2018年はフーコック島で決まり!観光情報を一挙解説

phu quoc beach

美しいフーコック島の海

ベトナムの最西端に位置する離れ小島のフーコック島は、ベトナム最大の離島、そしてカンボジアの国境に接する場所として、一昔前まではベトナム人の穴場のリゾート地として人気がありました。そして、ここ数年で観光開発が急速に進み、いまでは外国人旅行者も訪れるリゾートアイランドに成長しました。

とはいえ、まだまだ日本人にとってはまだまだ未開の部分も多く、現地情報の収集に手間取っている方もいることでしょう。そこで、今回はフーコック島のアクセスから治安状況、人気の観光スポット、そして過ごし方まで一挙解説したいと思います。

ホーチミンから国内線で約1時間

airplane

国内線を乗りこなせば旅の幅が広がる

日本からフーコック島までは直行便が出ていないので、国内線に乗り換える必要があります。ハノイからは週1便しか出ていないので、おすすめは南部ホーチミン。毎日7便ベトナム航空、ベトジェットエア、ジェットスター航空が就航していて、所要時間は1時間弱となります。

ホーチミンはベトナムで最大の観光エリアでもあるので、滞在日数に余裕がある方は、1日でもいいからホーチミンも観光しておきたいところ。ホーチミンのタンソンニャット空港は国際ターミナルと国内ターミナルが隣接していますし、市内中心部までもタクシーで20分と近いため、ホーチミンとフーコック島の2都市周遊は、ビギナー旅行者でも気軽にできるはずです。

フーコック島の治安

phu quoc1

離島ならではの楽しみ方を覚えよう

フーコック島の治安は一言で言えば良好。リゾートアイランドというと、多国籍の旅行者が多数訪れ、夜は大人の繁華街が目を覚ます、といったイメージがありますが、フーコック島はまだそこまで発展していないため、夜も含めて町は市街地であっても努めて穏やか。小さな子供連れのファミリー層にも人気の理由ともなっています。

ただし、ナイトマーケットや市場、海水浴場といった人込みの場所ではスリに気をつけなければならないのはアジア共通。貴重品は肌身離さず持っているだけではなく、財布を入れたポーチを服の下に隠すなど、工夫も覚えておくといいでしょう。

フーコック島でおすすめの過ごし方を紹介!

フーコック島に来たら、どんな滞在を実現することができるのでしょうか。海外旅行の定番ルートから、ベトナムの離島ならではの楽しみ方を含めて、フーコック島旅行でおすすめの過ごし方をご紹介します。

1.自然派観光スポット巡り

spot1

コショウ畑を見たことがある人は少ないのでは

まずは海外旅行の王道とも言える、観光スポット巡り。ガイドブックに紹介されているような旅行者御用達のスポットを1日かけて回りましょう。フーコック島の観光スポットは自然をテーマにした場所が多く、「コショウ畑」、「ヌクマム工場」、「真珠の養殖工場」などがあります。いずれも買い物しなければ移動費だけですみますし、またコショウや真珠はフーコック島の特産なのでお土産にも最適です。

博物館では島南東部にココナッツプリズンがあります。フーコック島はフランス領インドシナ時代は流刑地でもありました。ベトナム戦争時には数多くの捕虜が、この収容所に収監されました。博物館の敷地内には複数の掘っ立て小屋があり、中に入ると拷問の様子などを模型を使って説明しています。

観光スポットを1日かけて巡るのであれば、まずはユーンドン市内のヌクマム工場、少し北上したところに点在しているコショウ畑を巡り、再びユーンドン市に戻ってランチを終え、午後は南下して真珠の養殖工場とココナッツプリズンの見学をするといいでしょう。ココナッツプリズンの傍にはケムビーチとサオビーチがあり、ここで営業する海鮮食堂で海を眺めての食事もおすすめです。

2.子供連れは是非!テーマパークで1日満喫!

safari

自然や動物と触れ合える

フーコック島には「ヴィンパール・サファリ」と「ヴィンパール・ランド」の2つの巨大テーマパークがあります。いずれもベトナム企業の「ビン・グループ」が運営していて、両テーマパークは隣接して営業。半日ずつ楽しんで1日満喫することも可能です。

ヴィンパール・サファリは2015年12月に開園したベトナムで初のサファリパーク。動植物園も園内にあるので、サファリを楽しんだあとは、引き続き動物園を楽しむことができます。サファリゾーンでは、サファリバスに乗って半野生の動物たちを見学できるほか、キリンのエサやり体験も楽しみ。

ヴィンパール・ランドは巨大遊園地で、ジェットコースターや大観覧車など、定番アトラクションはすべて押さえています。大人も子供と一緒に楽しめる屋内ゲームセンターや、晴れた日は半日程度楽しみたい屋外プールも人気。大人だけで来たのであれば、モールでお土産ショッピングに時間を費やすのもいいでしょう。

