香港の地下鉄&鉄道「MTR」の乗り方

香港undefinedMTRundefined地下鉄undefined路線図

路線図(公式ページより

年々路線が拡張し、利便性が高まっている香港の地下鉄&鉄道「MTR」。2018年6月現在の路線数は11線となっています。市内の短距離移動はもちろん、空港や中国大陸へ行く長距離も押さえていて、どこへ行くにも便利。MTRの利用方法やそれぞれの路線についてご説明しましょう。

乗車券の買い方

MTRのチケットは駅の券売機で購入します。最近では主要駅の券売機はタッチパネル式になっていて、スマホを操作するように画面をタッチして行き先を選び購入します。タッチパネルと購入口は写真のように分かれています。
券売機

左のタッチパネルで行き先を選択、右のお札・コインの挿入口にお金を入れて

まずは左の液晶画面をタッチして、路線を選び、次に行き先の駅名を選択。
券売機

路線図を見ながら乗りたい線をチェック

料金が表示されるので、該当する金額を右の購入口に入れれば、切符が出てきます。
券売機

金額表示の際には、その駅までの時間も出てくるので便利


毎回チケットを購入するより「オクトパスカード」がおすすめ

オクトパスカード

香港滞在での必須アイテム「オクトパスカード」。帰国の際にカウンターに返却すればデポジットが戻ってきます


MTRのチケットは券売機でも購入できますが、旅行中のMTRの利用頻度を想定すると「八達通(オクトパスカード)」が圧倒的におすすめです。これは、日本でいうSuicaのような存在で、料金をチャージして使用するプリペイドカード。MTRはもちろん、バスやコンビニ、一部の飲食店でも利用可。チャージは駅構内ではもちろん、コンビニでもできます。
チャージ機

駅の券売機の近くにあるチャージ機。左にオクトパスカードを入れ、右のお札の挿入口からお札を入れます


空港では、「Airport Express Customer Service Centre」と書かれたカウンターで、市内なら駅構内のインフォメーションで購入可能です。また、不要になったら駅構内のインフォメーションにて払い戻しができ、カード内に残っている残高とデポジットが戻ってきます。

空港からの移動に便利!機場快綫(Airport Express)

券売機

空港にある券売機。九龍駅まではHK$105(約1470円)、香港駅まではHK$115(約1610円)。オクトパスカードならそれぞれHK$5ずつ安くなります。

全路線のうち、最初に利用するのはこれ。空港から市内に移動する上で、最も早くて便利な手段、機場快綫(Airport Express)。停車駅は3つのみで、ベッドタウン「青衣(チンイー)」、九龍半島の開発エリア「九龍(カオルーン)」、香港島の中心部「香港(ホンコン)」。旅行で訪れる場合は、たいてい九龍駅か香港駅を利用することになると思いますが、空港からそれぞれの駅までの所要時間は約22分、約24分となります。

最も利用頻度が高い「港島綫(西鐵綫)」「●灣綫」※「●」は草冠に「全」

駅構内

港島綫の駅構内。行き先が明確に書かれているので分かりやすい。ちなみに初乗りはHK$4.5(約63円)


港島綫(Island Line)は、香港島の北沿いを東西に走る青い線。観光エリアである「中環(セントラル)」「金鐘(アドミラルティ)」「湾仔(ワンチャイ)」「銅鑼湾(コーズウェイベイ)」を網羅しています。西鐵綫(West Rail Line)は、港島綫から西に延びた路線で「上環(ションワン)」から「堅尼地城(ケネディタウン)」までを繋いでいます。

MTR出口

シャムシュイポー駅の地下鉄の出口。赤地に白のロゴがMTRの駅の目印です

●灣綫(Tsuen Wan Line)は、香港島の中心地「中環(セントラル)」から九龍半島の郊外「●灣(チェンワン)」までを結ぶ赤い線。香港島と九龍半島を渡る最も早い手段でもあります。九龍半島の繁華街「尖沙咀(チムサーチョイ)」や「旺角(モンコッック)」「深水▲(シャムシュイポー 」といった下町エリアを通っています。
※「●」は草冠に「全」
※▲は土偏に「歩」

新しく登場した路線、南港島綫(South Island Line)

2016年の末に開通した線で、香港島の裏側に延びています。それまでバスやタクシーなどでしか行けなかったテーマパーク「海洋公園(オーシャン・パーク)」などにもアクセスしやすくなりました。

おすすめ記事:オーシャンパーク(香港海洋公園)の攻略ガイド

ディズニーや遠出で活躍「東涌綫」「迪士尼綫」「東鐵綫」「西鐵綫」「馬鞍山綫」

この4線のうち、旅で利用する可能性が高いのは、ディズニーランドや郊外最大のアウトレットへ行く際に乗る「東涌綫(Tung Chung Line)」や「迪士尼綫(Disneyland Resort Line)」。また、中国の深センに行くなら「東鐵綫(East Rail Line)」が一般的です。「馬鞍山綫(Ma On Shan Line)」は、香港最大規模の寺院「車公廟」に行く際、「西鐵綫(Island LineWest Rail Line)」は客家の集落が残る「元朗(ユンロン)」エリアに行く場合に活躍します。

おすすめ記事:香港ディズニーランド・リゾートの攻略法

住宅地を結ぶ市民の味方「觀塘綫」「將軍澳綫」

緑の線「觀塘綫(Kwun Tong Line)」と紫の線「將軍澳綫(Tseung Kwan O Line)」は、住宅地を結ぶ市民の足。しかし、觀塘綫の路線上には、繁華街「旺角」や有名なお寺「黄大仙(ウォンタイシン)」などがあるので、將軍澳綫に比べて利用する可能性は高いでしょう。

乗り換えや料金をチェック!知っておきたいMTR情報

とにかく頻繁に利用するMTRをより快適に使うには、事前にアプリを落としておくのが便利。日本で落とせなくても、MTRの駅構内はWi-Fiが通じているので大丈夫。

香港MTRのアプリ:iPhoneはこちらからダウンロード

また、ネット環境に優れている香港では、駅構内に無料で利用できるパソコンが用意されています。アプリを持っていなくても、駅のパソコンでMTR公式サイトから乗り継ぎ情報などをチェックできます。
賢く利用して、快適な旅を楽しんでくださいね!

※HK$1=約14円(2018年5月31日現在)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。