しっかりとバンクさせてコーナリングを駆け抜ける歓びこそロードスターの醍醐味だが、やりすぎない、攻めすぎない「寸止めの美学」がそこかしこに秘められている

ほかのギャラリーを見る