<DATA>
Vinpearl Safari(ヴィンパール・サファリ)
住所:Khu Bai Dai, Xa Ganh Dau, Huyen Phu Quoc
営業時間:9:00~16:00

Vinpearl Land(ヴィンパール・ランド)
住所:Khu Bai Dai, Xa Ganh Dau, Huyen Phu Quoc
営業時間:9:00~16:00

3.ツアーに参加

tours

漁船クルーズ

現地の過ごし方に今いち満足度が足りないのであれば、ツアーに参加してみるのは有効な手段です。自力では不可能な楽しみ方がほとんどなので、カップル、ファミリー、友人同士とどんな旅行者でも楽しむことができます。具体的に人気のツアーは「ジープで回る島内一周」、「ヌクマム工場や真珠の養殖工場を巡る市内観光」、「夜のみ催行のイカ釣り」など。

また、シュノーケリングやダイビング、パラセーリングといったマリンスポーツ目当ての方も、ツアーに参加することで、スポットまで簡単に行くことができます。特にダイビングは1人で自由に泳ぐには資格が必要なので、ライセンスがない方はツアーに参加するのが必須。ツアーではインストラクターと一緒に泳ぐことができます。申し込みは旅行者会社の他、現地ツアーデスクやホテルから参加することができます。

4.南国ビーチで海水浴

phu quoc beach2

ジェットスキーも楽しめる

タイランド湾に浮かぶフーコック島は、ほぼ全域で泳ぐことができます。リゾートアイランドの一番の魅力でもあります。ただし、まだ発展途上のフーコック島では、一般的に旅行者が海水浴を楽しめる場所はほぼ決まっています。

ロングビーチ……ユーンドン市南西部に広がる海水浴場。近年はリゾートホテルが並ぶようになり、注目されている最大規模のビーチエリアです。

オンランビーチ……ユーンドン市北西部にあるひっそりとしたビーチエリア。周辺は外国人旅行者向けのホテル施設が幾棟も建ち、オンランビーチを利用できるのは宿泊者のみとなっています。「南国の離島でプライベートビーチを」と考えている方は、オンランビーチ周辺のホテルを探すといいでしょう。

サオビーチ……ココナッツプリズン傍にある旅行者向けのビーチ。砂浜傍にはシーフードレストランも営業中。また、ジェットスキーやバナナボートなども楽しむことができます。

ケムビーチ……サオビーチの近くにあるビーチ。こちらは主に現地人やベトナム人観光客向けの穴場的エリア。砂浜に行商が出没するなど、ベトナムのローカルビーチらしい雰囲気を楽しめます。

5.南国リゾートホテルライフを楽しむ

hotel

オーシャンビューの客室を予約したい

せっかくの南国リゾートアイランド。5つ星のリゾートホテルに宿泊して、日常とは離れた贅沢なホテルライフを体験してみてはいかがですか。近年はロングビーチ沿いや島北西部にリゾートホテルが建て続けにオープンしています。「ノボテル」、「フュージョンリゾート」、「ヴィンパール」といった5つ星ホテルは国内外から高評価を得ているので、日本人旅行者もきっと満足できる滞在をおくることができるでしょう。

5つ星ホテルで注目したいのは、なんといってもファシリティサービス。広いホテルの敷地内には複数のレストランやカフェが営業し、夜にはバーもオープン。屋外プールは海を見渡せるインフィニティのデザインとなっていて、プールバーでデッキチェアに寝そべりカクテルを飲みながら過ごすのも大変優雅。多くのホテルはビラ棟も有していて、ハネムーナーはこちらがおすすめ。プライベートな空間を保証してくれます。

フーコック島の夜の過ごし方

nightmarket

ナイトマーケット

フーコック島中央にあるユーンドン市は観光の中心となりますが、それでも繁華街と呼べるほどの規模ではありません。海沿いのバクダン通りでは毎夜ナイトマーケットが開催されるので、ここでシーフードを食べることも可能です。ただし、値段は時価となり、また重量で決めるので、しっかりと量りのメモリを確認して、自分で値段を計算してください。また、食堂以外にも多数の雑貨屋台も並びますので、お土産の調達もここでするといいでしょう。
ishiyamaden

毎日多くの現地人や観光客で入り乱れる

また、日暮れ時になると、石山殿周辺に多くの人々が集まります。フーコック島はベトナムで最も美しいサンセットが見られる場所としても知られていて、現地人をはじめ、大勢の観光客が沈む夕日を見るため、毎日ここでにぎわいます。ただ、他にもオンランビーチやロングビーチなどサンセットスポットはあるので、海側のリゾートホテルに宿泊すれば、ホテル内のビーチやレストラン、客室から望むこともきっとできるはずです。

フーコック島では海水浴だけではなく、自然を讃えた観光スポットや、島内散策などを楽しむことができます。ベトナムの楽園と称されるフーコック島で、南国バカンスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。