「2019年問題」。これはすでに太陽光発電システムを搭載した家にお住まいの方、あるいはこれから太陽光発電システムを搭載した家の新築を検討されている方にとって、避けることのできない問題です。何故この問題が起きているのかを知り、その対策も考えてみましょう。

2019年に太陽光発電は「転換期」を迎える

太陽光エネルギー

再生可能エネルギーの普及は、一般企業が使用する電気代に上乗せされている「賦課金」で進められている

「2019年問題」は、国が2009年11月に始めた、家庭の太陽光パネルでつくった余剰電力を10年間にわたって一定価格で買い取る制度が大きく関連しています。

東日本大震災後の2012年7月には、FIT「固定価格買取制度(Feed-In Tariff )」に拡張されました。FITは、国が太陽光発電システムを搭載する一般家庭や企業を「発電事業者」とみなして、発電した電力を10年間にわたって一定の金額で買い取ることを義務付けたもの。買い取り費用の原資は、一般家庭や企業が使用する電気代に上乗せされている「賦課金」です。

国は賦課金の国民負担を減らして補助金を縮小し、太陽光をはじめとする再生可能エネルギーを主力電源へと自立させるために年度ごとに電力の買取価格を見直してきました。その結果、FITが始まった当初は1kWh当たり48円だったのに対し、2018年度には26円にまで減額。そして2019年には24円になることがすでに経済産業省から公表されています(※)。
※買取価格は電力会社によって異なります。

「2019年問題」は、2009年に始まった電力買取制度の固定買取期間10年間を満了する世帯が大量に出始める、という問題なのです。また、経済産業省は「今年度中に2020年度の買取価格を決定しない」とも公表しており、FITが今後どうなるのか、先行きは不透明となっています。

2009年にFITが始まった時点で「10年」という期間はあらかじめ決められていましたので、2019年の買い取り期間終了は分かっていたことではありました。しかし、もしFITが廃止されれば、これまで買ってもらえていた電力を格安で電力会社に渡すことになるかもしれません。あるいは電力自由化によって増えた新電力会社などが買ってくれる可能性もありますが、その価格は下落が予想されます。太陽光発電協会(JPEA)の試算では、11円/kWhにまで下がる(2015年度の買取価格をベースに試算)と想定されているのです。

どうなる?現在、FITを利用中の方と検討中の方のメリット

というわけで、現在、太陽光発電システム搭載の家にお住まいでFITを利用中の方、あるいは、これから太陽光発電システムを搭載した家の新築を検討されている方にとって「2019年問題」は注視すべき事柄であることがお分かりいただけたと思います。今後、太陽光発電システムは有望ではないのでしょうか。

結論から申し上げると、やはりこれからも「太陽光発電システム」にはメリットがあるといえます。すでに太陽光発電システムを搭載している家にお住まいの方と、現在、太陽光発電システム搭載住宅の新築に関心のある方、2つのパターンに分けて見てみましょう。

●FITを利用中(すでに太陽光発電システムを搭載している家にお住まいの方)
売電を始めた年度、地域によって買取価格は異なりますが、ともあれ売電を開始してから10年間は定期的に収入が入り、光熱費メリットの恩恵に預かることができます。

ただし、固定価格買い取り期間終了後はその恩恵もなくなるため、対策を講じる必要があります。

●FITを検討中(太陽光発電システム搭載住宅の新築に関心のある方)
仮に2018年度中に太陽光発電システム(4kWソーラー搭載)を載せた家を新築したケースで見てみましょう(下図)。ガス併用住宅と比較すると、年間で約19.3万円も光熱費がお得になる計算です。そしてFITは前述どおり、買い取り期間が10年間に設定されていますので、2028年度まではこのメリットの恩恵に預かることができます。

ただし、固定価格買い取り期間終了後はその恩恵がなくなるため、対策が必要なのはすでに太陽光発電システムを搭載している家にお住まいの方と同じです。
太陽光(4kW)の光熱費メリット

ガス併用、オール電化、ソーラー4kWでの年間光熱費の比較


<試算条件>
●太陽光買取価格(2018年度)【10kW以上】1~20年目:18円(+税)/kWh 【10kW未満】1~10年目:26円/kWh 11年目~20年目:11円/kWh(予想値[経済産業省・調達価格等算定委員会資料より]) ●燃料調整費【2018年4月時点】・再生可能エネルギー発電促進賦課金【2018年5月時点】を含む ●発電量は年0.5%の劣化を考慮
・オール電化住宅:●電力契約中部電力「スマートライフプラン(夜トク)」2018年4月時点 ●給湯:エコキュート ●調理:IH ●快適エアリーで全室空調 ●延床面積121.76平方メートル
・ガス併用住宅:●電力契約中部電力「従量電灯B」2018年4月時点 ●給湯:エコジョーズ ●調理:ガス ●快適エアリーで全室空調 ●延床面積121.76平方メートル ●契約ガス会社:東邦ガス
※実際のお客様のプランやライフスタイル及び、今後の電気代上昇や気候変動等により、光熱費は変化します。


次ページでは、すでに太陽光発電システムを搭載している家にお住まいの方/太陽光発電システムを搭載する家の新築を検討している方、それぞれの「FIT終了後に備えた対策」を提案します。