日本の電気製品、ハワイで使える?

ハワイのプラグは三つ穴。電圧も日本と異なります

ハワイのプラグは三つ穴。電圧も日本と異なります

ハワイ旅に欠かせないスマートフォンやデジタルカメラの充電器、そして、身支度に必要なドライヤー、電動ひげそりなどの電気製品。スーツケースに詰め込む前に、知っておきたいハワイの電圧・プラグ事情をご紹介します。

ハワイの電圧

日本の電圧は100V、周波数50~60Hz。ハワイの電圧は110~120V、60Hzと若干異なりますが、電気製品の中には、240Vまで対応しているユニバーサル仕様のものがあり、その場合は、変圧器なしで使用できます。対応電圧は、製品や取扱説明書に記載されているので、確認してから使用しましょう。

スマホ、デジカメ、ノートパソコン、電動ひげ剃りは海外対応

「INPUT 100-240V」とあれば、そのままハワイで使用できる

「INPUT 100-240V」とあれば、そのままハワイで使用できる

スマートフォンやデジタルカメラ、ノートパソコンなど精密機器の充電器やACアダプターは、240Vまで対応しているものが多く、そのまま使用可能です。また、電動ひげ剃りも海外対応のものがほとんど。こちらも充電器や取扱説明書に対応電圧が記載されているので確認を。

スイッチ、3DSなどのゲーム機は?

お子さんの旅のお供、ゲーム機についても気になりますね。任天堂のウェブサイトによると、日本国内仕様のニンテンドー スイッチ、ニンテンドー3DSシリーズのACアダプターは、100~240Vの電圧に対応。ソニーのプレイステーション ヴィータも同様に100~240Vに対応。ただし、どちらも海外での使用は保証の対象外とのことです。

要注意は、ドライヤーとヘアアイロン

日本国内専用100Vのドライヤー

日本国内専用100Vのドライヤー

100Vで使用する日本国内専用品は、変圧器なしで長時間使用すると故障や破損する場合があります。ドライヤーやヘアアイロンは、100V設定のものが多いのでご注意を。

とは言うものの、変圧器を通せばすべての製品が使える訳ではありません。海外旅行用のポータブル変圧器の対応電力は、200Wほど。消費電力が1000W前後のドライヤーは、高額で重量のあるハイパワー変圧器でなければ対応できません。また、ポータブル変圧器の説明書には、熱を発するヘアアイロンの使用は避けるよう書かれてます。

一般的に、ドライヤーのようなモーター仕様の製品は消費電力の3倍、ヘアアイロンのような電熱製品は消費電力の2倍に対応できる変圧器が必要だと言われています。

ガイド自身、海外対応していないカールドライヤーを、変圧器を通さず使用したことがあるのですが、日本で使用している時には聞いたことのない大きなドライヤー音が鳴り、異常な熱風が吹き出してきたことも。変圧器よりリーズナブルな海外対応のドライヤーやヘアアイロンもあるので、購入してしまうのが安心かもしれません。

ドライヤーは客室に備え付けられていることが多い

ドライヤーの有無を事前にチェック

ドライヤーの有無を事前にチェック

中級以上のホテルでは、客室のバスルームにドライヤーが置かれていることがほとんど。事前に宿泊するホテルウェブサイトの客室備品欄をチェックしてみてください。また、変圧器のレンタルを行うホテルもあるので、こちらもウェブサイトで確認を。(変圧器貸出ホテル:ハレクラニ、ザ・カハラ、ロイヤル・ハワイアン、モアナ・サーフライダー、エンバシー・スイーツ、アウトリガー・リーフなど ※数に限りがある)

ハワイのプラグはそのまま差し込んでOK

三つ穴だが、ハワイのプラグは日本と同じAタイプ

三つ穴だが、ハワイのプラグは日本と同じAタイプ

ハワイのプラグには穴が3つあるものの、日本と同じAタイプなので変換アダプタは必要ありません(かまぼこ型の穴はアース用)。海外対応の電気製品は、そのまま差し込んで使用できます。


Wi-Fiは借りる?借りない? ホノルルのWi-Fi事情も確認しておきましょう>>>ホノルルの無料Wi-Fiスポット・インターネット事情
SaveSave
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。