若見えアイメイクは「さじ加減」の見極めが大切!

アイメイクで顔の印象を若々しく!

アイメイクで顔の印象を若々しく!

メイクの中でも、特にアイメイクに力を入れている方は多いのではないでしょうか。「目を大きく見せる」という目的を叶えるためにマスカラの重ねづけや、囲みラインなどをされてきた方は、「若見せ」という視点でアイメイクの方法を見直すことも大切です。

色の濃いブラウンやゴールドのアイシャドウは、年齢が出てきたまぶたを疲れた印象にさせることも……。それでは、若見せを叶えるアイメイクをレクチャーします!

アイシャドウで光を集め、若々しい目元に

オレンジ系の色のアイカラーでまぶたが若々しくなる

オレンジ系の色のアイカラーでまぶたが若々しくなる

アイシャドウには、ピンクより甘くなく、ブラウンよりも明るいオレンジ系を選ぶことで、まぶたの印象が若々しくなります。また、「とにかく長く」とまつ毛メイクに力を入れてきた方は、自然に目が大きくなるメイクにシフトしましょう。

■アイシャドウの塗り方マップ
下のアイシャドウパレットと合わせてご覧ください

下のアイシャドウパレットと合わせてご覧ください

まぶたから涙袋までパレットタイプなら使える

まぶたから涙袋までパレットタイプなら使える

1.アイホール全体に明るいベージュを塗る
肌なじみの良いベージュ(A)を、アイホール全体にチップで伸ばします。まぶたのくすみが明るくなります。
2.オレンジ系のアイシャドウを塗る
アイホールの半分くらいの幅にチップでオレンジのアイシャドウ(B)を塗り、必ず指でなじませます。こうすることで、アイシャドウが自然に密着し、崩れにくくなります。
3.涙袋にパールカラーを塗る
涙袋の目頭1/4の範囲にパール入りの明るいアイシャドウ(D)をのせます。目頭に光を集めることで、白目がきれいに見え、目がぱっちりする効果があります。ただし塗り過ぎには注意をしましょう。

続いて、アイラインとマスカラをレクチャーします!

自然な目力が宿るアイラインの引き方!

1.目頭からペンシルアイライナーで書く
一度にアイラインを引こうとせず、ゆっくり引くのがコツ

一度にアイラインを引こうとせず、ゆっくり引くのがコツ

ペンシルアイライナーで目頭から目尻までアイラインを引きます。目尻は2mmほど書き足し、上向きにはね上げましょう。このとき、目を開けたまま書くのがおすすめ。歳を重ねると下がりがちな目尻が、引き上がった印象になります。カラーはナチュラルな濃いブラウンを使用。

2.ブラウンのアイシャドウでアイラインをぼかす
チップの細いほうを使って目のキワに入れる

チップの細いほうを使って目のキワに入れる

アイシャドウの濃いブラウンをアイシャドウチップに取り、ラインをぼかしましょう。入れる位置はアイシャドウの塗り方マップCを参照。自然なグラデーションで目が大きく見えますよ。

3.下まつ毛は目尻側の2/3程度ラインを引く
下まつ毛のキワを自然に強調する

下まつ毛のキワを自然に強調する

下まつ毛のキワもペンシルアイライナーで目尻側2/3程度を目安にラインを引きます。こうすることで、粘膜にラインを引くよりも自然に目のフレームを自然に強調!

4.まつ毛の隙間をリキッドアイライナーで埋める
ペン先で目を傷つけないように注意

スタンプのようにまつ毛とまつ毛の間をポンポンと隙間を埋める

上まつげの隙間をリキッドアイライナーを使って埋めていきす。ラインを引くというよりも、点で隙間をトントンと埋めていくのがコツですよ。カラーはブラックを使います。

顔をリフトアップさせるマスカラの塗り方

1.マスカラを顔の中心に向かって塗る
目頭側のまつ毛は顔の中心を向くように塗る

目頭側のまつ毛は顔の中心を向くように塗る

マスカラを塗る目的は、まつ毛を放射状に広げ、目を丸く大きく見せるため。年齢とともに垂れ下がりがちな目元は、目頭を強調することで、視覚効果でキリっと若々しく見えます。

ビューラーでまつ毛を立ち上げた後、マスカラを根元から塗って放射状に広げたら、目頭だけ重ね塗りを。ハリがなくなったまつ毛には、カールタイプがおすすめです。

2.マスカラを縦にして下まつ毛を塗る
下まつ毛は、マスカラブラシを縦にすると、キレイに塗ることができる。
まつ毛1本ずつ塗るようなイメージ

まつ毛1本ずつ塗るようなイメージ

若見えを叶える!くすみを飛ばすアイメイク


左が老けて見えるメイク、右が若見せメイク

左が老けて見えるメイク、右が若見せメイク

写真左の意外とやりがちな老け見えメイクと、右の若見せメイクの差は一目瞭然!

老け見えメイクのアイメイクのポイントはこの通り。
・ブラウン系のアイシャドウだけで仕上げてしまう
・アイラインをひかずにアイシャドウだけ
・目の周りのクマをカバーしていない

こうすると、目がたるんで見えるだけでなく、目の錯覚でフェイスラインもたるんで見えてしまいます。

パーツごとに若見せメイクのポイントをおさえるだけで、もっと若々しく素敵なメイクができるようになりますよ。

今回の使用コスメ

今回使用したコスメ

今回使用したコスメ

■アイシャドウ
ジルスチュアート リボンクチュール アイズ 02 5,400円(税抜)/ジルスチュアート
■アイライナー
THREE シャドウライニングパフォーマンス02 2,800円(税抜)/THREE
■アイライナー
D-UP シルキーリキッドアイライナーWP BK 1,300円(税抜)/ディーアップ
■マスカラ
D-UP カールキーパー マスカラ ブラック1,500円(税抜)/ディーアップ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。