例えば「お花代は1カ月1000円まで」と金額を決めたり、「1週間に1度、1種類を購入して楽しむ」という決まりを自分で作ると、無理なく季節の花を楽しむことができると思います。おしゃれな人の実例を参考にしながら、一輪挿しを上手に使って花のある生活を楽しみましょう。

【関連記事】
切り花を買ったら、まず水あげを!
切り花を長持ちさせる方法、どれが一番効果的?
ポイントは小さなフラワーベース 花を飾ると部屋は片付く!?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。