アイドリング時には充電電流を調整することでエンジンを低回転(520回転)に保つことで高率性と静粛性を向上させた。また、エンジンが2秒以上停止しないと予測した場合にはアイドリングストップを行わない機能が備わる

ほかのギャラリーを見る