スマホでブラウザからTwitterを使う

スマートフォンでTwitterを使う方法は3つあります。アプリを入れて使う方法と、ブラウザでモバイル版を使う方法、そしてブラウザでPC版を使う方法です。ブラウザとは、SafariやGoogle Chromeなど、ウェブサイトを見るためのアプリです。今回はスマホでモバイル版・PC版のTwitterを使う方法を解説します。

モバイル版Twitterの使い方

ブラウザのURL欄にhttps://twitter.comを入力すればモバイル版を利用できます(リンクをタップしてもよいです)。検索サイトで「twitter」で検索してトップ表示されるものからアクセスしても構いません。
(左)https://twitter.comと入力。(右)モバイル版Twitterの画面。デザインはandroid版アプリと同じで、タブが上部に並んでいる

(左)https://twitter.comと入力。(右)モバイル版Twitterの画面。デザインはandroid版アプリと同じで、タブが上部に並んでいる


デザインはアプリとほぼ同じで、タイムラインを見る、ツイートする、リプライやリツイートされたものを見る、ダイレクトメッセージ(DM)を送受信するなど、できることも共通しています。ただし、一部でモバイル版でのみできること、できないことがあります。

スマホでバソコン版Twitterを使う方法

スマホでアプリでもモバイル版でもなく、パソコンと同じ画面のTwitterを使うこともできます。そのためには、モバイル版を表示した状態でパソコン版サイトを開く操作をします。
iPhoneのSafariの場合:(左)共有ボタンをタップ。(右)[デスクトップ用サイトを表示]をタップ

iPhoneのSafariの場合:(左)共有ボタンをタップ。(右)[デスクトップ用サイトを表示]をタップ

Android端末のGoogle Chromeの場合:(右)メニューボタンをタップ。(右)[PC版サイト]をタップ

Android端末のGoogle Chromeの場合:(右)メニューボタンをタップ。(右)[PC版サイト]をタップ

スマホを横にした状態のパソコン版画面。設定などは右上の自分のアイコンをタップして行う

スマホを横にした状態のパソコン版画面。設定などは右上の自分のアイコンをタップして行う


以前はパソコン版とモバイル版とでできることに差があり、例えばアカウントの削除はパソコン版では可能、モバイル版では不可能など、モバイル版でできないことが多くありました。

ところが最近では、操作方法の差はあれども、できることの差はほとんどなくなりました。つまり、モバイル版でできることはパソコン版でもでき、パソコン版でしかできないことはほとんどありません。そのため、今ではスマホでパソコン版を使う必要性はほとんどないと考えてよいでしょう。

モバイル版・PC版Twitterでのみできること

メールで通知を受ける
自分宛にダイレクトメッセージがあったときなどにメールアドレス宛に通知させることができます。アプリを入れていなくても、「DMが来たことをメールで通知を受けて、モバイル版からDMを返す」ということができます。同じことはSMSで受け取ることもできます。
(左)左上の自分のアイコンをタップ。(右)[設定とプライバシー]をタップ

(左)左上の自分のアイコンをタップ。(右)[設定とプライバシー]をタップ

(左)[通知]をタップ。(右)[メール通知]をタップ

(左)[通知]をタップ。(右)[メール通知]をタップ

[メール通知]をオンにして、受け取りたい通知にチェックを入れる

[メール通知]をオンにして、受け取りたい通知にチェックを入れる


アカウントを削除する
アカウントを削除して過去のツイートやDMなどをすべて消すことができます。
(左)[設定とプライバシー]で[アカウント]をタップ。(右)[アカウント削除]をタップ。その後の画面でパスワードを入力するとアカウントを削除できる

(左)[設定とプライバシー]で[アカウント]をタップ。(右)[アカウント削除]をタップ。その後の画面でパスワードを入力するとアカウントを削除できる


モバイル版・PC版Twitterでできないこと

ツイートの下書き
文章を書いた後で「後から投稿しよう」としてもモバイル版では保存できません。アプリなら下書きとして文章を保存できます。
モバイル版の場合。(左)文章を書いてから左上の矢印をタップする。(右)文章を破棄するか、この操作をキャンセルかを選ぶ。一時的に保存することはできない

モバイル版の場合。(左)文章を書いてから左上の矢印をタップする。(右)文章を破棄するか、この操作をキャンセルかを選ぶ。一時的に保存することはできない

アプリの場合。(左)文章を書いてから左上のバツをタップ。(右)[下書きを保存]をタップすると文章を保存できる

アプリの場合。(左)文章を書いてから左上のバツをタップ。(右)[下書きを保存]をタップすると文章を保存できる

アプリの場合の続き。(左)[下書き]をタップ。(右)文章をタップすると、文章を復元して続きを書くことができる

アプリの場合の続き。(左)[下書き]をタップ。(右)文章をタップすると、文章を復元して続きを書くことができる


アカウントを簡単に切り替え
モバイル版では別のアカウントに切り替えるとき、一度ログアウトしてからログインする必要があります。アプリでは一度アカウントを登録しておけば、タップ2回でアカウントを切り替えることができます。
(左)左上の自分のアイコンをタップ。(右)アイコンをタップすると、そのアカウントに切り替えることができる

(左)左上の自分のアイコンをタップ。(右)アイコンをタップすると、そのアカウントに切り替えることができる


他にもアプリでは映像付きでライブ配信したり、ツイートするときにどの建物(お店)にいるかという位置情報を付け加えたりできます。


Twitterをよく使うならアプリ、滅多に使わないならモバイル版

比べると、アプリのほうが機能豊富で実用的です。一方で、外ではTwitterをほとんど使わないのにスマートフォンに余分なアプリを入れるのは性に合わない、というユーザーにはモバイル版がおすすめです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。