春のトップスはシャツが機能的

昼間は汗ばむ陽気でも夜は肌寒かったり……この時期は一日の気温差が大きく、着る服も悩みますよね。そんな時に使い勝手がいいのが、リネンや薄手のコットンなど通気性の高い長袖の春シャツ。リネンや薄手のコットンは見た目にも涼し気で季節感があり、着るだけでおしゃれ感があるのも嬉しいポイント。

そんな春シャツをユニクロやGUといったファストファッションブランドで買うか、憧れブランドまで手を伸ばすべきか迷ってしまいますよね。目的によって選び方もいろいろ。今回はそんな目的に合わせた春シャツの選び方をご紹介します。

色を楽しみたいなら多色買いできるユニクロリネンシャツ

ユニクロリネンシャツ

ガイドの手持ちユニクロリネンシャツ、今年はこの5色を取り入れたい

春夏になるとトレンドのピンクやイエロー、ミントグリーンなど明るい色が着たくなりますよね。でも着ることができるのは長くて5~8月の4カ月程度。9月には秋物が投入され、明るい色の季節は終わります。短い期間の活用を考えると、旬の色を安く取り入れるのがかしこいお買い物ではないでしょうか?

そこでオススメなのがユニクロのリネンシャツ。2,990円と手頃な価格(大型連休や週末には値引きされることも)ながら、毎年ブラック・ネイビー・ブルーなどの定番色に加え、ラベンダーやオレンジなどその年の流行のカラーが登場します。旬を取り入れられる今年のトレンド色を狙い買いです。
ユニクロリネンシャツ

イエローのユニクロリネンシャツ、メンズのSサイズを着用

ガイドが選んだ旬のカラーはイエロー。冬には、なかなか取り入れるのが難しい色なので、この季節に思い切り楽しみたいと考えています。着るだけで春夏らしい明るい印象になりますね。

ユニクロのリネンシャツは七分袖やノースリーブなどデザイン展開も幅広いですが、ガイドがオススメするのはやはりベーシックなレギュラーシャツタイプ。5月は季節の変わり目の体温調節として、夏場は日焼け防止として活用できるからです。

この価格でカラーもデザインも豊富というユニクロのリネンシャツは本当に万能ですが、欠点もあります。それは洗濯後に必ずアイロンが必要なほどシワがつくこと、生地にハリ感が無く襟がヨレやすいことです。着用前には糊付けスプレーを使ってアイロンがけして着用するのがオススメ。手間がかかるところがユニクロリネンシャツの弱みですね。

憧れの白シャツ、フランク & アイリーン

スペシャルシャツ

ガイドのスペシャルシャツ、フランク & アイリーンのコットンシャツ

カリフォルニア発のフランク & アイリーンは多くのセレブリティに愛されているシャツ専業ブランド。日本ではセレクトショップで取り扱われていることが多く、見かけたことがある方も多いのではないでしょうか? でも見て驚くのが3万という価格です。3万のシャツがどれほどの実力を持っているのか!気になり実際に購入してみました。
スペシャルシャツ

一枚で着てもキマるデザイン性の高さは納得

フランク & アイリーンはいくつかのデザインタイプがありますが、ガイドが着用しているのが最も有名な「アイリーン」というタイプのもの。レギュラーシャツの第三ボタンの位置が第一ボタンとなっており大きくデコルテが開いたデザインになっています。

これが女性が一番美しく見える、計算されたデザインだとか。確かに胸から首にかけてはスッキリと見え、真面目で保守的に見えがちなシャツもヌケ感たっぷりに色っぽく映ります。

透け感のある素材なので、着るだけでヌケ感あるシャツスタイルが完成。大人っぽくオシャレに見えるデザイン性の高さは、他のシャツに比べてもやはりクオリティが高いと感じます。

この着画(上画像)はアイロンをかけていない洗いざらしで着ていますが、致命的なシワなどもありません。アイロンの手間がかからないところにも質の高さを感じます。ホワイトの場合は黄ばみなども気になりますよね。3年愛用しているフランク & アイリーンですが今のところ気になる黄ばみは現れていませんが、対策としては固形石鹸で部分手洗いをすると解消できます。

フランク & アイリーンの弱みはただ一つ、価格……。10年着れば元がとれたと思える価格ですので、毎年必ず着ることができるホワイトやブルーなど定番カラーを購入するのがオススメです。

お気に入りの一枚はやっぱり足を使って探して

チェックリネンシャツ

チェックリネンシャツはブルーとレッドのコンビネーションでトラッドな印象もありながら女性らしさも感じます

ユニクロもフランク & アイリーンも春夏シャツと言えば思い浮かぶブランドですが、他にないお気に入りのデザインを見つけたいなら、ブランドに拘らず足を使って探すことです。

リネンやコットンは素材の手触りハリ感などで着心地・見栄えが変わってきます。ガイドはトラッドに着ることができる個性的なリネンシャツをずっと探しており、たどり着いたのがメンズシャツブランドのCRICKET (クリケット)で女性向けに作られた赤とブルーのチェックリネンシャツ。トラッドですがカラーリング女性らしくて気に入りました。購入価格は16,000円程度と許容範囲ギリギリの価格設定でした。
チェックリネンシャツ

ジャストサイズだからスッキリとした印象で細見えします。デニムに合わせても存在感があり一枚でコーディネートが決まるのもありがたい一枚です。

一枚で着ても存在感があり程よい身幅とシェイプされたシルエットで上品な印象を与えるデザインです。生地もハリ感があり、着画(上画像)は洗いざらしの状態ですが、型崩れもなくシワになりにくいタイプです。

ハリ感があるので襟を立てた時もヨレることはありません。ベーシックなデザインと丈夫な素材ですでに4年間着用、もちろんこの先も毎年着ることができる高コスパなシャツだと感じています。

やはりシャツ専門のブランドはデザイン・素材ともに質の高いアイテムを提供している可能性が高いです。長く愛用できるお気に入りの一枚を探すなら、シャツ専門ブランドで探すことをオススメします。


いかがだったでしょうか? 今年のシャツ選びは利用目的に合わせて選んでみるのもよいのではないでしょうか? 季節の変わり目に重宝するよいシャツの出会いがありますように。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。